林政ニュース第454号

林政ニュース第454号


在庫あり
発行日:2013年02月13日

「林政ニュース」バックナンバーの購入

定価:800円(税込864円)

お支払い方法・・・郵便振替後払い/銀行振り込み
御注文後2〜4日でお届けします(国内のみ)
※PDF版は翌営業日にお送りいたします。


購入についての詳細ページへ >>

「林政ニュース」定期購読もぜひどうぞ

『林政ニュース』ご購読 >>

主な内容

【表紙】
1月30・31 の両日、関東森林管理局の管内で、准フォレスター研修の修了者を対象にしたフォローアップ現地検討会が行われた。

【ニュース・フラッシュ】
◆新生国有林の局・署体制、新ポストが決定 近中局に次長、四国・九州に業務管理官
◆日本型フォレスターの初試験は12月上旬 昨年に続き准フォレスター集合研修実施
 ▽島原半島の取り組みが“手本”、経験と現場指導力を重視
◆「木材利用ポイント推進室」設置、システム設計を検討 
◆自民党に「林政小委員会」、委員長に吉野正芳氏
◆国内5番目の世界自然遺産候補地に「奄美・琉球」 
◆森林の仕事ガイダンス東京・大阪に1500人超が来場

【緑風対談】
一般会計化する国有林の予算をみる 借金切り離し、1617億円でやりくり
 ▽林野庁予算の過半を占め、人件費と事業費を支出
 ▽新協定制度により民・国一体の森林整備を推進
 ▽需給と材価の安定へ備蓄林、原木の長距離輸送も

【遠藤日雄のルポ&対論】
木育と木工品の普及へ、全国で情報を共有
 ▽単独企業の“限界”を克服し、需給のミスマッチを解消 
 ▽情報のすれ違いをなくし、タイムリーな製品開発へ
 ▽伐り捨て間伐材がユニークなお絵かきテーブルに変身
 ▽生協の“厳しい目”が成長の糧、産地からも発信

【ルポ】
フォレスターは現場で何をすべきか? 関東局が現地検討会
 ▽さまざまな複層林を学ぶ、マニュアルだけに頼らずに
 ▽土壌、気象条件、下層植生などをトータルに見る
 ▽広葉樹林も放置はダメ、地域の歴史で森林は変わる
 ▽“理想のフォレスター”を求め、「横のつながり」を強化

【地方のトピックニュース】
◆埼玉大学の総合研究棟を県産スギで改築 国立大学の校舎を木造化、HR工法採用
◆山梨県が地下水と水源保全で新条例、点と面で対策
◆京都北山に「ナイスの森」、磨き・絞り丸太の技術を残す
◆和歌山県バイオマス活用推進協が事業化調査を本格化
◆滋賀県産材利用拡大に向けた研修会やスパン表説明会
◆大北林業創生協議会が活動開始、2月16日にシンポ

【発表会から】
ゲノム情報・遺伝子操作で「育種時間」を短縮する
 ▽新世代種苗を開発する3か年プロジェクトが進行中
 ▽無花粉化遺伝子をスギの細胞に入れ、苗木に育てる

【りんせいダイアリー300秒】
◆山林会がシンポ「食文化で山村を元気に」
◆木材・合板博物館の来館者が5万人を突破
◆2月23日に気比の松原100年構想シンポ
◆2月21日に木材会館で地域材活用シンポ

【ゆるキャラが行く!1】
すぎぴょん(埼玉県杉戸町)

【広告】
日鐵住金建材株式会社
日本林業土木株式会社