林政ニュース第459号

林政ニュース第459号


在庫あり
発行日:2013年04月24日

「林政ニュース」バックナンバーの購入

定価:800円(税込864円)

お支払い方法・・・郵便振替後払い/銀行振り込み
御注文後2〜4日でお届けします(国内のみ)
※PDF版は翌営業日にお送りいたします。


購入についての詳細ページへ >>

「林政ニュース」定期購読もぜひどうぞ

『林政ニュース』ご購読 >>

主な内容

【表紙】
林野庁の新規採用者(総合職)向けの研修が「現場重視型」に一新された。4月16 日にはチェーンソーを分解して、構造や修理の方法などを学んだ。

【ニュース・フラッシュ】
◆新・吸収源対策、財源を「総合的」検討 3.5%達成へ民間資金活用も視野に
◆国交省と文科省が公共施設木造化の指針 木造校舎のJISを30年ぶりに改正へ
◆林野庁総合職の新規採用研修を「現場重視型」に刷新
◆岐阜県立森林文化アカデミーの新学長に涌井史郎氏
◆木材利用ポイントの交換商品と提供事業者を募集中

【緑風対談】
FIT認定の木質バイオ発電にようやく勢い 新設・売電計画が目白押し、新顔も目立つ
 ▽1月末での認定運転は会津、かわい、中国木材だが…
 ▽豊田通商の子会社と文具のナカバヤシが島根に進出
 ▽廃棄物処理のタケエイが津軽バイオマスエナジー設立
 ▽日本製紙、中越パルプも参入、製紙メーカーが本腰
 ▽次々と浮上する事業計画、既存施設からの転換も加速

【遠藤日雄のルポ&対論】
「顔の見える家」の未来を東京から考える・下
 ▽プレカット化で失われた「手間」、職人が育たない
 ▽「手間」のコスト増は総額の範囲内でカバーできる
 ▽住宅の長寿命化を進め、粋や気配の文化を伝える
 ▽手刻みの共同加工場を、中国が吉野・北山に注目

【地方のトピックニュース】
◆新・道有林基本計画は木材生産を重視 ゾーニングを見直し、「主伐」も復活
◆横浜市に道志村産間伐材の第1号アパート 4社協力会が補助金なしで「宣言」実現
 ▽募集後すぐに満室、木のアパートは女性に人気、2号物件も
◆注目の大型木造商業施設「サウスウッド」を報道陣に公開
 ▽団塊ジュニアファミリー層に“木の良さ”を伝える 

【獣皮の有効活用で地域再生!】 
MATAGIプロジェクトが始動
 ▽イノシシ、シカの皮が利用されない現状を変える!
 ▽東京では「なめす」だけ、地元での最終製品化を支援
 ▽「KIBINO」ブランドも誕生、課題は皮の安定調達
 ▽なめしの工程について説明、定期的に見学会を開催

【りんせいダイアリー300秒】
◆外国資本の森林買収減少、昨年8件・16ha
◆全森連がTPP交渉参加に抗議する決議
◆5月1日から樹木医研修受講者を募集
◆5月11・12日に日比谷公園で「感謝祭」
◆LN21が東京おもちゃ美術館で木育シンポ
◆総研九州支所が低コスト再造林の成果集

【新刊紹介】
『丸太価格の暴落はなぜ起こるのか』遠藤日雄著

【移転】
徳島県の森林林業研究所が移転

【広告】
木材表示推進協議会