林政ニュース第492号

林政ニュース第492号


在庫あり
発行日:2014年09月10日

「林政ニュース」バックナンバーの購入

定価:800円(税込864円)

お支払い方法・・・郵便振替後払い/銀行振り込み
御注文後2〜4日でお届けします(国内のみ)
※PDF版は翌営業日にお送りいたします。


購入についての詳細ページへ >>

「林政ニュース」定期購読もぜひどうぞ

『林政ニュース』ご購読 >>

主な内容

【表紙】
岩手県住田町の新しい役場庁舎が完成し、9月2日に落成式が行われた。「森林・林業日本一の町」を目指す同町の新しい“ 顔”となるモデル木造施設となっている。

【ニュース・フラッシュ】
◆来年度林野予算要求は16.9%増の3410億円 税制は温暖化対策を再度要望、山林所得も
◆農林水産大臣に西川公也氏、自民党農林族のキーパーソン
◆木造建築先導事業に5階建て2×4特養ホームなどを採択
◆木材ポイント発行申請の受付期間を来年5月まで延長
◆スピリット・オブ・フォレスターをアップストアで発売

【緑風対談】
ポイント解説・来年度林野関係予算要求
 ▽省の中で配慮され16.9%増、森林整備にウエイト
 ▽CLTは10万m3規模、50の木づかいグループを支援
 ▽学校の木造化で補助単価引き上げ、ロボット開発も

【論点を追う】
PEFCとの相互承認へ、国際化目指すSGECの課題
 ▽二極化が進む世界の認証制度、相互承認で中国が先行
 ▽8月にPEFCに加盟、負担増に関係者の足並みは?

【遠藤日雄のルポ&対論】
フル稼働中のグリーン発電大分が目指すもの
 ▽林業と地域振興のためには5,000kWh級が適正規模
 ▽半径50?圏内から未利用材を集荷、協議会は26社に
 ▽丸太の買取価格は関係者が納得できる7千円/生トンに
 ▽在庫は1万5千トンに積み増し、排熱は温室栽培で利用

【突撃レポート】
ミズナラで飛躍図る秩父のベンチャーウイスキー
 ▽発酵槽やブレンド用タンク、熟成樽に国産ミズナラを使用
 ▽木と土で秩父らしく熟成、ミズナラウッドリザーブを製造
 ▽発酵には“木の力”が不可欠、乳酸菌の働きに違いが出る
 ▽樽工場を新設し人材育成、“ウイスキーの地産地消”も

【地方のトピックニュース】
◆最新技術と地元材で住田町の新庁舎が完成 ラチス耐力壁やトラス梁、防災力が向上
 ▽大東建託が住田町にスギ341本分の植林費を寄付
◆「浜松モデル」で竹林再生し新産業創出 竹パウダーやデザインコンペなど予定
◆南那珂森組にエネルギー対策室、「バイオマスの森」検討
◆コンテナ苗増産へ、九州局が供給調整会議と技術向上検討会

【木造新時代】
2×4の三井ホームが千葉県産材で大型幼稚園を建設
 ▽エアコン不要、ペリメーターゾーンで最適環境をつくる
 ▽加速化基金の助成受け地元材活用、木質内装にもこだわり
 ▽「学校研究会」の第1号物件、非住宅の大型建築を強化

【りんせいダイアリー300秒】
◆間伐材利用コンクールへの参加者を募集中
◆9月20日から浅草で「木の魅力」イベント
◆10月9日に東京で第52回治山シンポジウム
◆10・11にシンポ「森林と食のルネサンス」
◆10月25日から第2回狩猟サミットin富士山

【広告】
国土防災技術株式会社