林政ニュース第498号

林政ニュース第498号


在庫あり
発行日:2014年12月03日

「林政ニュース」バックナンバーの購入

定価:800円(税込864円)

お支払い方法・・・郵便振替後払い/銀行振り込み
御注文後2〜4日でお届けします(国内のみ)
※PDF版は翌営業日にお送りいたします。


購入についての詳細ページへ >>

「林政ニュース」定期購読もぜひどうぞ

『林政ニュース』ご購読 >>

主な内容

【表紙】
栃木県の鹿沼市立粟野第1小学校に建設された屋内運動場(体育館)。地元材に溢れた広々とした空間になっている。

【ニュース・フラッシュ】
◆「木材利用促進条例」を全都道府県で制定へ 全木連・全森連がウッドファーストで協調
◆12・14衆院選の政権公約、林業関係は‘落差’が目立つ
◆サントリーが「天然水の森」倍増へ、地下水の挙動探る
◆山林会総裁の秋篠宮殿下が林業経営賞贈呈式にご臨席
◆今井林野庁長官と申元燮韓国山林庁長が第2回定期対話
◆石巻合板工業らに木づかい感謝状、未来を語るシンポも
◆森林総研が「森林と放射能」のポータルサイトを開設
◆‘和’の文化で竹産業再興、京都で第55回全国大会
 ▽来年のミラノ博覧会でPRへ、次回大会は鹿児島で開催

【緑風対談】
巨象・中国マーケットをどう攻める? 専門家を招聘しセミナーと意見交換
 ▽輸出額が9月末で昨年実績を上回る、上昇基調へ
 ▽‘日本の木と家’を位置づけた新「規範」を来年施行
 ▽中国もCLTなどに門戸開く、大型木造建築物が続々
 ▽中・高所得層の‘木造回帰’に応える差別化で勝負

【遠藤日雄のルポ&対論】
国産材で中国市場開拓・日本製紙八代営業所
 ▽チップの大手サプライヤー、売上額の9割が国産材
 ▽国内のチップ生産を安定させるためにも輸出が必要
 ▽円安ならばラジアータパインよりスギの方が安い
 ▽製材品での輸出を開始、地道なマーケティング続ける

【木造新時代】
財産区のスギを活用し地材地建・鹿沼市立粟野第1小学校
 ▽S造の廊下で1棟2000m2以下に分割し在来工法で建築
 ▽粟野財産区がスギ5千本を寄贈、木材協会の8工場で製材
 ▽「材工分離発注」を初実施、オール栃木でバックアップ

【地方のトピックニュース】
◆ミニストップの木造コンビニが100店に 山梨県産FSC材で価格安定、工期短縮
◆岐阜アカデミーとロッテンブルク大が覚書 教育・学術交流で協力、森林博でも連携
◆バークを燃やして乾燥の熱源に、日田にバイオ施設完成
◆京都市で「災害に強い森林」シンポ、200名が参加
◆多摩産スギ活用、旧館の面影伝える日の出町公民館が完成
◆福井署と福井県が合同で林業専用道路網検討会を開催

【りんせいダイアリー300秒】
◆住田町でサミット、「木のまち宣言」採択
◆きのこ原木に供給余力もコナラなどは不足
◆12月11日に都市での木づかいシンポジウム
◆トヨタ三重宮川山林で「山のクリスマス」
◆富山県が全国植樹祭の大会テーマを募集中

【訃報】
渡辺茂さん(高広木材(株)会長、元全国木材協同組合連合会会長)

【広告】
世界遺産の森と木フォトコンテスト