林政ニュース第507号

林政ニュース第507号


在庫あり
発行日:2015年04月22日

「林政ニュース」バックナンバーの購入

定価:800円(税込864円)

お支払い方法・・・郵便振替後払い/銀行振り込み
御注文後2〜4日でお届けします(国内のみ)
※PDF版は翌営業日にお送りいたします。


購入についての詳細ページへ >>

「林政ニュース」定期購読もぜひどうぞ

『林政ニュース』ご購読 >>

主な内容

【表紙】
国際競争を前提に最先端の床材加工ラインを導入した「ソヤノウッドパーク」の竣工式が4月10 日に行われた。

【ニュース・フラッシュ】
◆2030年目標睨み「吸収源」の財源検討急ぐ 環境省の森林・自然環境税と相乗りも
 ▽既存税制の仕組みを活用、使途に「間伐、広葉樹林化」
◆「事前防災」に施策の重点を、山地災害対策検討委が提言
◆世界遺産フォトコンの最優秀賞に「雨上がりの屋久島」
◆抱負を聞く 中西宏一・キーテック社長

【ルポ】
14 階建て新築マンションで国産材型枠用合板を13回転用!
 ▽「セイホクコート」とラワン合板を使い仕上がりなど比較
 ▽ハンドリングも問題なし、“乱暴な現場”などでも検証を

【緑風対談】
続・独断解説! 林野庁4月人事異動 森林管理局ナンバー2の顔ぶれ一新
 ▽北海道・中部・近畿中国局の次長に安定感のある人材
 ▽業務管理官も交代、塚田氏は温暖化のエキスパート
 ▽福利厚生室長の廣田氏が北海道局へ、後任は竹花氏

【遠藤日雄のルポ&対論】
世界進出への巨大拠点・中国木材日向工場(下)
 ▽300億円を投じ「木材を輸出できる時代」の拠点に
 ▽国産丸太100万m3へ、“売る力”は在庫力と物流力
 ▽「バイオ発電ありき」は本末転倒、排熱も有効利用する
 ▽乾燥材ストックを調整弁にして「あてになる国産材」へ

【突撃レポート】
世界で勝つ!「ソヤノウッドパーク」が稼働開始
 ▽毎分200mの超高速でスキャン、仕組み作業を全自動化
 ▽海外輸出を前提にした「世界で一番安くつくれる工場」
 ▽5万m3の原木では1日2〜3時間で終了、安定調達が課題

【地方のトピックニュース】
◆「秋田林業大学校」が開講、第1期生は18名 2年間のトップランナー研修がスタート
◆秋田市に東北最大の木質バイオ発電所、来年7月稼働
 ▽資金の受け皿にSPC、複数の発電所に出資するケースも
◆共用林野を活用しバイオ燃料供給、最上支署が初の契約
◆1万kWの真庭バイオマス発電所竣工、5月から本格稼働

【データ・ファイル】
都道府県林務部局の4月人事異動?

【りんせいダイアリー300秒】
◆「謎の鳥」を小笠原諸島の国有林で発見!
◆森林施業プランナーの認定者が1千人突破
◆「木造都市」化へのCLT生産額など試算
◆5月24・25日に大江町で山菜サミット開催

【広告】
木材表示推進協議会