林政ニュース第514号

林政ニュース第514号


在庫あり
発行日:2015年08月05日

「林政ニュース」バックナンバーの購入

定価:800円(税込864円)

お支払い方法・・・郵便振替後払い/銀行振り込み
御注文後2〜4日でお届けします(国内のみ)
※PDF版は翌営業日にお送りいたします。


購入についての詳細ページへ >>

「林政ニュース」定期購読もぜひどうぞ

『林政ニュース』ご購読 >>

主な内容

【表紙】
東京都台東区の東京都美術館で開催中の「キュッパのびじゅつかん」(7月18日〜10月4日)で、アーティストの日比野克彦氏が制作した巨大な収蔵棚が注目を集めている。国産ヒノキを使い、FSC 認証も取得している。

【ニュース・フラッシュ】
◆国の施設で「木造にできない」理由を初検証 調査対象の4割は可能、省庁への要請を強化 
◆草薙総合運動場体育館「このはなアリーナ」が大臣賞受賞
◆グリーン購入法の「合板型枠」、使用後は一般木材に区分
◆人事解説 四国局長に大山氏就任、浅川氏は霞が関に復帰
◆温暖化税の使途に吸収源を・地方林活議連全国連絡会議
◆アーティスト・日比野克彦氏の作品をまるごとFSC認証
◆住友林業筑波研究所に多目的大型炉を備えた検証棟を新設

【緑風対談】
苗木不足は解消できるか、最新状況をみる 民間活力も利用し、特定母樹の普及促進
 ▽造林面積の減少で生産量は下降線、約200万本不足
 ▽人工造林は基本的に特定母樹で、すでに134種を指定
 ▽民間企業も苗木増産に参入、成長産業に“化ける”か

【遠藤日雄のルポ&対論】
ロジスティクスの先駆者・日通と森林・木材
 ▽生産から消費に至る“モノの流れ”の最適化に取り組む
 ▽「サードパーティー・ロジスティクス」で物流改革に挑む
 ▽“横串”の視点が不可欠、ネットワーク化でコスト削減
 ▽「点」ではなく「面」で見る、キーワードはグローカル
 
【木造新時代】
LVL耐震壁接着工法で木の学舎に変身・武庫川女子大
 ▽アカマツのLVLを用いて、無機質な教室が温かい空間に
 ▽軽くてハンドリングがよく、短工期で性能・コストも合格点
 ▽底堅い非住宅の耐震改修ニーズ、内装の木質化も同時に達成

【地方のトピックニュース】
◆栃木県が新規植林スギの全量をコンテナ苗に 少花粉が主体、29年度には90万本を生産
◆鹿児島県も伐採搬出ガイドラインなど策定 「維森の会」と連携し主伐・再造林推進
◆鳥取県境港から韓国・東海市へ定期貨客船で原木を輸出
◆三井ホームが「京町屋」を再生、「みやこ杣木」を使用
◆猛暑対策に「空調服」を導入、下刈りが楽に─北都留森組

【セミナーから】
外壁の木質化へ、WOOD・ALCの可能性を示す
 ▽施工容易、高い意匠性、1時間準耐火認定の集成厚板パネル
 ▽建築基準法改正で木材の使用範囲が拡大、防耐火性能も十分

【りんせいダイアリー300秒】
◆松くい虫被害がピーク時の4分の1に減少
◆間伐・間伐材利用コンクールへの参加募集
◆欧州ツアー招待、CLTアイディアコンペ
◆ケニア森林公社のムゴ総裁らが来日し視察
◆新刊紹介 矢部三雄編著『近代化遺産 国有林鉄道全データ─中部編─』