林政ニュース第535号

林政ニュース第535号


在庫あり
発行日:2016年06月22日

「林政ニュース」バックナンバーの購入

定価:800円(税込864円)

お支払い方法・・・郵便振替後払い/銀行振り込み
御注文後2〜4日でお届けします(国内のみ)
※PDF版は翌営業日にお送りいたします。


購入についての詳細ページへ >>

「林政ニュース」定期購読もぜひどうぞ

『林政ニュース』ご購読 >>

主な内容

【表紙】
SGECとPEFCとの間で相互承認が成立し、6月7日に東京大学弥生講堂で開かれた「SGEC森林認証フォーラム」の中で、PEFC評議会のベン・ガニバーグCEOからSGECの佐々木恵彦会長に証書が手渡された。

【ニュース・フラッシュ】
◆「スマート林業」実現を成長戦略に明記 平成32年を目標にロードマップを作成
 ▽リグニン新製品の開発など盛り込む
◆SGECとPEFCの「相互承認」が成立 国際認証制度に移行、ロゴマーク併用へ
 ▽「脱ガラパゴス化」で海外市場開拓の“援軍”になり得るか
◆五輪関連施設では国産認証材を優先使用、調達基準を策定
 ▽選手村のビレッジプラザで木材利用、7月に基本設計を公募
◆公共建築物の木造率が初の10%超え、3階以下は23.2%
◆熊本県の阿蘇市・南阿蘇村の治山施設復旧を国が直轄代行

【緑風対談】
6・17人事解説、事務次官に奥原氏 注目は「動かなかった人」の今後
 ▽官邸主導で経営局長から抜擢、気がかりな定年とのからみ
 ▽牧元氏は内閣官房へ、林政部長の三浦氏は4年ぶりの林野
 ▽青山氏を新体制の要・秘書課長に起用、林政課長に水野氏
 ▽農林水産省人事異動(6月17日付け)

【中央団体総会シーズンの動き】
◆会員数が約300に拡大─CLT協会
◆4つの部会で検討を強化─木質バイオ協
◆SGEC認証機関の業務を終了─全林協
◆新たな耐火部材の開発を推進─LVL協

【民間出向者の本音座談会】
「企業力」で林業を成長産業化する・下
 ▽海外で売れるものは? 現地情報を集め製品輸出に反映する
 ▽A材とは何か再定義が必要、ブラックボックスは製材と流通
 ▽企業が「山買い」で狙う大きなスキーム、問われる山元還元
 ▽地方創生には広域連携が不可欠、人づくりや静脈流通も支援
 ▽技術提供を推進、イノベーションを起こすための先行投資を

【遠藤日雄のルポ&対論】
「三方よし」で15万m3の先へ、東信木材センター・下
 ▽トラックの空荷をなくし、コスト削減分で丸太を高く買う
 ▽直送も組み合わせニーズに対応、丸太選別機は夜間も稼働
 ▽A〜D材をすべて売る、カラマツ以外の樹種でも応用可能
 ▽年間30万m3で日本一の原木市場へ、世間=地域よしを実現

【地方のトピックニュース】
◆「第1回日独林業シンポジウム」を開催 ロッテンブルクに集う、来年は岐阜で
◆第2回山菜料理コンクールの最優秀賞は「ワンタンスープ」
◆旭川農業高校と下川町が3か年計画の人材育成プログラム

【市場を拓く】
LVLの需要拡大へ、日本と台湾が初の「直接対話」
 ▽台湾の市場規模は年間16万〜17万m3、製品輸入は約5万m3
 ▽合板とLVLの区分なし、定期的交流へ日台相互開催を検討
 ▽輸出先に合わせて湿度対策など必要、シンボリックな建物を
 ▽RC造の内装に「木」が流行、コスト高でも環境志向強まる

【りんせいダイアリー300秒】
◆「ウッドデザイン賞2016」の作品求む
◆「子どもサミット夏大会」への参加者募集
◆全国5か所で「王子の森・自然学校」開催
◆みどりの学術賞・緑化功労者の表彰式行う
◆「林業開発品種の最新情報」パンフを作成

【人事・消息】
木構造振興社長に山田寿夫氏
JABの理事長に飯塚悦功氏

【広告】
日本林業土木株式会社