【PDF】林政ニュース第540号

【PDF】林政ニュース第540号


在庫あり
発行日:2016年09月07日

「林政ニュース」バックナンバーの購入

定価:800円(税込864円)

お支払い方法・・・郵便振替後払い/銀行振り込み
御注文後2〜4日でお届けします(国内のみ)
※PDF版は翌営業日にお送りいたします。


購入についての詳細ページへ >>

「林政ニュース」定期購読もぜひどうぞ

『林政ニュース』ご購読 >>

主な内容

【表紙】
韓国で昨年7月に開業したシーマークホテル(SEAMARQ HOTEL、5つ星高級ホテル)のロビーに、日本のケヤキ(樹齢350 年)を用いた長さ16mに及ぶ無垢のテーブルが設置されている。東京・赤坂などでブランドショップ「TIME & STYLE」を展開している(株)プレステージジャパンが納入した。

【ニュース・フラッシュ】
◆今年度林野関係補正予算は1,022億円 来年度要求は17.2%増3,436億円
 ▽「次世代林業」2.5倍要求、税制改正要望に「森林環境税」
◆昨年のエネルギー利用チップ量は719万トン 全国業者を初調査、建廃由来が6割占める
◆CLT向けに「X(クロス)マーク表示金物」規格を制定
◆LVL活用のゆりかご幼稚園がキッズデザイン大臣賞受賞
◆CLT首長連合が二階自民党幹事長と丸川五輪相に政策提言

【緑風対談】
「28補正」と「29要求」の目玉をみる・上 増額の1,022億円は何に使われるのか
 ▽“小ぶり”の「27補正」から73%増、1,000億円台乗せ
 ▽林野一般公共事業は186%、治山は省トップの204%
 ▽合板・製材強化に330億円、基金方式はとらず早期執行
 ▽CLT量産で7〜8万円目指す、2時間耐火で中高層開拓
 ▽合法木材登録1万3千業者に、熊本地震の被災工場を復旧

【遠藤日雄のルポ&対論】
再造林を推進(上)当麻町森組の「預り金」制度 
 ▽激変期に直面し、組合職員自らが「長期ビジョン」作成
 ▽3,200haの人工林を50年伐期で回す、毎年64haを皆伐
 ▽伐採収入の約9%・20万円 /haを預かって再造林を支援
 ▽製材加工施設をリニューアルし、素材生産量の増加に対応
 ▽全国林業短期大学校連絡協議会が松江で意見交換など行う
 
【突撃レポート】
“TIME & STYLE”が切り拓く広葉樹利用の新地平
 ▽六本木ミッドタウンの洗練された“空間”が森林とつながる
 ▽ドイツで起業、「注文どおり」をコンパクトなSPAで実現
 ▽有名ホテル・旅館や隈研吾氏と“協働”、早生広葉樹も視野

【地方のトピックニュース】
◆ポラテックが九州に進出、唐津市に新工場 5つめの加工拠点が来年5月に操業開始
▽月間に構造材1万坪、羽柄材6千坪生産、国産材は1〜2割
◆鳥取県+日本財団で若手技術者育成、オーストリアに派遣
◆住友林業とJIPDECが「森林クラウド標準仕様」公開

【木の新名所探訪】
CLTを現あらわしで使い木の良さ実感・高知県森連会館
 ▽CLTを面材として壁と床に使用、覆わずそのまま“見せる”
 ▽大臣認定受けた準耐火建築物、若手設計チームの提案を採択

【りんせいダイアリー300秒】
◆9月21日に熊本市で震災復興シンポジウム
◆熊本地震の災害支援で企業等に大臣感謝状
◆「LVLを使って都市木造」シンポジウム
◆竹中工務店が木造・木質建築推進本部設置

【人事】
◆日本森林林業振興会会長に沼田氏
◆国土緑推の常務理事に前川元近畿中国局長

【訃報】
泉忠義さん((株)泉林業代表取締役)

【広告】
一般社団法人木材表示推進協議会