林政ニュース第544号

林政ニュース第544号


在庫あり
発行日:2016年11月09日

「林政ニュース」バックナンバーの購入

定価:800円(税込864円)

お支払い方法・・・郵便振替後払い/銀行振り込み
御注文後2〜4日でお届けします(国内のみ)
※PDF版は翌営業日にお送りいたします。


購入についての詳細ページへ >>

「林政ニュース」定期購読もぜひどうぞ

『林政ニュース』ご購読 >>

主な内容

【表紙】
10月22日から23日にかけて、高知市中央公園で森と木のPRイベント「第12 回もくもくランド2016(高知県木造住宅フェア)」が開催された(主催=高知県木材普及推進協会・高知県)。各種木製品の展示や木工体験、森と木に関するラジオ放送に、「もち投げ」などが行われ、2日間で約2万人が来場した。

【ニュース・フラッシュ】
◆林野庁一般職の人材多様化、女性も増える 「林学」に広がり、行政範囲拡張に対応
◆検査院が松くい虫防除の薬剤算定など3件の見直し求める
◆「緑のオーナー」1次訴訟、国の賠償額約9,900万円確定
◆都心の「ふれあい展」に初の高性能機械、小泉氏「来年も」
◆中林建設と「とよた森林学校」に長官賞、間伐コンクール
◆話題の人 人口最少の町で最多10選達成、辻一幸・早川町長

【緑風対談】
「スマート林業」が切り拓く「未来」とは ICT、AI、IoTで何が変わるか?
 ▽先進テクノロジーで林業が「賢い(= smart)」産業に変身
 ▽市町村に「森林クラウド」整備、様々な情報を「見える化」
 ▽ICT捕獲システム登場、ソフト開発でハッカソンが新風
 ▽道を“記憶”する無人フォワーダも、既存の“枠”を超えて

【遠藤日雄のルポ&対論】
直売+(プラス)新製品で攻勢・ヒノキのランバーやまと
 ▽月3千m3の丸太を消費、協力工場含め2,500m3を出荷
 ▽第1工場で1次加工し、第2工場で仕上げたら全国へ出荷
 ▽営業範囲は東北から九州まで、リスクを抱えるから伸びる
 ▽通気胴縁、KD野地板が好評、平角市場にもヒノキで参入

【突撃レポート】
ヒノキ生産を突撃レポート 軸に“山元還元”を続ける綿向生産森林組合
 ▽近江商人発祥の地に拠点を置き、1,172haの所有林を経営
 ▽ヒノキ人工林は密植・長伐期、90年生は6万円/m3で販売
 ▽年間6,000万円の管理費を確実に稼ぎ地元の要望に応える
 ▽忘れ去られたような組織が“集約化後”の経営モデルを実践

【地方のトピックニュース】
◆「信州の木自給圏」の構築へ検討会を設置 キーワードは「地消地産」、消費者目線
◆ドイツ製のツリーシェルターでシカ害防止、岐阜で実証試験
 ▽施工性や価格競争力をアジアで初検証、まず500本を設置
◆「くまもと型復興住宅」のモデルハウスを新たに2棟建設
◆福島県の復興公営住宅でCLT利用促進、建設費に上乗せ
◆四国森林管理局が高知大学全体と「連携・協力協定」締結
◆森林女子(徳島県立城西神山分校)などに「四国山の日賞」

【木造新時代】
RC造+木造でCLTなどを積極活用、高知県自治会館
 ▽耐火集成材、CLT耐力壁、木製ブレースなどで木造化実現
 ▽南海トラフに備えて免震装置、災害時のバックアップ機能も

【りんせいダイアリー300秒】
◆木質バイオ協会が全国4か所で熱利用の実践家育成研修会
◆吉条全木連会長らが受章、秋の叙勲・褒章
◆多摩産材使用モデルハウスの建築者を募集
◆金沢で「新・木造の家」設計コンペ発表会
◆ベトナムに「ジャパンウッドステーション」
◆ウッドデザイン賞の受賞作251点が決定

【広告】
日本林業土木株式会社