林政ニュース第567号

林政ニュース第567号


在庫あり
発行日:2017年10月18日

「林政ニュース」バックナンバーの購入

定価:800円(税込864円)

お支払い方法・・・郵便振替後払い/銀行振り込み
御注文後2〜4日でお届けします(国内のみ)
※PDF版は翌営業日にお送りいたします。


購入についての詳細ページへ >>

「林政ニュース」定期購読もぜひどうぞ

『林政ニュース』ご購読 >>

主な内容

【表紙】
西川林業地の埼玉県飯能市に、国産カラマツLVLなどを使用した斬新な木造レストラン「CARVAAN(カールヴァーン)」がオープンした。

【ニュース・フラッシュ】
◆自民・公明の衆院選公約に「森林環境税」 希望は花粉ゼロ、再生プランも“復活”
◆松くい被害がピーク時の5分の1に、「自治体の力大きい」
◆規制改革会議農林WGが西粟倉村と総務省からヒアリング
◆「やってはいけない」事例を発表、天然水の森フォーラム
◆五輪施設建設地を視察、安部・吉野家会長が講演─林土連
◆グリーン賞の田中和雄氏「植物本来の効能を活かしていく」

【緑風対談】
認定過剰の一般木材バイオ発電どうなる? 国民負担抑制へ入札制度、合法性確認も
 ▽調達価格等算定委員会が“行き過ぎ”是正へ議論をスタート
 ▽価格引下げ前の“駆け込み需要”で、国民負担1兆円増も
 ▽来年度から3年間の価格決定に先立ち、年末をメドに結論

【遠藤日雄のルポ&対論】
スギ2×4部材を輸出(下) 北米市場に切り込む
 ▽今秋から月2〜3千m3の出荷に、商社も輸出に積極姿勢
 ▽スギデッキ材の試作重ねる、「フィートの世界」にも対応
 ▽“本丸”の住宅輸出へ、関係者が連携しSCMを構築する

【突撃レポート】
土佐打刃物を進化させ海外にも輸出・鍛冶屋トヨクニ
 ▽圧倒的な品揃え、各地で違う刃と柄の角度にきめ細かく対応
 ▽江戸時代にブランド確立、だが身の回りから刃物が消えて…
 ▽“狂気”の1日2500本を経て直販にシフト、輸出が拡大
 ▽「3D」を活用して「時代に合わせた新しいもの」にシフト
 ▽勤務は完全フレックスタイム制、「毎年チャレンジを続ける」

【地方のトピックニュース】
◆西川林業地にアラブ調の木造レストラン、お洒落な“異空間
◆長野林大・岐阜アカ・信州大が協定、高度技術の人材育成
◆「西山杉」住宅の販路拡大へ、3つのモデルハウスでPR
◆もったいないフェア宇都宮で木製品配布、農林中金が寄贈

【研修会から】
プロも注目! 傾斜度自在の伐倒練習機で安全作業を体得
 ▽安全技術・技能習得制度の「ランク3」目指し、6名が挑戦中
 ▽「錯覚」の克服に欠かせない反復練習が可能な「MTW─01」
 ▽安全第一はアマ・プロ共通、“標準形”としての普及に期待

【りんせいダイアリー300秒】
◆10月24日に「木を使って守る生物多様性」
◆英米の専門家を招いて「CLTフォーラム」
◆第2回「インフラ大賞」、11月30日まで募集
◆輸出優良事業者表彰へ、候補を受け付け中
◆10月24日に育種センターで「親林の集い」
◆名古屋と東京で「日中木材商談会」を開催
◆訃報 小林紀之さん(日本大学大学院法務研究科教授) 

【広告】
国土防災技術株式会社