【PDF】林政ニュース第627号

【PDF】林政ニュース第627号


在庫あり
発行日:2020年04月22日

「林政ニュース」バックナンバーの購入

定価:800円(税込880円)

お支払い方法・・・郵便振替後払い/銀行振り込み
御注文後2〜4日でお届けします(国内のみ)
※PDF版は翌営業日にお送りいたします。


購入についての詳細ページへ >>

「林政ニュース」定期購読もぜひどうぞ

『林政ニュース』ご購読 >>

主な内容

【表紙】
岡山県の西粟倉村に建設された木造コミュニティ施設「あわくら会館」の内部、左下のシンボルマークは「山が笑う」様子を表している。

【ニュース・フラッシュ】
◆コロナ補正で林業・木材産業金融緊急対策 輸出原木保管や大径材加工機導入も支援
 ▽予算が成立しても執行に不透明感、テレワークも試行錯誤
◆林業大学校等への給付金を5万円引き上げ 外部評価シラバス条件、125万円に減額も
◆民法改正で創設する「管理措置請求制度」に林業者が“反対”
◆外国人の受け入れ拡大へ全木連が「技能実習部会」を新設
◆菌床しいたけの産地表示に「中国」と明記を、基準見直し

【緑風対談】
コロナ緊急事態下の補正をみる 先が見えない中で当面の対策
 ▽みんなが「がまん」、「国としてできるだけ支援していく」
 ▽実質無担保・無保証の融資拡充、新たに借り換え利子助成
 ▽一時保管の防腐処理費にも助成、大径原木の国内加工支援

【遠藤日雄のルポ&対論】
「コロナショック」にどう立ち向かっていくか(上)
 ▽消費増税の落ち込みに追い打ち、5月以降一体どうなる?
 ▽製品価格下落、コンテナ物流停滞、プレカットは4割減も
 ▽山元の丸太価格が続落、五輪延期で在庫放出、廃業を懸念

【進化する自治体】
Iターン者+復活製材所を軸に再興図る下北山村
 ▽自伐型林業の確立目指し人材を広く募集、プランナーも育成
 ▽Iターン者と地元をつなぐため役場職員が山を購入して実践
 ▽再稼働した製材所が順調操業、構造材・内装材に家具も生産
 ▽学生+村民+Iターン者のコラボで移住体験施設リニューアル
 ▽譲与税活用し森林経営管理制度を動かす、森林探偵など協力

【地方のトピックニュース】
◆飛騨市が「広葉樹活用コンソーシアム」設立 サプライチェーン構築、コンシェルジュも
◆機械等級JAS材を使い東松山市に「桑の木保育園」完成
◆豊田市の皆伐5ha以内ルールが運用半年、抵触案件はなし
◆林務主導で「しが自然保育認定制度」開始、特化&一般型
◆西粟倉村に木造の複合コミュニティ拠点「あわくら会館」

【りんせいダイアリー300秒】
◆異分野技術導入・実証事業への参加者募集
◆鹿児島大が「次世代林業マイスター」養成
◆資生堂がウッドチェンジ化粧品「バウム」
◆建築学会『建築雑誌』が「林業」に切り込む

【新刊紹介】
◆餅田治之・遠藤日雄編著『「脱・国産材産地」時代の木材産業』
◆林知行著『目からウロコの木のはなし』

【データ・ファイル】
都道府県林務部局(課長級以上)の4月人事異動その2

【広告】
国土防災技術株式会社