林政ニュース第80号

林政ニュース第80号


在庫あり
発行日:1997年07月09日

「林政ニュース」バックナンバーの購入

定価:625円(税込675円)

お支払い方法・・・郵便振替後払い/銀行振り込み
御注文後2〜4日でお届けします(国内のみ)
※PDF版は翌営業日にお送りいたします。


購入についての詳細ページへ >>

「林政ニュース」定期購読もぜひどうぞ

『林政ニュース』ご購読 >>

主な内容

●国有林改革で林政審の中間報告まとまる  会計制度、財源、累積債務は先送り (80/ニュース・フラッシュ)
●「森林条約」は21世紀へ持ち越し  IFF設置で合意、99年に報告(80/ニュース・フラッシュ)
●林木育種四十周年、14日にシンポ  育種センターが記念誌を編集・出版(80/ニュース・フラッシュ)
●全森連副会長に山本博人専務が昇格、後任専務に外崎氏(80/ニュース・フラッシュ)
●住民参加テーマに座談会開く——森林計画研究会(80/ニュース・フラッシュ)
●林退共、来年度からは勤労者退職金共済機構のもとで運営(80/ニュース・フラッシュ)
●人事短報——木造住宅振興室長が交代、新室長に村山氏(80/ニュース・フラッシュ)
●七夕人事異動解説 東京、青森営林局など動く(80/緑風対談)
●福井県の森林施業士養成事業スタート  一般財源投入で労働力対策に本腰 (80/地方のトピックニュース)
●新潟県に「きのこ実証検定棟」が完成  エノキダケなど栽培マニュアル作成へ (80/地方のトピックニュース)
●急成長するスギ、水気耕栽培が実用化へ  森組で7500本植栽、育種センターも協力(80/地方のトピックニュース)
●国府町が炭焼き体験施設を建設  後継者育成目指し、今秋オープン(80/地方のトピックニュース)
●アニメで緑のまちづくりをPR——小牧市(80/地方のトピックニュース)
●栃木県が小規模森林の整備へ県単事業をスタート(80/地方のトピックニュース)
●環境にやさしい竹を考える—竹資源活用フォーラム発足(80/地方のトピックニュース)
●盲学校で植樹「手のひらでふれる森づくり(80/地方のトピックニュース)
●「国産材使いたい」は三割、農林省調査で(80/りんせいダイアリー300秒)
●全木連が、木材PRポスターを作成(80/りんせいダイアリー300秒)
●木もく倶楽部が、夏の自然教室を開催(80/りんせいダイアリー300秒)
●製紙連が恒例の環境講演会を盛大に開催(80/りんせいダイアリー300秒)
●「緑のネット」ホームページ開設(80/りんせいダイアリー300秒)
●屋外木製遊具の防腐処理などPR(80/りんせいダイアリー300秒)
●主要木材の短期需給見通し  急激な伸びをみせる欧州製材品(80/データ・ファイル)
●林野庁七月七日付人事異動(80/データ・ファイル)
●いぶり雑木林懇話会  北海道(80/森林ボランティアの風)
●一年後の室内空気汚染問題①  終わらない被害(80/短期連載)
●この人に聞く/木材流通改革の視点⑤  CAD間競争に備え、人材育成データ蓄積を急げ(80/短期連載)
●海外木材企業の対日戦略を探る⑥  ACIジャパン・リミテッド(オーストラリア)(80/短期連載)
●中央林業関係団体総会シーズンの動き(80/団体総会)
●MORI MORIネットワーク発足1周年。MORI MORIフェスタ’97を開催(80/表紙)