CLT のカテゴリーを表示しています

2020年7月31日

CLT活用事業でヤマナカ産業と筑紫工業に助成


今年度(2020年度)の「CLT活用建築物等実証事業」(林野庁補助事業)で、新たに、(有)ヤマナカ産業の木造倉庫(山梨県南アルプス市)と(株)筑紫工業の新社屋(福岡県那珂川市)の建築に対して助成することが決まった。3件の応募があった中から検討委員会による審査を経て選定された。なお、事業実施主体の木構造振興と日本住宅・木材技術センターは、同事業の追加募集を8月4日(火)まで行っている。→詳しくは、こちらを参照。


2020年7月17日

スギCLTで国内最大級の大屋根を構築


11:00 AM 更新 カテゴリ: CLT,J-FIC News,住宅・建築 

賃貸住宅大手の大東建託(「林政ニュース」第487号参照)は、国産スギのCLTで国内最大級の大屋根を構築した「ROOFLAG(ルーフラッグ)賃貸住宅未来展示場」を東京都江東区に開設した。約90億円を投じて3月26日に完成していたが、新型コロナウイルスの影響でオープンは6月8日となり、現在は1日5組の予約客に限定して施設内を案内している。→詳しくは、「林政ニュース」第632号(7月8日発行)でどうぞ。
★「林政ニュース」第632号は、Amazon(アマゾン)でも買えます。
★お得な年間定期購読は、こちらからどうぞ。


2020年7月9日

会津森林管理署南会津支署をCLTパネルでリニューアル


福島県の会津森林管理署南会津支署がCLTパネル工法でリニューアルされる。主要構造部(壁)にCLTを使用し、庁舎内からでもCLTを見ることができる内装仕上げにする。工期は来年(2021年)7月30日まで。CLTを主要構造部に用いる森林管理署・支署としては、嶺北署(高知県)、西都児湯署(宮崎県)に続き3例目となる。→詳しくは、「林政ニュース」第631号(6月24日発行)でどうぞ。
★「林政ニュース」第631号は、Amazon(アマゾン)でも買えます。
★お得な年間定期購読は、こちらからどうぞ。


2020年6月11日

『「遠藤日雄のルポ&対論」大全集』の第2回をアップしました。


『林政ニュース』の人気コーナー「遠藤日雄のルポ&対論」のバックナンバーを集める大全集の第2回「国産材利用へ、銘建工業の新たな挑戦・下」(『林政ニュース』第290号(2006(平成18)年4月5日発行)掲載)をこちらにアップいたしました。遠藤氏の「2020年のコメント」もついています!


2020年6月9日

「遠藤日雄のルポ&対論」のバックナンバーを公開していきます!


6:00 PM 更新 カテゴリ: CLT,J-FIC News,新技術・新製品,木材加工・製材 

『林政ニュース』の人気コーナー「遠藤日雄のルポ&対論」。2006年3月にスタートしてから一度も休むことなく、今も続いている名物連載のバックナンバーをいつでも読めるようにしていきます! 第1回「国産材利用へ、銘建工業の新たな挑戦・上」(『林政ニュース』第289号(2006(平成18)年3月22日発行)掲載)をこちらにアップいたしました。
これから『「遠藤日雄のルポ&対論」大全集』として、基本的に週2回のペースでアップを続け、内容を充実させていきます。
ご愛読をよろしくお願いいたします。


2020年5月13日

CLT活用し2時間耐火木質部材のコスト削減


4:00 AM 更新 カテゴリ: CLT,J-FIC News,新技術・新製品,木材加工・製材 

住友林業は、独自開発した木質部材について、柱と梁で国土交通大臣の2時間耐火認定を取得した。耐火被覆にCLTの一般流通品を使用することで製造コストの削減を図っている。→詳しくは、こちらを参照。


2020年5月12日

「CLT活用建築物実証事業」の実施事業者募集中


4:00 AM 更新 カテゴリ: CLT,J-FIC News,法律・制度・予算 

木構造振興と日本住宅・木材技術センターは、今年度(2020年度)予算で行う「CLT活用建築物実証事業」の実施事業者を募集している。助成総額は約1億1,800万円で、3件程度を採択する予定。応募期間は6月4日(木)まで。→詳しくは、こちらを参照。


2020年5月7日

道産トドマツ活用し札幌に高層ハイブリットホテル建設


6:00 AM 更新 カテゴリ: CLT,J-FIC News,地域再生・山村振興 

三菱地所は、札幌市の大通公園沿いに北海道産トドマツなどを活用した高層ハイブリット木造ホテルを建設する。建物の外装には北海道産タモ材を使った木製ルーパーを設置し、エントランスも木材を基調としたデザインにする。国土交通省の「令和元年度サステナブル建築物等先導事業」に採択されており、来年(2021年)夏の竣工を目指している。→詳しくは、こちらを参照。


2020年4月27日

日本鯨類研究所太地支所、勝間田駅舎などのCLT化支援


4:00 AM 更新 カテゴリ: CLT,J-FIC News,住宅・建築,法律・制度・予算 

木構造振興と日本住宅・木材技術センターは、「CLT活用建築物等実証事業」で新たに支援する建築プロジェクトを4月17日に発表した。三栄工業所(岩手県大船渡市)の新社屋や、日本鯨類研究所の太地支所施設(和歌山県太地町)、JR勝間田駅舎(岡山県勝央町)、南予森林組合事務所(愛媛県鬼北町)など7件が採択された。→詳しくは、こちらを参照。


2020年3月3日

1件当たり5,000万円助成、「CLT建築実証事業」募集中


4:00 AM 更新 カテゴリ: CLT,J-FIC News,住宅・建築,新技術・新製品 

木構造振興(株)と日本住宅・木材技術センターは、「CLT建築実証事業」の実施事業者を募集している。助成総額は約2億5,000万円で、1件当たり5,000万円を目安としている。応募期間は3月12日(木)まで。→詳しくは、こちらを参照。


2020年3月2日

“都市木造”の先進物件、12階建て「フラッツウッズ木場」


11:00 AM 更新 カテゴリ: CLT,J-FIC News,住宅・建築,新技術・新製品 

竹中工務店は、“都市木造”の可能性を広げる地上12階建ての「フラッツウッズ木場」を東京都江東区に建設した。同社オリジナルの2時間耐火部材「燃エンウッド」(「林政ニュース」第574号参照)を改良した「燃エンウッドSAMURAI」などを活用したモデル建築物になっている。→詳しくは、「林政ニュース」第622号(2月12日発行)でどうぞ。
★「林政ニュース」第622号は、Amazon(アマゾン)でも買えます。
★お得な年間定期購読は、こちらからどうぞ。


2019年9月20日

CLT活用建築物等実証事業で2件を追加採択


5:00 AM 更新 カテゴリ: CLT,J-FIC News,住宅・建築 

木構造振興と日本住宅・木材技術センターが実施している「2019年度CLT活用建築物等実証事業」の2回目の公募期間が終わり、審査の結果、次の2件が採択された。
◎健康住宅(株)、(株)城南「木質構造技能者研修センターCLT工事」(福岡市)
◎(株)黒岩構造設計事ム所「(仮称)神水公衆浴場新築工事」(熊本市)
→詳しくは、こちらを参照。


2019年5月29日

6月24日にPEFC設立20周年記念「国際森林認証フォーラム」


5:00 AM 更新 カテゴリ: CLT,J-FIC News,森林施業・経営・管理 

緑の循環認証会議(SGEC/PEFCジャパン)は、6月24日(月)午後1時から東京都港区の石垣記念ホール(三会堂ビル9階)で「PEFC設立20周年記念・SGEC/PEFC国際森林認証フォーラム」を開催する。「もっと認証製品を消費者の手に!」をテーマに、PEFC本部から事務局長兼CEOのベン・ガニバーグ氏も来日して講演する。→詳しくは、こちらを参照。


2019年5月13日

CLT晴海プロジェクトなど6件の建設を支援


3:30 AM 更新 カテゴリ: CLT,J-FIC News,住宅・建築 

日本住宅・木材技術センターと木構造振興は、2018年度のCLT活用建築物等実証事業で、CLT晴海プロジェクト(「林政ニュース」第599号参照)や飯能商工会議所会館など6件の建設を支援する(4月26日に発表)。また、今年度(2019年度)の支援対象案件の募集も行っている。→詳しくは、下記こちらを参照。


2019年5月9日

CLTとLVLを組み合わせ木造茶室と手焼き体験室


11:00 AM 更新 カテゴリ: CLT,J-FIC News,住宅・建築 

広島の名産品「もみじ饅頭」の老舗として知られるやまだ屋(廿日市市)がCLTとLVLを組み合わせて木造の茶室と手焼き体験室を造った。天井スラブにスギ・ヒノキのハイブリッドCLT、耐力壁にラジアータパインのLVL厚板を使用している。→詳しくは、「林政ニュース」第603号(4月17日発行)でどうぞ。


1 / 41234
ページの上端へ

J-FIC Newsのカテゴリー