来る者拒まず去る者追わず
酒とバカの日々(仮)

2011年9月8日

朝の散歩


ぞうさん 

 

 今朝は四ッ谷駅にいつもより早く着いたので、赤坂離宮へ行ってみました。
一度中に入ってみたいけど、国賓じゃないとダメですよね。
一生無理~~~(>_<)

門がまたステキでした。

四谷は飲み屋だけじゃないので、そこんとこよろしく~。


2011年8月15日

浅草散歩


ぞうさん 

8月13日、ミクシイで知り合ったお友達と浅草でオフ会をしました。
メンバーは全員エレファントカシマシファンです(笑)

遊覧船乗り場で撮影。絵葉書みたいでしょ?

ビルをよ~く見ると目
スカイツリーが写っているんです。キレイだった~ぴかぴか(新しい)

浅草を見物した後、お目当ての神谷バーへ行きました。
しかし、残念。
休日のせいか、とても混んでいて諦めましたがく~(落胆した顔)
夕方早い時間なら余裕かと思ったのですが、
昼間から飲む人がたくさんいるので時間は関係なかった。

でも、大丈夫指でOK
アサヒビールの直営店で、美味しいビールを飲みました。
ビールとエレカシトークで盛り上がった後、
お洒落なカフェでデザートを食べました。

あ、初めて「酒とバカの日々」のタイトルに合った内容だ。


2011年8月5日

八戸三社大祭


ぞうさん 

青森ねぶたに比べて知名度が今ひとつですが、
7月31日~8月4日までの5日間、八戸三社大祭(さんしゃたいさい)が行われます。
祭の特徴は、市内を練り歩く巨大で豪華な山車。
豪華さを競うあまり、電線よりも高く山車を作るようになりました。
電線をくぐる時は小さくして、電線を通り抜けると変形して大きくなります。
中には、スモークをたく山車もあります。

 
8月2日には、加賀美流騎馬打毬(かがみりゅうきばだきゅう)が行われるので、
長者山まで見に行きました。
騎馬打毬は、文政10年(1827)に始まったポロのような競技です。
紅白に分かれて、毬(まり)を多くゴールへ入れた方が勝ちです。
馬は道産子なのでサラブレッドより小さいですが、
間近まで馬が来るので結構迫力があります。
YouTubeに動画があったので、どうぞ。


2011年8月4日

津波の爪あと


ぞうさん 

一足早い夏休みをとりました。

私の故郷八戸は、3月11日の地震で津波の被害があった所です。
父の車で八戸港を走ってみました。

ニュースで見た津波で陸に打ち上げられた船は、片付けられていました。
岸壁を見ると、不気味な船が所々に数隻泊まってました。
全体が真っ赤に錆びあがってたり、真っ黒だったり、まるで幽霊船みたいでした。
津波で沖に流されて行方不明になっていた船のようです。
真っ黒なのは、船の燃料が燃えて火事になったかららしい。
そんな船が10隻近くあったでしょうか。
実物を見るのはショッキングでした。
岩手、宮城、福島よりは被害が少ないけれど、まだ津波の爪跡が残ってますね。

良い話もありました。
なぜか今、魚が捕れて豊漁だそうです。
津波で海底の地形が変わったのかもしれません。


2011年7月14日

ハリー・ポッター


ぞうさん 

「ハリポタ」好きなキャラクターランキング、断トツ第一位は主役の3人じゃなかった!
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1668813&media_id=100

いよいよ10年の歴史に幕を下ろす映画「ハリー・ポッター」シリーズ。
最終章「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2」の公開を7月15日に控え、
「ハリウッドチャンネル」モバイル版で実施された「ハリポタ」人気キャラクター投票の結果が発表された。

ランキング第一位は「スネイプ先生」!!!

そうだよね。
やっぱり私の見る目は間違ってなかった。
「賢者の石」の頃から

「お気に入りはスネイプ先生!」と言い続け、

職場のハリポタファンからは「なんで?」と言われた。

その後、巻を重ねる毎にセルブスは魅力を増し、ついに最終巻では…。
原作を読んだ時は泣いちゃた。
もちろん映画行きます!前売り券は購入済み。(^_^)v

“「ハリー・ポッター」好きなキャラクターランキング”TOP10は以下のとおり。

1位 セブルス・スネイプ
2位 ハーマイオニー・グレンジャー
3位 シリウス・ブラック
4位 ロン・ウィーズリー
5位 ハリー・ポッター
6位 ルーナ・ラブグッド
7位 ドラコ・マルフォイ
8位 アルバス・ダンブルドア
9位 リーマス・ルーピン
10位 ヴォルデモート


2011年7月10日

パウル・クレー展


ぞうさん 

7月9日、東京国立近代美術館で開催されている「パウル・クレー展」を見てきました。

昔から、子どもが描いたようなクレーの絵に不思議な魅力を感じていたので、今回の展覧会はぜひ見たいと思っていました。

土曜日ということもあって、美術館は混んでいました。
念願のクレーの絵!
実物を見ると、何を描いたのかわからないけど、
リズムがあって音楽的な絵だなぁと思いました。

経歴を知って納得。
父は音楽教師、母も音楽学校で声楽を学ぶという音楽一家で育つ。
クレー自身も早くからヴァイオリンに親しみ、11歳でベルンのオーケストラに籍を置くなど、その腕はプロ級であり、妻もピアニストであった。

絵というと、目で見たものを描くと思いがちですが、
クレーは大好きな音楽、楽しい気持ち、悲しい気持ち、
そんなものを表現したのかなと思いました。
これはあくまでクレーの絵を見て感じた私の気持ちで、
美術評論家はどう解釈しているかはわかりませんが(笑)。

記念に、今回見た絵の絵葉書を3枚買って帰りました。
写真はその中1枚「花ひらいて」です。
意味わからない?
クレーの心には、花がこんな風に映ったのですよ。たぶん(笑)。

展覧会は、今月いっぱいまでやっているそうです。
興味を持った方は、ぜひどうぞ。


2011年7月7日

東京国際ブックフェア


ぞうさん 

7月7日、東京国際ブックフェアへ行ってました。

10時、会場の東京ビッグサイトへ到着。
すごい人の波です。
今日はまだ平日なのに、土日は一体どうなるんだろ?

取引先の印刷会社のブースへ顔出しして、挨拶&電子出版の質問をする。
その後、自分の好きな出版社を廻って本を買って、
とフラフラしてたらあっという間に11時20分。
ヤバイ!
慌てて電子書籍エリアへ。
と、遠い~(>_<)

写研のブース発見。
アンケートに答えたら、級数表もらっちゃった(喜)

お目当てのアドビへ行くと、すごい人!
とりあえずアンケートに答えて、ソフトの体験版をゲット。

一番行きたかったモリサワへ、ようやく到着。
iPadでサンプル画面を見ながら、営業の人に色々質問。

あ、もうお昼食べて帰らなきゃ!
やっぱり時間が足りなかった。
アドビのデモンストレーション見たかったな。

《おまけ》
会場で「何か報道陣がいるな~?」と思って見たら、秋篠宮御夫妻でした。
チラ見だけど、お二人とも素敵でした(^^)

「色の知識」2割引で買えました(喜)


2011年7月5日

夏の100冊のプレゼントがビミョー


ぞうさん 

今年も新潮文庫の100冊の季節がやってきました。

私、毎年これを楽しみにしているのです。

特に近年は限定スペシャルカバーが出たりして、
このカバーのために新たに買い直したりしていました。

それから、プレゼントマークを2枚送ると必ずもらえるプレゼントがあり、
それも楽しみのひとつ(^-^)

さて、今年のプレゼントは♪

………なんかビミョー(-_-;)


2011年7月1日

定期なくしました(涙)


ぞうさん 

朝、いつものように地獄の埼京線に乗り、
新宿で総武線に乗り換えてふとバッグの中を見ると、
定期がない!
いくら探してみても、やっぱりない!

落としたのは多分埼京線。
仕方がないので四ッ谷駅で事情を話し、とりあえず電車賃を払いました。
スイカ付きの定期券なので再発行できるとのこと。

「ただ、遺失物届が出るのはこれからだろうから、夕方また駅に寄って下さい。
遺失物届が出ているか調べて、その上で再発行を考えた方がいいですよ。」
と駅員さんは丁寧に説明してくれました。

帰りに家の最寄りの駅に寄って、再発行の手続きを取りました。
「再発行手続きをすると、もう取り消せません。
手数料も1000円かかりますが、それでも手続きしますか?」
みどりの窓口のお姉さんが念を押して聞いてきたけど、
定期を探して何度も駅に足を運ぶのも面倒なので、その場で手続きをしました。

この日は手続きまでで、発行は翌日になりました。
1000円かかったけど、再発行できて良かった。
あ~、疲れた。


2011年6月30日

神楽坂 毘沙門天


ぞうさん 

6月25日、友人と神楽坂でランチをして、
その後、毘沙門天まで足を伸ばしました。

一般的に「毘沙門天」と呼ばれてますが、
本当は「善國寺」というお寺です。
数年前に嵐の二宮くんが神楽坂を舞台にしたドラマをやってから、
ここ毘沙門天はジャニーズファンの間で聖地になっているそうです。

「嵐のコンサートに行けますように」
「嵐コンサートが成功しますように」
など、ジャニーズ関係の絵馬が沢山飾ってありました。
その中に、かわいい絵馬を見つけました。

「クワガタムシがながいきしますように」

く~~~、泣ける!(;_;)
まだ下手な字だけど一生懸命丁寧に書いてあります。
クワガタ長生きするといいね!

《番外編》
こんな絵馬もありました。
「さま~ずさん以上の女芸人になる!」
…がんばってください(^^;)


2011年6月29日

日本近代林政年表 増補版 1867-2009


ぞうさん 

こちらのサイトを訪れている皆さんはご存知だと思いますが、
もうすぐ「日本近代林政年表増補版」が発行されます。

ただ今予約受付中で
7月1日までに直接当社に申し込んで頂くと、税込25,000円のところが、
なんと税込20,000円になります!
値段の事だけ書くと、まるで家電の安売りのようで品がありませんが、
5,000円の差は大きいですよね~。

予約も大学関係を中心に順調に入ってきています。
締め切りが近づいていますので、お早めに!
なお、この予約割引は書店ではやっていませんので、お気をつけて下さいね(b^ー°)


日本近代林政年表 増補版 1867-2009
 香田 徹也 編
B5 ページ 上製
ISBN978-4-88965-208-6 CC0061
奥付の初版発行年月:2011年07月
書店発売日:書店発売日:2011年07月01日


2011年6月28日

主張する森林施業論


ぞうさん 

最近、「主張する森林施業論」がものすご~く売れてます。

この本が発行されたのは2007年。
正直言って最近はあまり動かない本だったのですが、
ここ2週間位前から注文殺到!
地域は特に関係なく、北海道もあれば九州もあり。
「いったい何が起こっているんだろう?」私達は首を傾げてました。

昨日もまた注文があり、
書店さんではなく、お客さん本人だったので恐る恐る聞いてみました。
そして、ついに謎が解けました!

准フォレスター研修の副読本に指定されたのだそうです。
あ~、これでスッキリ!!(^^)!
注文の勢いは未だ衰えず、このまま完売しそうな勢い(笑)。
皆さんも1冊いかがですか?

主張する森林施業論 22世紀を展望する森林管理
森林施業研究会 編
判型 :A5判, 396ページ 並製
ISBN978-4-88965-169-0
初版発行年月2007年03月
定価:2,857円(税込3,000円)


2011年6月27日

現代人は忙しい


ぞうさん 

友人のすすめで、先週からツイッター、昨日からmixiを始めました。

そうしたら、何か忙しい。

ツイッターがフォローされたとか、色々な登録とか返信とかメールが何回も届く。

始めたばかりだからかもしれないけど、現代人は忙しいな~。

iPhone 早く欲しい。


2011年6月20日

同窓会


ぞうさん 

6月18日、エレカシライブの前に高校の同窓会に行ってきました。
会場はグランドプリンスホテル高輪。
初めてなので緊張~。 

同窓会でうれしいことがありました。
同じテーブルにむか~し見たような名前。
誰だっけ?
何か覚えがあるんだけど…。 

問題の彼女は遅れてやってきて、
お互い顔を見るなり「キャー!」と言って手を振っちゃいました。
彼女も私の顔を見た瞬間、思い出したのでしょうね。
ちなみに彼女の正体は、ひとつ下の図書委員。
私は委員長だったので、それでお互い記憶に残っていたのでした。
卒業してから全く会ってなくても、顔見たとたん思い出すものなんだな~と驚きました。 

あと直接知っている人はいなかったけど、
同郷だからこそ通じるものが色々あって楽しかった。
エレカシがあったので、校歌を歌わずに帰ったのが残念でした。 

グランドプリンスホテル高輪 ル・トリアノン


2011年6月19日

エレカシ in 後楽園


ぞうさん 

6月18日、またまたエレファントカシマシのライブに行ってきました。
場所は、TOKYO DOME CITY HALL(旧 JCB HALL)です。

今回もまたハプニングあり。
「明日への記憶」を歌い始めたところで突然、ボーカルの宮本くんがスト~ップの合図。

何?何?歌詞間違えたっけ?演奏間違った?それとも機嫌が悪い?

そしたら「どうしました?」「大丈夫ですか?」
と前のお客さんに声をかける宮本くん。
「前の方、こんなにつめちゃってるから具合が悪くなったみたいです」
と会場のお客さんに説明。
「係の人いますか~?」と対処した後、
「皆さんも具合が悪くなってら遠慮なく言って下さい」
その後、メンバー紹介をして仕切り直してから再演。
すばらしい総合司会っぷりです(感涙)。

過去のライブでは、
メンバーの演奏に切れて(ドラムのタイミングが合わなかったらしい)
演奏中にドラムにマイクをぶん投げたり、
「そいつをつまみ出せ!」
とスタッフに言って変な客を退場させたという伝説があるのですが、
大人になりました。


1 / 212
ページの上端へ

最近の記事10件