森と本と人のつながりを考える

「燃エンウッドCLT耐力壁」で現(あらわ)し利用拡大へ

竹中工務店は、中大規模建築物用の耐火集成木材「燃エンウッド」(「林政ニュース第440号参照)の新製品として「燃エンウッドCLT耐力壁」を開発し、燃え止まり型としては日本で初めて2時間耐火の国土交通大臣認定を取得した。「燃エンウッド」シリーズは、主に柱や梁などに使用されてきたが、「CLT耐力壁」が加わることで木材を現しで利用できる範囲が広がる。→詳しくは、「林政ニュース」第647号(2月24日発行)でどうぞ。

日本林業調査会
(J-FIC)の本

よみもの

来る者拒まず去る者追わず
酒とバカの日々(仮)