森と本と人のつながりを考える

『「遠藤日雄のルポ&対論」大全集』の第70回をアップしました。

『林政ニュース』の人気コーナー「遠藤日雄のルポ&対論」のバックナンバーを集める大全集の第70回「プレカットNo.1の偉容と先進  ポラテック滋賀工場・下」(『林政ニュース』第360号(2009(平成21)年3月11日発行)掲載)をアップしました。
◇  ◇
(前回から続く)プレカット業界No.1・ポラテック(株)の滋賀工場(ロハスフィールド)を視察し終えた3人は事務所に戻った。話題の的は、当然のように未曾有の不況をどう乗り越えるかに向かった。北大路部長の言う「国際競争力をもち〝実力〞で使えるような」国産材製品とは、具体的にいかなるものなのか。鼎談はいよいよ核心に入る。
目次
ロシアン・ショックは7年前から織り込み済み
戦略商品は材積の多い「野縁」、ルーマニアから輸入
ウッドショックを機に、梁をスギ集成材に代替する
プレカット工場が使用樹種を提案、不況はウェルカム
→続きは、こちらからどうぞ。

日本林業調査会
(J-FIC)の本

よみもの

来る者拒まず去る者追わず
酒とバカの日々(仮)