森と本と人のつながりを考える

信州ウッドパワーがGPSなど活用し集荷を効率化

7月に長野県東御市で木質バイオマス発電所を稼働させた信州ウッドパワーが燃料となる丸太の集荷で独自のトレーサビリティシステムを構築している。トラック運転者が専用のスマートフォンを使って現場からデータを送り、GPSやクラウドシステムを利用して作業の効率化などを進めている。→詳しくは、「林政ニュース」第640号(11月4日発行)でどうぞ。
★「林政ニュース」第640号は、Amazon(アマゾン)でも買えます。
★お得な年間定期購読は、こちらからどうぞ。

日本林業調査会
(J-FIC)の本

よみもの

来る者拒まず去る者追わず
酒とバカの日々(仮)