森と本と人のつながりを考える

木曽町役場新庁舎が完成、町有林材などを活用

2019年10月から建設が進められていた長野県木曽町の役場新庁舎(「林政ニュース」第634号参照)が完成した。木曽路(中山道)の伝統工法である「出梁造り」を採用し、構造材や内装材などに合計約900m3のヒノキ、カラマツを使用。うち334m3が構造材に用いられ、185m3は町有林から供給された。→詳しくは、「林政ニュース」第648号(3月10日発行)でどうぞ。

日本林業調査会
(J-FIC)の本

よみもの

来る者拒まず去る者追わず
酒とバカの日々(仮)