森と本と人のつながりを考える

林業・木材産業関係で17名が受章、春の叙勲・褒章

政府は4月29日に、今年(2021年)春の勲章及び褒章受章者を発表した。林業・木材産業関係の受章者は、次のとおり。
◎勲章受章者
・旭日小綬章
 一場章良(元群馬県木材組合連合会会長、74歳)
 門村和永(石川県森林組合連合会代表理事会長、74歳)
・旭日双光章
 高橋秀樹(北海道木材産業協同組合連合会理事長、70歳)
 森竹史郎(静岡県森林組合連合会理事、70歳)
 横尾泰治(元大阪府木材組合連合会理事、82歳)
・旭日単光章
 猪股榮幸(元大崎森林組合代表理事組合長、75歳)
 芳賀榮三(農林業、75歳)
 湯浅十四二(農林業、84歳)
 渡邉昭二(元三次地方森林組合代表理事組合長、84歳)
・瑞宝中綬章
 小禄直幸(元中部森林管理局長、70歳)
 川喜多進(元東北森林管理局長、70歳)
 山田壽夫(元北海道森林管理局長、70歳)
・瑞宝小綬章
 一村幸滿(元北海道森林管理局次長、72歳)
◎褒章受章者
・黄綬褒章
 柿迫正紀(柿迫林業代表、京都府、71歳)
 越井潤(越井木材工業(株)社長、大阪府、55歳)
 西野洋一((有)西野商店取締役、徳島県、68歳)
 羽田野憲元(農林業、大分県、85歳)

日本林業調査会
(J-FIC)の本

よみもの

来る者拒まず去る者追わず
酒とバカの日々(仮)