森と本と人のつながりを考える

米マツ現地挽き大手のマンケランバー社が日本向け生産停止


米マツ現地挽き製品の大手サプライヤー・マンケランバー社(米国ワシントン州)は、1月から日本向け製品の生産を停止する。昨年11月末に日本の取引先に対して通知した。停止期間は決まっておらず、国内のプレカット工場などは使用木材を集成材や国産材などに切り替える動きを強めている。→詳しくは、「林政ニュース」第643号(12月16日発行)でどうぞ。



第643号は、速報解説・林野関係「15か月予算」のポイント(「緑風対談」)、スギフェンス材専門で伸びるNOWHERE(「遠藤日雄のルポ&対論」)、小江戸・川越に明治期材木商の木造「はなれ」が復活(「木の新名所探訪」)、“街の木”活かし“都市林業”を展開する都市森林(株)(「突撃レポート」)、「みやぎ森林・林業未来創造機構」設立(「地方のトピックニュース」)――などを掲載しています。詳しい目次・お申し込みなどは、こちらをご覧下さい。

★1年間で4,620円お得な年間定期購読は、こちらからどうぞ。


『遠藤日雄のルポ&対論』のバックナンバーを無料で公開中!
2006年3月から一度も休まずに連載を続けている『遠藤日雄のルポ&対論』のバックナンバーを順次ネット上で無料公開し、いつでも読めるようにしています。
こちらからどうぞ。


facebookページ
twitter
note
https://www.j-fic.com/

日本林業調査会
(J-FIC)の本

よみもの

来る者拒まず去る者追わず
酒とバカの日々(仮)