森と本と人のつながりを考える

荒廃農地は計画的に森林に転換、早生樹など植林

農林水産省は、増加している荒廃農地を森林に転換していく方針を固めた。同省が設置している「長期的な土地利用の在り方に関する検討会」が8月24日の第3回会合で「森林への計画的転換の方向性」について議論し、あらゆる政策努力を払っても農地として維持することが困難な土地に関しては、早生樹の植林などによって森林に誘導すべきとした。→詳しくは、「林政ニュース」第636号(9月9日発行)でどうぞ。
★「林政ニュース」第636号は、Amazon(アマゾン)でも買えます。
★お得な年間定期購読は、こちら(↓)からどうぞ。

日本林業調査会
(J-FIC)の本

よみもの

来る者拒まず去る者追わず
酒とバカの日々(仮)