森と本と人のつながりを考える

製紙業界も2050年にCO2ゼロへ、長期ビジョン発表


日本製紙連合会は1月20日に「地球温暖化対策 長期ビジョン2050」を発表し、生産活動での二酸化炭素(CO2)排出を実質ゼロにすることを内外に宣言した。また、林木育種や植林の推進などによりCO2吸収量増大を目指す方針も打ち出した。→詳しくは、「林政ニュース」第646号(2月10日発行)でどうぞ。

日本林業調査会
(J-FIC)の本

よみもの

来る者拒まず去る者追わず
酒とバカの日々(仮)