森と木と人のつながりを考える

» 新技術・新製品

「電動苗木運搬車両」のデモンストレーションを行う

「電動苗木運搬車両」のデモンストレーションを行う

茨城県森林組合連合会とコウメイ及び森林研究・整備機構(つくば市)は、11月18日に笠間市の北山国有林内で、共同開発している「電動苗木運搬車両」による植え付け作業のデモンストレーションを行った。開発中のマシンは、電動クロー […]

第3回SFAの最優秀賞に「日本マウンテンバイカーズ」

第3回SFAの最優秀賞に「日本マウンテンバイカーズ」

林業人材×異業種人材でニュービジネスの創出を目指す「SUSTAINABLE FOREST ACTION 2021」(略称「SFA」、「林政ニュース」第660号参照)のデモデイが10月23日に東京都内のホテルで開催された。 […]

竹からセルロースナノファイバー、おおいたCELEENA(セレーナ)創業

竹からセルロースナノファイバー、おおいたCELEENA(セレーナ)創業

未利用の竹材を竹綿にしてからセルロースナノファイバーを製造するベンチャー企業・おおいたCELEENA(大分県大分市、西脇毅・代表取締役)が9月28日に創業した。小さなスペースでもセルロースナノファイバーを製造できるのが特 […]

酢酸セルロースの効率生産へ、京大とダイセルが包括連携

酢酸セルロースの効率生産へ、京大とダイセルが包括連携

京都大学(京都市)と大手化学品メーカーのダイセル(大阪市)は、木材由来のバイオマス製品に関する研究開発を加速化するため、10月8日に包括連携協定を締結した。京大宇治キャンパスに「バイオマスプロダクトツリー産学共同研究部門 […]

体育館を利用して苗木運搬ドローンの検討会を開く

体育館を利用して苗木運搬ドローンの検討会を開く

島根森林管理署(津田京子署長)は9月17日に、島根県吉賀町の六日市体育館を使って「林業用ドローンによる労働力軽減」をテーマにした検討会を実施した。苗木などを運搬できる林業用ドローン「Motte(モッテ)」の使用方法や機器 […]

VR+視線・脳波+AIで木質内装化の効果を「見える化」

VR+視線・脳波+AIで木質内装化の効果を「見える化」

建築設計向けVR(仮想現実)サービスを展開するジオクリエイツ(東京都港区)と、国産材ストランドボードを製造・販売するエスウッド(岐阜県各務原市)は、森林総合研究所と連携して、人の視線や脳波をAI(人工知能)を使って解析し […]

スギのゲノム編集技術を開発、品種改良期間の大幅短縮へ

スギのゲノム編集技術を開発、品種改良期間の大幅短縮へ

森林総合研究所森林バイオ研究センターと農研機構、横浜市立大学で構成する研究チームは、世界で初めてスギのゲノム編集技術を開発した(8月31日に発表)。狙った遺伝子だけを改変でき、品種改良期間の大幅な短縮化などが可能になる。 […]

13チームが参加し第3回SFA、「企業チャレンジ」新設

13チームが参加し第3回SFA、「企業チャレンジ」新設

3回目となる「SUSTAINABLE FOREST ACTION 2021」(略称「SFA」、「林政ニュース」第636・642号参照)のキックオフイベントが8月21日に行われた。前回を1.5倍上回る参加があり、林業従事者 […]

岐阜県が「林業用無人化技術開発」の動画を公開

岐阜県が「林業用無人化技術開発」の動画を公開

岐阜県が取り組んでいる「林業用無人化技術開発」(「林政ニュース」第638・650号参照)の成果が動画にまとめられ、8月2日に公開された。高所無人掘削機を利用した地拵え・造林作業や、リモコン草刈機による下刈り作業の様子など […]

世界初!「改質リグニン」の製造実証プラントが完成

世界初!「改質リグニン」の製造実証プラントが完成

スギチップからつくられる新素材「改質リグニン」(「林政ニュース」第592・604号参照)の低コスト大量生産に向けた世界初の実証プラントが茨城県常陸太田市内にでき、6月30日に竣工式が開催された。林野庁の補助事業を活用し、 […]

日本林業調査会
(J-FIC)の本