森と木と人のつながりを考える

» 新技術・新製品

先進的林業機械緊急実証・普及事業で6件を採択

先進的林業機械緊急実証・普及事業で6件を採択

林業機械化協会は公募方式で実施する「先進的林業機械緊急実証・普及事業」の採択事業と実施者を決定し、6月15日に発表した。11件の応募があった中から、次の6件を選んだ(括弧内は窓口事業者)。 ・傾斜地を含む林地において伐採 […]

大建工業が旭川市近郊で木質ボード工場の新設を検討

大建工業が旭川市近郊で木質ボード工場の新設を検討

大建工業(「林政ニュース」第639号参照)は、国産材を使った新しい木質ボード工場の新設を検討している。5月20日に北海道旭川市近郊を候補地とする事業計画を発表した。同社が独自に開発した技術によってトドマツを細かいストラン […]

造作家具にもなる制震装置「ビルアンド」

造作家具にもなる制震装置「ビルアンド」

福岡県の京築ヒノキを使った制震装置「ビルアンド」が開発された。揺れを抑える制震ダンパーを「見える化」し、造り付け家具としても使えるようにした。西日本工業大学の石垣充・デザイン学部建築学科教授と日立Astemo及び江戸川木 […]

木質培地「グロウアース」発売、日南町のプロジェクトが進展

木質培地「グロウアース」発売、日南町のプロジェクトが進展

鳥取県の日南町で2016年にスタートした「木材総合カスケード利用プロジェクト」(「林政ニュース」第546号参照)を具体化する新規事業が相次いで動き出している。大建工業は1月18日に、国産材を原料にした木質培地「グロウアー […]

『「遠藤日雄のルポ&対論」大全集』の第60回をアップしました。

『「遠藤日雄のルポ&対論」大全集』の第60回をアップしました。

『林政ニュース』の人気コーナー「遠藤日雄のルポ&対論」のバックナンバーを集める大全集の第60回「林地残材をパーティクルボードに・永大産業(株)」(『林政ニュース』第349号(2008(平成20)年9月24日発行)掲載)を […]

岡山大学と大建工業が連携協定、「R&Dセンター」を活用

http://www.j-fic.com/rinseibn/rn644.html 木材・木造建築に関する研究体制を強化している岡山大学(「林政ニュース」第633号参照)が大手建材メーカーの大建工業(株)(「林政ニュース」 […]

京都大学と住友林業が木造の人工衛星打上げに挑戦

京都大学と住友林業が木造の人工衛星打上げに挑戦

京都大学と住友林業(株)が木造の人工衛星を使った「宇宙木材プロジェクト」をスタートさせた。両者は昨年12月23日に共同研究「宇宙における樹木育成・木材利用に関する基礎的研究」の契約を締結。2023年にホオノキを使った木造 […]

『「遠藤日雄のルポ&対論」大全集』の第53回をアップしました。

『林政ニュース』の人気コーナー「遠藤日雄のルポ&対論」のバックナンバーを集める大全集の第53回「人工乾燥技術の先端を走る新柴設備+道立林産試」(『林政ニュース』第342号((平成20)2008年6月11日発行)掲載)をア […]

ジャパンホーム&ビルディングショーで地域材製品をPR

ジャパンホーム&ビルディングショーで地域材製品をPR

住生活にかかわる国内最大級の展示会「ジャパンホーム&ビルディングショー(Japan Home & Building Show 2020)」が11月11日から13日まで東京ビッグサイトで開催され、延べ約9,000 […]

アイリスオーヤマがフランスの倉庫で集成材を活用

アイリスオーヤマがフランスの倉庫で集成材を活用

アイリスオーヤマは、昨年フランスで建設した物流倉庫で、現地では「GLT」と呼ばれる集成材を梁や柱など構造材に使用し、工期の短縮とコストダウンを実現した。11月20日に開催された「木材利用推進全国会議」(「林政ニュース」第 […]

日本林業調査会
(J-FIC)の本