森と本と人のつながりを考える

» 法律・制度・予算

途上国森林ナレッジ活用促進事業の委託先を公募中

途上国森林ナレッジ活用促進事業の委託先を公募中

国際緑化推進センター(JIFPRO)は、途上国森林ナレッジ活用促進事業の業務委託先を公募している。森林資源の付加価値向上につながる技術や知見(ナレッジ)に関する実証調査を行い、途上国の発展につなげるのが目的。提案書の提出 […]

「木のおもてなし」のモデル4地域を選定

「木のおもてなし」のモデル4地域を選定

国土緑化推進機構とユニバーサルデザイン総合研究所は、今年度(2020年度)の『「木の文化」の発信・「木のおもてなし」の提案事業』で支援する「モデル地域」を選定した。全国の10地域から応募があった中から次の4地域が選ばれた […]

「7月豪雨」対策で緊急山地調査と加工施設復旧に14億円

「7月豪雨」対策で緊急山地調査と加工施設復旧に14億円

農林水産省は、「令和2年7月豪雨」で被災した農林漁業者を支援する総合対策「生活・生業支援パッケージ」をまとめた(7月31日に発表)。今年度(2020年度)予算の予備費を活用して、災害復旧事業や被災施設等の再建・修繕、緊急 […]

電子書籍『保安林制度の手引き ─令和元年─』の販売を始めました!

電子書籍『保安林制度の手引き ─令和元年─』の販売を始めました!

昨年(2019年)6月に刊行した『保安林制度の手引き ─令和元年─』の電子書籍ができあがり、販売(配信)を始めました。電子書籍の使い方や購入方法などは、各ストアのガイド等をご参照ください。(紙の本も販売中です。) 書 名 […]

CLT活用事業でヤマナカ産業と筑紫工業に助成

CLT活用事業でヤマナカ産業と筑紫工業に助成

今年度(2020年度)の「CLT活用建築物等実証事業」(林野庁補助事業)で、新たに、(有)ヤマナカ産業の木造倉庫(山梨県南アルプス市)と(株)筑紫工業の新社屋(福岡県那珂川市)の建築に対して助成することが決まった。3件の […]

鳥取県が「新たな森林管理システム推進センター」を新設

鳥取県が「新たな森林管理システム推進センター」を新設

鳥取県は、7月1日付けで「新たな森林管理システム推進センター」を新設した。県森林組合連合会が事務局(キーステーション)となり、東部・中部・西部の3か所に推進員を1名ずつ配置して、市町村への支援を強化する。→詳しくは、「林 […]

骨太の方針に「森林整備・治山対策」と「木材利用の拡大」を明記

骨太の方針に「森林整備・治山対策」と「木材利用の拡大」を明記

政府が7月17日に閣議決定した「骨太の方針」(経済財政運営と改革の基本方針2020)に、「森林整備・治山対策」と「建築物等への木材利用の拡大」が明記された。当初原案にはなかったが、与党との調整などで事業の重要性が強調され […]

知事会プロジェクトチームが国産木材の需要拡大を要望

知事会プロジェクトチームが国産木材の需要拡大を要望

全国知事会で「国産木材活用プロジェクトチーム」のリーダーをつとめる東京都の小池百合子知事は、7月14日に江藤拓農相と荻生田光一文科相を相次いで訪ね、「需要拡大に向けた提言」を手渡し、来年度予算での具体化を求めた。→詳しく […]

民間建築物含めた木造化推進法制定は議員立法で

民間建築物含めた木造化推進法制定は議員立法で

自民党の「森林を活かす都市の木造化推進議員連盟総会」(「林政ニュース」第616号参照)は、6月24日に衆議院第1議員会館で今年度(2020年度)の第1回総会を開催した。林業団体等で構成している都市木造化推進協議会が民間建 […]

木材利用優良施設コンクールへの参加作品募集中

木材利用優良施設コンクールへの参加作品募集中

木材利用推進中央議会は、令和2年度「木材利用優良施設コンクール」への参加作品を募集している。昨年度の同コンクールの内閣総理大臣賞には屋久島庁舎(「林政ニュース第616号参照)が選ばれた。今年度も内閣総理大臣賞をはじめ、農 […]

日本林業調査会
(J-FIC)の本

よみもの

来る者拒まず去る者追わず
酒とバカの日々(仮)