森と木と人のつながりを考える

» CLT

6月30日~7月7日に「CLT視察ツアー2019 in 欧州」

6月30日~7月7日に「CLT視察ツアー2019 in 欧州」

日本CLT協会は、6月30日(日)から7月7日(日)にかけて「CLT視察ツアー2019 in 欧州」を実施する。訪問先は、24階建ての木造最高層建築物を建設しているオーストリアのほか、スロベニアとイタリア。参加料金は55 […]

傷んだ既設橋梁をCLT床版で修復

傷んだ既設橋梁をCLT床版で修復

全国各地で橋のメンテナンスが課題になっている中、床版にCLT(直交集成板)を用いる試みが進んできている。土木学会内に設置されている木橋研究小委員会が既設橋梁を補修する新しい材料としてCLT床版に着目、実用化プロジェクトに […]

みなと森と水ネットワーク会議のブースで紋別市がセミナー

みなと森と水ネットワーク会議のブースで紋別市がセミナー

みなと森と水ネットワーク会議は、3月5日(火)から8日(金)まで東京ビッグサイトで開催される「建築・建材展2019」にブースを出し、同モデルの登録商品(建材・家具)などを展示する。5・6日には、協定自治体である紋別市が「 […]

防火地域にCLT+鉄骨の「兵庫県林業会館」誕生

防火地域にCLT+鉄骨の「兵庫県林業会館」誕生

CLTと鉄骨のハイブリッド構造によって建築が進められていた「兵庫県林業会館」が完成し、1月23日に竣工式が行われた。同会館は防火地域に建てられており、都市を木造・木質化するモデル施設に位置づけられている。→詳しくは、「林 […]

CLT建築物で都市と地方をつなぐ「晴海プロジェクト」

CLT建築物で都市と地方をつなぐ「晴海プロジェクト」

三菱地所と岡山県真庭市及び隈研吾建築都市設計事務所は「CLT晴海プロジェクト」を実施する。東京都中央区の晴海で真庭市産のCLTを使ったパビリオン棟と屋内展示棟を建設し、1年間使用した後は、真庭市の国立公園蒜山に移築して、 […]

3月1日にセミナー「2019年花粉シーズンの対策:最新情報」

3月1日にセミナー「2019年花粉シーズンの対策:最新情報」

花粉問題対策事業者協議会は、3月1日(金)午後1時30分から東京都千代田区の秋葉原UDX4階GALLERYで、セミナー「花粉アレルギー疾患に対する取り組みと2019年花粉シーズンの対策:最新情報」を開催する。花粉対策製品 […]

Proper use of CLT, one type of Mass T...

Proper use of CLT, one type of Mass Timber, is advancing in North America

There is a movement in North America to open up new markets with a generic concept of Mass Timber, while wood […]

嶺北森林管理署のCLT新庁舎でCNF含有塗料を使用

嶺北森林管理署のCLT新庁舎でCNF含有塗料を使用

国の庁舎では初のCLT建築物となる嶺北森林管理署の新庁舎(「林政ニュース」第537号参照)が完成し、12月13日に披露式が行われた。建物の前面はガラス張りで、外からもCLTの使用状況がわかる。また、スギラミナをフェンス材 […]

ハスラッハー社も日本の都市木造・木質化に意欲

ハスラッハー社も日本の都市木造・木質化に意欲

オーストリアの木材企業・ハスラッハー社が10月22日に東京都内の同国大使館で日本の取引先関係者らを招きレセプションを開いた。同社CEO(社長兼最高経営責任者)のクリストフ・クルテラー氏は、東京をはじめとした都市の木造・木 […]

29自治体から約300名が津別町に参集し「木のまちサミット」

29自治体から約300名が津別町に参集し「木のまちサミット」

4回目となる「全国木のまちサミット」が10月11日に北海道の津別町で行われ、29自治体から約300名が参加した。同サミットは、2014年に岩手県住田町で初開催されて以降、山梨県早川町(「林政ニュース」第541号参照)、高 […]

日本林業調査会
(J-FIC)の本