現代林業用語辞典


現代林業用語辞典
林業Wikiプロジェクト 編
B6判 184>ペー>ジ 並製
ISBN978-4-88965-175-1 C0061
品切
奥付の初版発行年月:2007年09月
書店発売日:2007年09月28日

コピーサービス

個人の方がご自身>の研究目的などに限定して閲覧を希望される場合に限り、コピーサービス(>当方でコピーし、簡易製本して郵送)をご利用いただけます。お申し込みは、書籍全 体、または目次の見出し単位でお願い致します。なお、一部書籍につきましては、都 合により、ご利用いただけない場合がございますので、ご了承ください。
 ご利用料金は、1ページにつき20円と簡易製本代600円が目安となります(税・送>料別)が、判型等によって若干異なりますので、事前にお見積もりが必要の場合はお 申し出下さい。お届けは、お申し込み日から7〜10日程度です。ご希望の方は、下記 リンク先ページをご参照の上、お申し込みください。

コピーサービス >>


内容紹介

今、必要な新語、専門用語をわかりやすく・コンパクトに解説した待望の1冊!

前書きなど

「はじめに」から 
 情報化・国際化がかつてないスピードで進行し、地球環境問題への世界的な関心が高まる中、“森と木と人のかかわり”を基本とする「林業」の分野においても、これまでにない新しい情報や知識が不可欠になっています。従来の専門領域に止まることなく、異業種・異分野との連携を図ることが益々重要になっており、そのためにも、隣接する領域や、これまで無関係だと考えられてきた分野についての正確な情報や知識が必要になっています。
 本書は、このような現状を踏まえ、現代の林業に関係する基礎用語及び最新用語を幅広く収録し、解説したものです。編集にあたっては、(株)日本林業調査会(J−FIC)のWEBサイト(http://www.j-fic.com/)で公開されている「現代林業電子辞典」(通称:林業Wiki)を活用しました。「現代林業電子辞典」(林業Wiki)は、2007(平成19)年8月に公開されたもので、インターネットを介して、誰でも無料で利用することができます(ただし、「ウィキペディア」(Wikipedia)のように自由に書き込みをすることきできません)。
 本書は、この「現代林業電子辞典」の中から、現代の林業にかかわる上で特に必要かつ重要と考えられる用語を選択し、正確に、わかりやすく解説することを目指しました。WEB上の「現代林業電子辞典」は、ほぼ毎日のように見直し・修正が加えられるとともに、新語が追加されていきます。したがって、本書も、「現代林業電子辞典」の“進化”の状況を見ながら、やがて機会のふさわしいときに、改訂を行うことになるでしょう。
 幅広い知識・情報が求められる今、本書が林業に関係する多くの方々に活用され、新たな展望を拓く一助になれば、これにすぎる幸せはありません。