国産材はなぜ売れなかったのか


国産材はなぜ売れなかったのか
荻 大陸
A5判 200ページ 並製
ISBN978-4-88965-193-5 C0061
在庫あり
奥付の初版発行年月:2009年10月
書店発売日:2009年10月26日

書籍の購入

定価:1,905円(税込2,057円)

お支払い方法…郵便振替後払い/銀行振込

※ 携帯でご覧の方に:このショッピングカートは携帯からは使えません。セブンアンドワイなど携帯に対応している外部サイトからのご購入をお願い します

他で購入

購入についての詳細ページへ >>


内容紹介

刊行に寄せて
 なぜ、国産材は使われないのか。本書は、この国産材が売れなかった“現実”から目をそらさずに、問題点を的確に抉り出し、その解決方向を示した貴重な1冊です。著者の荻大陸氏は、何よりも現場を第一に考える研究者で、具体的かつ詳細な調査結果をもとに結論を導き出す姿勢が一貫しています。そうした荻氏の長年にわたる研究・調査活動の成果を集大成したものが本書と言えます。
 これから真の「国産材時代」を迎えるためには、「失敗の研究」が必要です。これまでの過ちを直視し、その原因を明らかにすることなしには、新たなスタートは切れません。本書で指摘されている多くの教訓が活かされ、地に足のついた林業再生の取り組みが各方面で展開されていくことを願ってやみません。
平成21年10月(社)日本林業協会副会長・元林野庁長官 前田直登

目次

刊行に寄せて 前田直登 3
まえがき 5
第1章 外材輸入前夜 11
 常態化していた「歩切れ」 13
 歩切れの先進地 16
 安定的歩切れと乱雑歩切れ 18
 業界ぐるみ 20
第2章 外材があぶり出した問題 23
 小丸太がとび抜けて高かった理由 25
 「空気売り」の構造 28
 劣勢木一辺倒の未熟な間伐 30
 「空気売り」の崩壊 31
 外材も良い製品ではなかった 33
 生き残る「空気売り」 35
第3章 役物依存の時代 39
 メーカー銘柄「東濃檜」の登場 41
 乾燥を徹底した美作産地の飛躍 44
 役物は国産材、並物は外材 48
 「洋室」の定着により役物需要が増大 51
 役物特化産地・吉野の活況 54
 ヒノキ神話の誕生 55
 役物依存の構造 59
 並物産地の特徴 61
第4章 外材時代と国産材業界の変貌 63
 最大の国産材市場圏・東海 65
 外材化による名古屋市場の激変 67
 業態の変革と新規顧客の開拓 69
 製材業のための産地・美作 71
 主要販売圏は山陰 74
 外材化の実態 76
 リタイア資源を狙い中国地方を原木集荷圏化 78
 製材生産量の拡大をもたらしたもの 80
 役物特化産地・奈良 81
 役物生産の三つの柱 89
 秋田のスギ割柱産地化 90
 天杉なき後の優良資源「造林」 91
 樌をとるか、割柱をとるか 93
 北洋材産地化を目指した秋田 94
 国際水準の原木価格を求める 95
 九州におけるスギ割柱の開発 96
 秋田のブランド商品に成長 98
第5章 需要低迷と淘汰の時代 103
 木材需要が伸び悩みから低迷へ 105
 外材インパクトと「挽けば売れる」時代 107
 米ツガ製材が受けた打撃 109
 米材製材産地・清水 111
 清水の凋落と変貌 112
 国産材も外材も乾燥に取り組まなかった 115
第6章 集成材の時代 117
 材価下落の構造 119
 役物時代の終焉 121
 役物特化産地・奈良の衰退 123
 製材品離れと構造用集成材の台頭 127
 化粧ばりを超え、集成材を管柱に 128
 プレカット加工が集成材シフトを加速 130
 外材の主役が欧州材に 131
 製材品は「半製品」 133
 ようやくはじまった国産材製材工場の大規模化 135
第7章 板の時代 141
 住宅メーカーの国産材シフト 143
 中国の台頭でロシア材が買えなくなった 145
 合板・集成材メーカーの国産材利用量が急増 147
 川下は国産材時代に入った 148
 板の需要が増える 150
 製品市場の主役も板に 151
 マンションなどの内装にムク材 154
 新たな需要の背景に健康志向 156
 洋室(非和室)に「加工板」 158
 本当はみんな木造に住みたかった 159
 モルダー加工が必須に 164
 板材の先進メーカー 166
 原木の基準寸法は2m 176
第8章 来るべき時代 179
 市場ルールが後押しする集成材標準化 181
 ムク製材が直面している厳しい現実 182
 中小製材業者が生き残る道 185
 製材工場は分化・特化の促進を 188
 在来工法住宅一辺倒からの脱却 189
 国産材の価格はもう上がらない 190
 育林コストの低減 193
 焼畑林業の見直し 196
 急務の鳥獣害対策 200
本書で紹介した主な企業等 205
あとがき 209

前書きなど

はじめに
 国産材時代が目前のようにみえる。住宅産業の国産材回帰が鮮明になり、木質バイオマスをふくむ新規の木材需要も勢いを増している。木材加工業で国産材を使うのは、かつては製材業だけといってよかったが、近年は製材に加え、集成材、合板、LVLなどの国産材シフトが急速に進んでいる。製品、丸太の需要サイドでは、国産材化が大きな流れになりつつある。
 とはいえ、国産材時代を迎えるのは、そう簡単ではない。現在の国産材化の流れは、外材が入手しにくくなってきたという外部条件の変化によってもたらされた結果にすぎず、国産材が抱える問題が克服されたことによるものでは決してない。
 本書は、国産材が抱える問題を、外材が日本の木材需要の大半を担ってきた、外材時代の実態分析をとおして明らかにしようとしたものである。
 実は、外材が日本に入ってきたときに起きたのも、「売れなくて当たり前」というべき国産材の欠陥があぶり出された結果であった。そして外材輸入以前の「国産材時代」において、すでに問題は噴出していた。我々は、まずそこからみていこう。
2009年10月 荻 大陸

担当から一言

空気売り、役物頼み、品質管理の遅れ――失敗を繰り返さず、真の「国産材時代」を迎えるために。