環境時代のオレゴン州林業

森林施業法と木材生産の再編


環境時代のオレゴン州林業
大塚生美
A5判 206ページ 上製
ISBN978-4-88965-196-6 C0061
在庫あり
奥付の初版発行年月:2010年04月
書店発売日:2010年04月09日

書籍の購入

定価:2,381円(税込2,571円)

お支払い方法…郵便振替後払い/銀行振込

※ 携帯でご覧の方に:このショッピングカートは携帯からは使えません。セブンアンドワイなど携帯に対応している外部サイトからのご購入をお願い します

他で購入

購入についての詳細ページへ >>


目次

刊行に寄せて(餅田 治之)……3
はじめに ……5
序 章 本書が目指すもの――分析の視点――……15
 第1節 研究の背景……15
  1 「環境時代」への対応を迫ったマダラフクロウ問題……15
  2 2つの注目すべき動き……16
 第2節 研究の目的と方法……17
  1 研究の目的……17
  2 研究の方法……19
 第3節 アメリカ林業に関する先行研究……22
  1 日本におけるアメリカ林業研究……22
  2 アメリカにおける木材生産研究……23

第Ⅰ部 アメリカの森林管理制度とオレゴン森林施業法……33
第1章 国家環境政策法と州の森林管理……35
 第1節 国家環境政策法下の森林・林業関連法……35
  1 国家環境政策法の成立とその体系……40
  2 国家環境政策法成立以降の環境政策……40
  3 国家環境政策法と森林・林業関連法……43
 第2節 国家環境政策法下の森林管理……43
  1 国有林の森林管理システム……44
  2 公・私有林の森林管理システム……46
第2章 オレゴン州の森林管理システム……47
 第1節 州林務部……47
  1 林務部の成立とその活動……47
  2 林務部の組織体制……49
 第2節 オレゴン森林管理法……51
  1 オレゴン森林施業法の成立……51
  2 オレゴン森林施業法の目的と内容……53
 第3節 オレゴン森林施業法による段階的規制強化……54
  1 法の骨格が形成される1970年代……54
  2 環境保護色が強まった1980年代……55
  3 マダラフクロウ問題以降……55
第3章 オレゴン森林施業法による規制……57
 第1節 施業規制内容……57
  1 再造林の義務……57
  2 野生生物保護……58
  3 水辺保護……60
 第2節 監督のしくみ……61
  1 事前届出制……61
  2 罰 則……62
  3 森林施業モニタリング・プログラム……64
第Ⅰ部のまとめ……66

第Ⅱ部 オレゴン州の林業・木材産業……73
第4章 森林資源の変化……75
 第1節 オレゴン州の森林資源……75
  1 森林面積……75
  2 森林蓄積……76
  3 森林資源の地域性……78
 第2節 木材生産対象の変化……80
  1 国有林から私有林へ……80
  2 森林資源の天然林から人工林へ……82
  3 森林蓄積の小径木化……85
第5章 私有林における資源所有の再編……89
 第1節 所有形態別特徴……89
  1 私有林の所有形態区分……89
  2 産業有林……90
  3 非産業有林……94
 第2節 ウェアーハウザー社の所有山林再編……97
  1 所有山林の集中と再編……97
  2 所有山林再編の意味……99
 第3節 林地投資の新たな動向と育林経営……102
  1 TIMO、REITの台頭……102
  2 育林経営の収益性……106
  3 森林売却の意味……109
  4 REITの追風となった税制の優遇措置……115
  5 まとめ……117
第6章 オレゴン州の木材産業……121
 第1節 アメリカの木材需要におけるオレゴン州の位置……121
  1 アメリカの住宅需要……121
  2 ローカル市場での地位獲得……122
 第2節 原木不足と製材品価格の低迷がもたらした丸太の移輸入……123
  1 原木の流通……123
  2 製材品価格の低迷……125
  3 製材用丸太の移輸入の増加……125
 第3節 製材工場の対応……128
  1 製材工場数の減少と規模階層傾向……128
  2 製材用丸太の小径木化と新技術の導入……130
  3 製材用丸太の自社有林化……132
第Ⅱ部のまとめ……132

第Ⅲ部 環境問題が伐出業者に与えた影響……143
第7章 事業構造の変化……145
 第1節 国有林減伐の影響と生産対象の変化……145
  1 伐出業者の減少……145
  2 事業地の移動……147
  3 人工林からの生産割合の増加……148
 第2節 事業形態の変化と請負先の分化……149
  1 兼業化の進行……149
  2 請負化の進行……152
  3 請負先の分化……153
 第3節 伐採方法への変化……155
  1 皆伐・非皆伐の変化……155
  2 皆伐・非皆伐別専門業者化……156
 第4節 伐出技術と生産性……157
  1 高性能林業機械の導入……157
  2 労働組織の規模階層別特徴……162
  3 生産性の向上と生産コストの圧縮……164
 第5節 大規模産業有林の伐出業者への影響……166
第8章 伐出業協同組合と伐出業者の対応……169
 第1節 AOLによるOPLの展開……169
  1 オレゴン伐出業協同組合(AOL)の沿革……169
  2 環境問題に対するAOLのスタンス……171
  3 オレゴン・プロフェッショナル・ロガー・プログラム(OPL)の展開……173
 第2節 伐出業者の対応……175
  1 施業計画書への対応……175
  2 信頼ある施業技術とは……176
第Ⅱ部のまとめ……177

終 章 まとめと考察……185
参考文献……191
謝 辞―あとがきにかえて―……206

担当から一言

アメリカ・オレゴン州の環境保護と木材生産の取り組みを分析。素材生産協同組織の新たな対応の紹介!