イベント・シンポジウム・表彰・募集 のカテゴリーを表示しています

2019年1月28日

2月15日にFSC日本国内規格完成のシンポ開催


FSCジャパンは、2月15日(金)午後1時から東京都渋谷区の東京ウィメンズプラザホールで、「FSCジャパンシンポジウム ―FSC国内規格の完成を祝って―」を開催する。2月15日から発効されるFSC日本国内規格(「林政ニュース」第594号参照)の紹介や、森林からの持続可能な開発目標(SDGs)についての講演、パネルディスカッションなどが行われる。参加費無料(懇親会費は3,000円)。定員250名。詳しくは、こちらを参照。


2019年1月25日

2月16日に「緑のボランティア活動助成セミナー2019」


国土緑化推進機構は、2月16日(土)午後1時30分から東京都千代田区の弘済会館で「緑のボランティア活動助成セミナー2019」を開催する。「緑の募金」及び「緑と水の森林ファンド」の助成対象団体募集が2月15日(金)からスタートするのにあわせて、助成プログラムの紹介や個別相談会などを行う。→詳しくは、こちらを参照。


2019年1月24日

「森林サービス産業」の創出へフォーラム&セミナー


林野庁は、「森林サービス産業」(「林政ニュース」第589号参照)の創出を目指し、キックオフ・フォーラム&マッチング・セミナーを2月4・5日に農林水産省本館7階の講堂で開催する。森林資源を活用した医療や観光、教育、娯楽などのニュービジネス立ち上げに向けて、講演や事例報告、ポスターセッションなどが行われる。定員は200名程度。参加費無料。申し込み締め切りは、1月28日(月)午後5時。→詳しくは、こちらを参照。


2019年1月23日

2019ミス日本みどりの女神に藤本麗華さん


1月21日に東京都内で「第51回ミス日本コンテスト2019」が開催され、5代目となる「ミス日本みどりの女神」に、藤本麗華(ふじもと・れいか)さんが選ばれた。藤本さんは、東京都出身の26歳。→詳しくは、次号「林政ニュース」(第598号、2月6日発行)でお伝えします。


1月29・30日に東京ビッグサイトで「モクコレ2019」


東京都が主催する地域材製品の展示会「WOODコレクション(モクコレ)2019」が、1月29日(火)と30日(水)に東京都江東区の東京ビッグサイトで開催される。今回は、40都道府県から308の企業・団体などが出展する。入場無料。→詳しくは、こちらを参照。


2019年1月21日

西目屋村が「新しい森づくり」の協力隊員を募集中


世界自然遺産「白神山地」を有する青森県の西目屋村は、「新しい森づくり」地域おこし協力隊(林産物部門)の隊員を募集している。役場職員や地域林政アドバイザーなどと連携しながら「森林経営管理事業」や「バイオマス産業都市構想の推進業務」を担当する。応募期限は1月31日(木)。→詳しくは、こちらを参照。


2019年1月18日

ICT林業をテーマに「林業機械化推進シンポジウム」開催


林野庁とフォレスト・サーベイは、2月8日(金)午前10時45分から東京都渋谷区の国立オリンピック記念青少年総合センターで「平成30年度林業機械化推進シンポジウム」を開催する。「ICTで切り開く新たな林業」をテーマに、寺岡行雄・鹿児島大学教授による基調講演や事例報告などが行われる。参加費無料。申し込み締め切りは1月31日(木)→詳しくは、こちらを参照。


2019年1月17日

名古屋でEU等向け日本製家具・建具等輸出促進セミナー


日本木材輸出振興協会は、2月8日(金)午後2時から名古屋市のオルバースビルディング名古屋で「EU等向け日本製家具・建具等輸出促進セミナー」を開催する。欧州から家具・建具等関係者を招聘し、海外における家具類の性能規定などについて学ぶ。参加費無料。申し込み締め切りは1月28日(月)。→詳しくは、こちらを参照。


2019年1月16日

1月24日に矢板市で「現場に普及する林業ITを考えるシンポジウム」


矢板市林業・木材産業成長化推進協議会は、1月24日(木)午後1時30分から矢板イースタンホテルで、第3回林業の成長産業化に向けたシンポジウム「国内で実用化されている林業ICTツールの勉強会」を開催する。4つの実務用ICTの導入事例の紹介とパネルディスカッションを行い、現場が使いやすい林業ITについて議論する。参加費無料。事前登録制。→詳しくは、こちらを参照。


2019年1月15日

1月23日に「ちばの木を活用するシンポジウム」を開催


「木材利用シンポジウム in 千葉~ちばの木を活用する『まちづくり』~」が、1月23日(水)午後1時20分から船橋市勤労市民センターで開催される。基調講演や事例発表、パネルディスカッションを通じて森林環境譲与税の活用方策などについて考える。参加費無料。申し込み締め切りは、1月15日(火)。→詳しくは、こちらを参照。


2019年1月11日

2月16日に徳島市で「第6回木育サミット」


芸術と遊び創造協会と東京おもちゃ美術館は、2月16日(土)午前10時から徳島市のあわぎんホールで「第6回木育サミット in 徳島」を開催する。「地域課題解決のための木育」をテーマに、シンポジウムや5つの分科会を通じて議論を深める。参加費無料(事前申し込み制)。→詳しくは、こちらを参照。


2019年1月10日

1月17日に「「ICTスマート精密林材業」のシンポジウム


1月17日(木)午前10時から東京都千代田区の星陵会館でシンポジウム「ICTスマート精密林材業によるサプライチェーンシステム in 東京」が開催される。三菱総合研究所理事長の小宮山宏氏、フィンランド大使館上席商務官の木村正裕氏、信州大学農学部教授の加藤正人氏が基調講演するほか、事例報告やパネルディスカッションが行われる。→詳しくは、こちらを参照。


2019年1月8日

2月6日に国際セミナー「REDDプラスはどこまできたか?」


森林総合研究所は、2月6日(水)午前10時から東京都文京区の東京大学伊藤謝恩ホールで、REDD+国際セミナー「REDDプラスはどこまできたか? 機会を活かすために」を開催する。世界資源研究所(WRI)のフランシス・セイモア氏やインドネシア環境林業省のルアンダ・アグン・スガルディマンをはじめ、国内外の専門家が一堂に会し、最新情報を交換する。参加費無料。定員200名(定員に達し次第、締め切り)。→詳しくは、こちらを参照。


2018年12月26日

1月に大阪と東京で「森林の仕事ガイダンス」


全国森林組合連合会は、1月に「森林の仕事ガイダンス」を大阪と東京で開催する。大阪会場は1月19日(土)に大阪市北区の梅田センタービルで、東京会場は1月26日(土)に千代田区の東京国際フォーラムで行う。両会場ともに開催時間は午前11時から午後5時まで。参加費無料。参加年齢・性別不問。→詳しくは、こちらを参照。


2018年12月25日

山火事予防の標語は「忘れない 豊かな森と 火の怖さ」


日本森林林業振興会は、今年度(2018年度)の山火事予防ポスター用原画と標語の入賞・入選者を12月7日に発表した。原画の部の最優秀賞(農林水産大臣賞)は、兵庫県加古川市立氷丘中学校2年の森田光稀さんと、広島県立尾道東高等学校3年の入江綾香さんが受賞。標語の部の最優秀作品(消防庁長官・林野庁長官賞)には、兵庫県立東播工業高等学校1年の藤本道義さんによる「忘れない 豊かな森と 火の怖さ」が選ばれた。


ページの上端へ

J-FIC Newsのカテゴリー