イベント・シンポジウム・表彰・募集 のカテゴリーを表示しています

2018年7月27日

8月11日に第17回聞き書き甲子園研修会の開会式


第17回聞き書き甲子園研修会の開会式が8月11日(土)午後1時30分から東京都新宿区の都庁・都民ホールで行われる。作家の塩野米松氏による講和や映像とナレーションによる聞き書き甲子園の紹介などが行われる。参加費無料。定員は先着100名。→詳しくは、こちらを参照。


2018年7月26日

ニッセイ緑の財団が樹木名プレートの寄贈校を募集


ニッセイ緑の財団は、樹木名プレートの寄贈する学校を募集している。同財団は、全国195か所で136万本を植樹しており、何伐材を樹木名プレートに加工して、小・中・高校、大学などに贈る活動を行っている。→詳しくは、こちらを参照。


2018年7月23日

9月14日に大阪で「韓国向け日本産木材輸出促進セミナー」


日本木材輸出振興協会は、9月14日(金)に大阪市のアットビジネスセンターPREMIUM大阪駅前で開催する「韓国向け日本産木材輸出促進セミナー」の参加者を募集している。韓国から木材関係のバイヤーを招き、商談を行う。定員50名。参加費無料。申し込み締め切りは、8月24日(金)。→詳しくは、こちらを参照。


2018年7月20日

ウッドマイルズフォーラムが7月26日に「違法伐採対策とクリーンウッド法」開催


ウッドマイルズフォーラムは、7月26日(木)午後1時30分から東京都文京区の文京シビックセンターでシンポジウム「国内外の違法伐採対策とクリーンウッド法」を開催する。国際環境NGO FoE Japan理事三柴淳一氏と林野庁木材利用課林業・木材産業情報分析官河野晃氏による基調講演や事例報告、意見交換会などを予定している。同フォーラム会員と学生は参加費は無料、一般は1,000円。定員80名(先着順)。申し込み締め切りは7月23日(月)。→詳しくは、こちらを参照。


2018年7月18日

山火事予防ポスター用の原画・標語を募集中


日本森林林業振興会は、今年度(2018年度)の山火事予防ポスター用原画と標語を募集している。原画のサイズは画用紙四ツ切(約タテ52㎝×ヨコ37㎝)のタテ長とし、必ず「山火事予防」の5文字を入れること、標語は1人1句とし、創作に限る。入賞者及び入選者は、年末までに決定し、通知する。→詳しくは、こちらを参照。


2018年7月13日

8月30日に木質バイオマス熱利用のセミナー


日本木質バイオマスエネルギー協会とバイオマス産業社会ネットワークは、8月30日(木)午後3時から東京都渋谷区の地球環境パートナーシッププラザ(国連大学1階)で、合同セミナー「木質バイオマス熱利用についての提言~木質バイオマス熱利用の加速度的な拡大について~」を開催する。同協会の専門調査員である生田雄一氏が講演する。主催団体の会員は参加費無料、一般は1,000円(税込み)。定員100名。申し込み方法など詳しくは、こちらを参照。


2018年7月11日

ログハウス建築大賞に「ナチュレ片山」と「満天星ロッジ」


日本ログハウス協会は、6月11日に今年度(2018年度)のログハウス建築コンテストの表彰式を行った。大賞の国土交通大臣賞には、(株)フェニックスホーム(埼玉県所沢市)の「ナチュレ片山」(使用樹種は欧州アカマツ)、農林水産大臣賞には、(株)北陸リビング社(石川県能美市)の「満天星ロッジ」(同スギ)が選ばれた。→詳しくは、「林政ニュース」第584号(7月4日発行)でどうぞ。


第40回森喜作賞受賞者に原田栄津子氏と森田富雄氏


今年度(2018年度)の第40回森喜作賞の受賞者が決まった。森喜作記念顕彰会が7月5日に発表した。第1部門には(株)岩出菌学研究所研究開発室室長の原田栄津子氏、第2部門には群馬県渋川市でシイタケを栽培している森田富雄氏が選ばれた。7月10日に東京都中央区の日本橋プラザで開催された「第66回全国乾椎茸品評会表彰式」の中で授賞式が行われた。


2018年7月10日

エコプロ2018「森林からはじまるエコライフ展」出展団体を募集中


産業環境管理協会と日本経済新聞社は、12月6日(木)から8日(土)まで東京ビッグサイトで行う「エコプロ2018」の中で開催する「森林からはじまるエコライフ展2018」への出展団体を募集している。トークショーやウッドデザイン賞の表彰式・全作品の展示などを交えて、先進的な団体を紹介する。募集の締め切りは、7月13日(金)。→詳しくは、こちらを参照。


2018年7月9日

京都府が第2回ウッディ・コンテストの作品を募集


京都府は、第2回ウッディ・コンテストへの参加作品を募集している。「北山丸太」を構造に取り入れた住宅部門と、オフィスで活躍する木製家具(椅子)部門があり、住宅部門は学生と一般でカテゴリーが分かれる。部門ごとに最優秀賞1点(賞金10万円)、優秀賞1点(3万円)などを選ぶ。エントリーの締め切りは、8月31日(金)午後5時。応募方法など、詳しくはこちらを参照。


2018年7月5日

第18回「聞き書き甲子園」に協力できる市町村を募集中


林野庁は、来年度(2019年度)に実施する第18回「聞き書き甲子園」に協力できる市町村を募集している。第18回からは、森・川・海の名人の技や伝統・文化を育んできた「地域」にスポットを当てることにしており、市町村単位で推薦された複数の「名人」を高校生達が訪問し、「聞き書き」をする。募集期間は、9月28日(金)まで。→詳しくは、こちらを参照。


2018年7月4日

7月28日に森林総合研究所が「夏の一般公開」開催


森林総合研究所は、7月28日(土)午前9時30分から「夏の一般公開」を開催する。研究施設の見学ツアーや講演会、自然等とふれあうサイエンス体験、ウッドクラフトと積み木遊びなど、様々なイベントが行われる。入場無料。→詳しくは、こちらを参照。


2018年7月2日

間伐・間伐材利用コンクールの募集スタート


今年度(2018年度)の間伐・間伐材利用コンクールの募集が始まった。製品づくり・利用部門と間伐実践・環境教育部門の2つのカテゴリーで、先駆的な取り組みを顕彰する。募集期間は9月7日(金)まで。表彰式は10月下旬に開催する予定。→詳しくは、こちらを参照。


2018年6月29日

7月20日に矢板市で林業の成長産業化と森林環境譲与税に関するシンポジウム


矢板市林業・木材産業成長化推進協議会は、7月20日(金)に矢板市文化会館で、「林業の成長産業化に向けた市町村の森林環境譲与税の活用を考えるシンポジウム」を開催する。「森林管理業務における法的知識の重要性」をテーマに、品川尚子弁護士らが講演する。定員200名。参加費無料。→詳しくは、こちらを参照。


2018年6月27日

東京都が「モクコレ2019」の運営事業者を募集中


東京都は、来年(2019年)1月29日(火)から30日(水)にかけて東京ビッグサイトで開催する「WOODコレクション(モクコレ)2019」の運営事業者を募集している。応募期間は7月2日(月)正午までで、期間内に企画提案への参加意思を表明することが必要。→詳しくは、こちらを参照。


ページの上端へ

J-FIC Newsのカテゴリー