イベント・シンポジウム・表彰・募集 のカテゴリーを表示しています

2014年11月27日

富山県が第68回全国植樹祭の大会テーマを募集


富山県は、平成29年春に開催する「第68回全国植樹祭」の大会テーマを募集している。大会の基本方針を簡潔に表現し、富山県らしさや富山県の魅力を伝えられる標語・スローガンなどを求めているが、「富山」などの地名や「きときと」などの方言は使用不可。→詳しくは、こちらを参照。


2014年11月25日

12月11日に『森とつながる、「都市での木づかい」シンポジウム』


美しい森林づくり全国推進会議と林業復活・森林再生を推進する国民会議は12月11日(木)午後2時から、東京都江東区の東京ビッグサイトレセプションホールAで『森とつながる、「都市での木づかい」シンポジウム』を開催する。環境展示会『エコプロダクツ2014』と併催行事として実施するもので、伊香賀俊治・慶應大学教授の基調講演などが予定されている。定員約350名。参加費無料。→詳しくは、こちらを参照。


2014年11月21日

PEFC日本事務所が10周年フォーラム、SGECも共催


日本事務所を開設して10周年を迎えたPEFCアジアプロモーションズが10月30日に東京都内で記念フォーラムを開催し、国内外から約120名が出席した。PEFCに加盟し、相互承認手続きに入っている緑の循環認証会議(SGEC)も共催した。→詳しくは、「林政ニュース」第497号(11月19日発行)でどうぞ。


全国初契約「山の日」分収造林で植樹、英語ツアーも


東北森林管理局は10月10日に、全国初の「山の日」制定記念分収造林契約を締結した青森市の東奥学園高等学校の2年生約240名とともに、蓬田村内の国有林でスギ苗木約4,000本を植え付けた。「山の日」制定記念分収造林は、全国の国有林野を対象に平成29年3月まで契約者を募集している(分収割合は、国100分の20、造林者100分の80)。


2014年11月20日

花粉問題対策事業者協議会が12月3日に「秋季フォーラム」


花粉問題対策事業者協議会は、12月3日(水)午後1時30分から東京の秋葉原UDXGalleryで今年度(平成26年度)の「秋季フォーラム」を開催する。来シーズンの花粉飛散予測が発表され、身近な花粉予防対策が紹介される。→詳しくは、こちらを参照。


2014年11月19日

11月20日まで林政審議会の委員を公募中


林野庁は「林政審議会」の委員を募集している。募集人員は2名程度。応募できるのは、①森林・林業・木材産業問題に関心のある方、②平日に開催される会議に出席できる方(年5回程度)、③平成27年1月6日現在で満20歳以上70歳未満の方、④日本国籍を有する方。募集期間は、11月20日(木曜日)(当日消印有効)まで。→詳しくは、こちらを参照。


2014年11月18日

増上寺で11月20日にシンポ「木で、未来をつくろう2014」


11月20日午後2時から、東京都港区の増上寺でシンポジウム「木で、未来をつくろう2014」が開催される。米プリッカー賞を受賞した建築家の坂茂氏によるトークセッション(ラジオ公開収録を含む)や専門家によるパネルディスカッションが予定されている。→詳しくは、こちらを参照。


2014年11月17日

海岸林再生へ新たに2箇所で民間団体を公募


国土緑化推進機構は11月10日に東京都内で「『海岸防災林再生活動』説明会2014」を開催し、東日本大震災で被害を受けた海岸林を再生するため、新たに宮城県東松島市の新堀向国有林(約3ha)と福島県相馬市の大洲国有林(約1・17ha)で民間団体の協力を求めることにした。来年春から植栽を始める計画。→詳しくは、こちらを参照。


2014年11月14日

予算確保目指し「全国森林組合代表者大会」を開催


11月13日に東京都千代田区の砂防会館で「全国森林組合代表者大会」が開催された。全国各地から約700人が参集し、林業関係予算の確保や「ウッドファースト社会」の実現などを決議した。→詳しくは、次号「林政ニュース」(第497号、11月19日発行)でお伝えします。


11月23日に第2回木暮人国際映画祭を開催


(一社)木暮人倶楽部は、11月23日(日)正午(12時)から東京都港区浜松町の港区立神明いきいきプラザ体育館で、第2回木暮人国際映画祭を開催する。森や木をテーマにしたアニメーションや映画、映像を上映し、来場者による投票で受賞作品を決定する。入場無料。詳しくは、こちらを参照。


2014年11月13日

12月12日に東京でハイブリッド治山構造物講習会を開催


土と木のハイブリッド治山構造物講習会実行委員会(委員長:石川芳治東京農工大学大学院教授)は、12月12日(金)午後1時30分から東京都港区の航空会館9階において、「土と木のハイブリッド治山構造物」講習会を参加する。ハイブリッド構造物の静的耐力や侵食耐性、設計・施工、カラマツやスギ、ヒノキによる木製治山構造物の腐朽度実態調査について研究者らが講演する。参加費無料。定員は50名(先着順)。申し込み方法など詳しくは、こちらを参照。


2014年11月11日

第53回農林水産祭天皇杯に医師の山川弘保氏


53回目となる今年度(平成26年度)農林水産祭(農林水産省・日本農林漁業振興会主催)の受賞者が決まった。林産部門の最高賞である天皇杯には、岐阜県郡上市で140haの森林を経営している医師の山川弘保氏(55歳、「林政ニュース」第496号参照)が選ばれた。


全天連と家具振興会がIFFT展で「合法木材」の共同ブース


全国天然木化粧合単板工業協同組合連合会(全天連)と日本家具産業振興会は、11月26日から28日まで東京ビッグサイトで開催される「IFFTインテリアライフスタイルリビング」に、「合法木材」をPRするブースを共同出展する。合法木材を使った家具やツキ板製品を展示するとともに、説明パンフレットを来場者に配布する。問い合わせ等は、全天連(TEL:03-35601-4021)へ。


2014年11月10日

12月6日に「福島の森林・林業再生に向けたシンポジウム」


林野庁は12月6日(土)午後1時30分から、福島市の福島県青少年会館で「福島の森林・林業再生に向けたシンポジウム」を開催する。東京電力福島第1原発事故による放射性物質の影響について最新の知見を交換し、今後の対策を考える。定員200名。→詳しくは、こちらを参照。


2014年11月6日

11月10日に大手町で「海岸防災林再生活動」説明会


国土緑化推進機構は11月10日(月)午後1時から東京都千代田区の大手町サンスカイルーム会議室Aで、「『海岸防災林再生活動』説明会2014」を開催する。NPOや企業などを対象に、東日本大震災で被災した海岸防災林の再生に向けた協力を呼びかけるとともに、セミナーやポスターセッションも行う。定員150名程度。詳しくは、こちらを参照。


ページの上端へ

J-FIC Newsのカテゴリー