イベント・シンポジウム・表彰・募集 のカテゴリーを表示しています

2015年3月3日

3月7日に木と建築で創造する共生社会実践研究会が総会開催


木と建築で創造する共生社会実践研究会(A-WASS、「林政ニュース」第428号参照)は3月7日(土)午後1時30分から、東京都文京区の東洋大学白山キャンパス(1号館6階1601教室)で第2回総会を開催する。同研究会は、「会友」(年会費2,000円)として入会し、1年間研修会等に参加(参加費1回1,000円)すると、2年目から「会員」(年会費2万円、研修会等の参加費無料)になれる。7日の総会では、岩手大学の岡田秀二教授が「緑の産業革命を興そう」を演題に講演し、会員・会友以外でも傍聴できる(参加費1,000円)。午後5時から懇親会も開催する(会費3,000円)。参加希望者は、事前登録が必要(FAX:03-3249-5133、E-mail:hanaoka@bdvision.co.jp)。詳しくは、こちらを参照。


2015年3月2日

第68回全国植樹祭の大会テーマは「かがやいて 水・空・緑のハーモニー」


富山県は2月27日、同県で平成29年春に開催する第68回全国植樹祭の大会テーマが決まったと発表した。一般公募を行ったところ39都道府県から1,434点の応募があり、濱田典佳さん(黒部市)の「かがやいて 水・空・緑のハーモニー」が選ばれた。詳しくは、こちらを参照。


2015年2月27日

PEFCとの相互承認へ、3月25日にSGEC認証制度説明会


緑の循環認証会議(SGEC)は3月25日(水)午後1時30分から、東京都千代田区の日本治山治水協会会議室で、SGEC認証制度説明会を開催する。PEFCとの相互承認(「林政ニュース」第497号参照)の手続きを進める上で必要な文書(SGEC認証規格等)などについて検討する。参加費は、資料代など1人1,000円。参加申し込み締め切りは、3月20日(金)。詳しくは、こちらを参照。


2015年2月26日

「みどりとふれあうフェスティバル」への出展者を募集


林野庁は、5月9日(土)・10日(日)に東京都千代田区の日比谷公園で行う第25回みどりの感謝祭の併催行事「みどりとふれあうフェスティバル」へ出展する企業・団体を募集している。展示内容は、①森や花に関連する製品・サービス、②木製品、③企業のCSR・環境活動、④生物多様性保全、⑤東北復興支援など。申し込み締め切りは、3月6日(金)。詳しくはこちらを参照。


2015年2月25日

3月21日の国際森林デー記念イベントへの参加者を募集


林野庁は3月21日(土)に東京都江東区の「海の森」で開催する国際森林デーの記念イベントに参加する人を募集している。各国大使館などの家族らと交流し、植樹を行う。募集人数は300名(4歳以上)。申し込み期限は2月28日(土、必着)。詳しくはこちらを参照。


2015年2月24日

3月24日に輸出向け木材産地等連携促進セミナーを開催


日本木材輸出振興協会は、3月24日(金)午後1時30分から、東京都文京区の日中友好会館で、輸出向け木材産地等連携促進セミナーを開催する。輸出に向けた取り組み状況について、企業や森林組合、行政の関係者が講演する。パネルディスカッションでは、輸出課題の解決に向けて必要とされる連携について議論する。定員100名(定員になり次第締め切り)。申し込み方法など、詳しくはこちらを参照。


2015年2月20日

オーストリア林業機械実演会視察ツアーへの参加者を募集中


山陽商事(株)は、オーストリア林業機械実演会(Austrofoma2015)視察ツアーへの参加者を募集している。4年に1度開催される同実演会を訪れるほか、コンテナ苗の生産工場やCLT建築物なども見学する。期間は10月5日(月)~11日(日)。費用は約20~25万円(日本~オーストリア間の航空券含まず、ウィーン空港集合・解散)。オプショナルツアーとして、マイヤー・メルンホフ・フォレストテクニック社のタワーヤーダ体験研修も行う。詳しくは、こちらを参照。


2015年2月19日

木質ペレットの国際動向と日本市場についてのフォーラム開催


ペレットクラブは、フォーラム「木質ペレットの国際動向と日本市場の発展」を東京と京都で開催する。欧州のペレット市場の現状や日本の市場の動向などについて、欧州ペレット協議会会長やフィンランド技術研究センター研究員が基調講演を行い、ペレットクラブ担当者らが話題提供する。東京会場は、東京都文京区の東京大学弥生講堂で3月3日(火)、京都会場は、京都市下京区の京都リサーチパークで3月5日(木)に開催する。開始時間は午後1時。プログラム内容は両会場とも同じ。参加費無料。申し込み締め切りは、2月27日(金)。問い合わせは、こちらを参照。


2015年2月18日

2月26日に「鋼構造オフィスビル床のCLT化」研究成果報告会


山佐木材(株)と「超高層ビルに木材を使用する研究会」は、2月26日(木)午後1時30分から東京都江東区の木材会館で、「鋼構造オフィスビル床のCLT化」研究成果報告会を開催する。林野庁委託事業によって得られた接合方法などに関するデータを示す。定員150名。参加費無料(意見交換会は会費4,000円)。申し込み締め切りは、2月19日(木)。詳しくは、こちらを参照。


2015年2月16日

2月18日に研究成果発表会「REDDプラスの扉を開く!」


(独)森林総合研究所のREDD研究開発センターは2月18日(水)午後1時15分から、東京都千代田区のイイノホールで研究成果発表会「REDDプラスの扉を開く!『カギ』となる技術の探求」を開催する。REDD推進体制緊急整備事業の進捗状況などを、講演やパネルディスカッション、ポスターセッションなどを通じて紹介する。詳しくは、こちらを参照。


2015年2月12日

占冠村で第1回山菜料理コンクール、3月2日から募集開始


北海道の占冠村や旭川大学、(株)星野リゾートトマムなどが協力して、新年度(平成27年度)から「山菜料理コンクール」をスタートさせる。3月2日(月)から4月14日(火)まで募集を受け付け、1次審査で8点程度を書類選考し、6月6日(土)に占冠村コミュニティプラザで2次審査を実施、実際に調理を行って、最優秀賞1点、優秀賞2点を決定する。問い合わせ等は、日本森林林業振興会旭川支部(TEL:0166-61-1092)へ。→詳しくは、「林政ニュース」第501号(1月28日発行)でどうぞ。


2015年2月10日

銀座で「信州・ぎふの木まるごと紹介セミナー」を実施


長野県と岐阜県は2月3日に東京都中央区の「銀座NAGANO」で「信州・ぎふの木まるごと紹介セミナー」を開催した。両県は2年前から県産材の販路開拓事業に連携して取り組んでおり、今回は首都圏の設計事務所や工務店の関係者を招いてビジネスミーティングを行った。→詳しくは、「林政ニュース」第502号(2月11日発行)でどうぞ。


ミス日本みどりの女神を「みどりの広報大使」に任命


農林水産省は2月5日に、「第47回ミス日本コンテスト大会」で、初代ミス日本みどりの女神に選ばれた佐野加奈さんを「みどりの広報大使」に任命した。佐野さんには同日、西川農林水産大臣から任命状が手渡された。→詳しくは、「林政ニュース」第502号(2月11日発行)でどうぞ。


2015年2月9日

3月3日に東京農大世田谷キャンパスで山村振興セミナー


東京農業大学の農山村支援センターは3月3日(火)午後3時から、同大学世田谷キャンパスで山村振興セミナー「木質バイオマスを活用した山村の地域活性化を改めて考える~発電、熱利用の課題と可能性~」を開催する。北海道下川町、岩手県紫波町、岡山県真庭市、徳島県三好市の取組事例が報告された後、パネルディスカッションを行う。参加費無料(申し込み制)。詳しくは、こちらを参照。


2015年2月6日

住木センターが3月12日にCLTに関する講演会


日本住宅・木材技術センターは3月12日(木)午後1時30分から、CLTに関する講演会を東京都江東区の木材会館で開催する。林野庁の平成26年度補助事業を使った(株)長谷萬や(株)ナイスなどの取り組みが報告され、CLTの普及方法について考える。定員180名。入場無料(要事前申し込み、定員になり次第締め切り)。詳しくは、こちらを参照。


ページの上端へ

J-FIC Newsのカテゴリー