イベント・シンポジウム・表彰・募集 のカテゴリーを表示しています

2014年4月30日

5月1日から林業技士・森林情報士の募集を開始


日本森林技術協会は5月1日(木)から、今年度(平成26年度)の林業技士養成研修(6部門)と森林情報士養成研修の受講者募集を始める。受け付け期間は、林業技士が6月30日(月)、森林情報士が6月15日(日)まで。詳しくは、こちらを参照。


2014年4月25日

森林レクリエーション地域美化活動コンクールの受賞者が決定


全国森林レクリエーション協会は、第26回森林レクリエーション地域美化活動コンクールの受賞団体を発表した。森林愛護団体や小学校、中学校など37の団体が応募し、なか・やちよの森公園運営協議会(兵庫県多可町)が農林水産大臣賞を受賞した。林野庁長官賞には、小泉山体験の森創造委員会(長野県茅野市)、特定非営利活動法人恵那山みどりの会(岐阜県中津川市)の2団体が選ばれた。表彰式は、6月5日(木)午後3時から東京都文京区の「林野会館」で行われる。受賞団体など詳しくは、こちらを参照。


2014年4月24日

第24回「みどりの文化賞」は前・梼原町長の中越武義氏


国土緑化推進機構は、第24回「みどりの文化賞」を前・梼原町長の中越武義氏(71歳)に贈ることを決めた。中越氏は、3期12年にわたって梼原町長をつとめ、風力発電による売電収益を環境基金として積み立て、森林整備費等に還元させる仕組みを導入したほか、森林づくり基本条例の制定や梼原森林組合によるFSC認証の取得(団体認証では国内初)、ゆすはらペレット(株)の設立など、森林資源を総合的に活用した取り組みを展開した。表彰式は、5月10日に日比谷公園で開催する第24回森と花の祭典「みどりの感謝祭」の式典において行う。


2014年4月21日

山形県の「もりしあ」が広報誌コンクールで長官賞受賞


山形県が「やまがた緑環境税」を活用して発行している広報誌「森と人をつなぐ情報誌 もりしあ」が、第48回林業関係広報コンクール(全国林業改良普及協会主催)の広報誌部門で最優秀賞(林野庁長官賞)を受賞した。「もりしあ」は、10月と2月の年2回、1万部ずつ発行し、県内の金融機関や商業施設、市町村施設などで配布している。表彰式は、5月30日に東京都内で行われる。


2014年4月18日

「治山功績者」を表彰、大臣賞・長官賞・会長賞を贈る


日本治山治水協会(山口俊一会長)は、治山事業100周年記念事業の一環として「治山功績者」の表彰式を4月9日に東京都内で行った。次の28名に、農林水産大臣賞(4名)、林野庁長官賞(8名)、日本治山治水協会長賞(16名)が贈られた。

●農林水産大臣賞
太田猛彦(埼玉県、東京大学名誉教授)
新潟県治山ボランティアセンター(新潟県、富永功一会長)
日鐵住金建材(株)(東京都、増田規一郎社長)
京都府木製治山施設調査研究会(京都府、青合幹夫初代代表)

●林野庁長官賞
新谷融(北海道、北海道大学名誉教授)
特定非営利活動法人北海道魚道研究会(北海道)
一般社団法人秋田県林業コンサルタント(秋田県)
御前崎市海岸防災林保護組合(静岡県)
鈴木隆司(愛知県、元県職員)
倉良重良(徳島県、元県職員
江﨑次夫(愛媛県、愛媛大学名誉教授)
ロープネット・ロックボルト併用工法研究会(兵庫県、会長=沖村孝・神戸大学名誉教授)

●日本治山治水協会会長賞
米澤正(秋田県、元県職員)
特定非営利活動法人庄内海岸のクロマツ林をたたえる会(山形県)
荒川純一(栃木県、元県職員)
笹川兼由(栃木県、元県職員)
金沢市海岸砂防協会(石川県)
井口志津夫(岐阜県、元県職員)
深津康雄(岐阜県、元県職員)
藤澤善幸(岐阜県、元県職員)
掛川市海岸防災林保護組合(静岡県)
髙木博道(広島県、元県職員)
佐伯清(山口県、元県職員)
一般社団法人長崎県林業コンサルタント(長崎県)
長崎県林野地すべり対策チーム 代表 早稲田正(長崎県、元県職員)
小川仁(宮崎県、元県職員)
愛媛県森林組合連合会(愛媛県)
市村正彦(長崎県、元県職員)


地域型住宅ブランド化事業の補助対象グループを募集


国土交通省は、平成26年度地域型住宅ブランド化事業で補助対象となる中小住宅生産者らのグループを募集している。補助額は、地域材を使用した住宅建設工事費の1割以内(住宅1戸当たり上限100万円)。採択グループは、学識経験者から構成される「地域型住宅ブランド化事業評価委員会」で決定する。応募受け付けは5月12日(月)まで。問い合わせなど、詳しくは、こちらを参照。


2014年4月17日

「オーストリア林業の理論と実践を学ぶ」体験研修参加者を募集


山陽商事(株)とマイヤーメルンホフ・フォレストテクニック社は、オーストリアで伐採とタワーヤーダによる集材を学ぶ体験研修を開催する。研修地はピヒル森林研修所とマイヤーメルンホフ・フォレストテクニック社の社有林などで、研修期間は7月7日(月)から11日(金)までの6泊7日。架線集材の理論を学ぶほか、最新式のタワーヤーダによる架設から撤去までをマスターする。費用は34万8,000円(研修代、テキスト代、宿泊代、食事代含む)。現地までの渡航費は各自負担。定員は10名(定員になり次第締め切り)。問い合わせは、山陽商事(株)フォレストデザイン事業部(TEL:0868-26-1036)へ。


2014年4月16日

5月12日に公開シンポ「ゲノム情報が拓く我が国の林業と森林管理」


森林総合研究所は、5月12日(月)午後1時から東京大学弥生講堂・一条ホールで公開シンポジウム「ゲノム情報が拓く我が国の林業と森林管理」を開催する。井出雄二・東京大学大学院農学生命科学研究科教授と矢野昌裕・農業生物資源研究所農業生物先端ゲノム研究センター長が基調講演した後、森林総研の研究者らが話題提供をする。参加費無料。→詳しくは、こちらを参照。


2014年4月15日

平成26年度樹木医研修受講者の募集は5月1日から


日本緑化センターは5月1日(木)から、平成26年度樹木医研修受講者の募集を始める。応募資格は、業務経験が通算して7年以上の者で、樹木医補の場合は認定後の業務経験が1年以上の者。応募受付期間は6月10日(火)までで、試験日は7月27日(日)。受験手数料は1万8,000円。第2次審査(研修)の期間は、第1期が9月29日(月)~10月11日(土)、第2期が10月13日(月)~10月25日(土)で、研修費用は8万5,000円。→詳しくは、こちらを参照。


2014年4月14日

緑化センターが「自然再生士特別認定講習会」を開催


日本緑化センターは、今年度と来年度の2年間に限り、「自然再生士特別認定講習会」を開催する。①1級造園施工管理技士、②登録ランドスケープアーキテクト(RLA)、③樹木医のいずれかの資格保有者が対象。自然再生士のレベルアップと組織化を図るため、大阪と東京の2会場で行う。→詳しくは、こちらを参照。


2014年4月11日

森林インストラクターの1次試験は9月28日


全国森林レクリエーション協会は、今年度の森林インストラクター資格試験の日程を発表した。1次試験(筆記)は、9月28日(日)に、札幌市、東京都、名古屋市、大阪府、高知市、福岡市で行う。2次試験(実技・面接)及び講習は、11月15日(土)、16日(日)のいずれか1日、東京都内で行う。受験料は、1万8,000円。最終合格者の発表は、12月中旬頃を予定している。→詳しくは、こちらを参照。


2014年4月9日

「林業生産専門技術者」育成プログラムの受講者を募集中


鹿児島大学農学部は、「林業生産専門技術者」育成プログラムの平成26年度受講者を募集している。対象は、森林組合や林業事業体等の生産管理者(班長、監督、現場代理人等)かその候補者。募集予定数は10名で、先着順で受け付ける。修了者には、学校教育法に基づく「履修証明書」が発行され、キャリアアップのための職業能力証明に活用できる。受講料は4万1,160円。申込期限は4月25日(金)。詳しくは、こちらを参照。


2014年4月7日

応援団に元モーニング娘。「サポーターズ」に登録


3月29日から30日にかけて横浜市のパシフィコ横浜で開催された環境イベントの併催行事として、国際森林デー記念「森と木の子育てひろば in YOKOHAMA・2014春」が行われ、元モーニング娘。の中澤裕子さん、飯田佳織さん、辻希美さんが参加。「フォレスト・サポーターズ」に登録した上で、東北産材を使ったチャリティカレンダーづくりや木育ブースなどで来場者と交流した。


2014年4月4日

「豊森(とよもり)なりわい塾」の第4期生を募集


トヨタ自動車(株)はNPO法人地域の未来・支援センター及び豊田市と協働で実施している人材育成プロジェクト「豊森(とよもり)なりわい塾」の第4期生を募集している。5月から来年3月まで、毎月1回・原則第3土・日曜日の2日間、愛知県豊田市内で行う講座に参加できる18歳以上の人が対象。受講料は2万円(全回分、交通費等は自己負担)。定員は20名程度。申込期限は4月20日(日)。詳しくは、こちらを参照。


2014年4月2日

ミャンマーで植樹しバガン仏教遺跡を訪ねる旅、参加者募集


国土緑化推進機構はミャンマー緑の募金事業として、6月25日(水)から29日(月)までの5日間、ミャンマー中央乾燥地域「チャウカンコミュニティーフォレスト」の植樹とバガン仏教遺跡を訪ねる旅を行う。同国の荒廃地で進められている住民参加型の植林事業に協力するとともに、世界3大仏教遺跡の1つといわれるバガン遺跡を見学する。定員20名(最少催行人員15名)。旅行代金は、1人あたり14万7,000円。申し込み締め切りは、4月18日(金)。詳しくは、こちらを参照。


ページの上端へ

J-FIC Newsのカテゴリー