林政ニュース第245号

林政ニュース第245号


在庫あり
発行日:2004年05月26日

「林政ニュース」バックナンバーの購入

定価:625円(税込675円)

お支払い方法・・・郵便振替後払い/銀行振り込み
御注文後2〜4日でお届けします(国内のみ)
※PDF版は翌営業日にお送りいたします。


購入についての詳細ページへ >>

「林政ニュース」定期購読もぜひどうぞ

『林政ニュース』ご購読 >>

主な内容

【ニュース・フラッシュ】
森林保険など特別会計に「成果目標」導入  「骨太方針」に明記、有識者検討委設置
JAS制度抜本改正へ中間とりまとめ案  「Ⅰ種格付」廃止、流通段階でフォロー
木質バイオ・メタノール製造プラント  中部電力が国内初、実証試験スタート
全木連会長に庄司橙太郎氏(東京)が就任
 ▽木材製品の原産地など表示、8月メドに協議会設立
温暖化ガス増加で「税など大胆な追加対策検討」環境相
図工の教科書に間伐材が登場——開隆堂出版

【緑風対談】
見えてきた来年度林野予算要求の目玉  間伐次期対策は3年、地域再生も焦点
 ▽キーワードは「温暖化防止」と「地域再生」
 ▽団地化、強度間伐などで効率化、19年度までに成果
 ▽造林未済地3カ年で解消、奥地保安林整備も目玉
 ▽森業・山業の創出で新対策、木づかい運動展開へ

【地方のトピックニュース】
「秋田スギ利活用推進福祉特区」が誕生  高齢者福祉施設などの耐火基準を緩和
CO2排出削減対策へ都環境審議会が答申  評価制度など強化、キャップ制は見送り
天然根曲がり杉のネット販売スタート  異業種組合ウッドストックが家具など
琵琶湖森づくり財源確保へ滋賀県が「懇話会」設置
山形・庄内地方の森林組合が中国へ試験輸出
天竜林業高に「森林インストラクターコース」新設
東京都「森づくり推進プラン」策定、森林産業創出へ
「馬瀬地方自然公園研究会」に環境大臣賞、清流保全と森づくりで
中国「友好の森」活動に北海道民ら300人 、堀前知事も参加
箕面国有林で遠足、環境保全ふれあいセンターが取組第1弾

【カレント・クリップ】
里山再生で始まる“コモンズ”形成への挑戦
 ▽孤立した過疎地に注目、真のグリーンツーリズム模索
 ▽旧入会地の茅場に着目、40年ぶり「火入れ」実現
 ▽現代版「入会慣行」を追究、里山利用の新たなルールに
 ▽森林と都市をつなぐ「コモンズ」を見つめ直す
 
【人事・消息】高澤前旭川分局長が全林協専務に
 
【データ・ファイル】都道府県林務環境部局の4月人事異動一覧

【りんせいダイアリー300秒】
吸収源対策具体化へ2つの研究レポート
神奈川県木材課長に伊藤忠元常務の宮氏
長野県「信州の木」利用推進へ民間登用
全国造生協と全素協の新会長に高橋勲氏
「木材PR週間」検討具体化へ、全市連
崔・韓国山林庁長官が来日、共通認識確認
UNFFが9月に「森林条約」など議論
「いつもと違う」山火事防止キャンペーン
道産間伐材マークとキャッチコピー決まる

【広 告】日本林業土木(株)