林政ニュース第246号

林政ニュース第246号


在庫あり
発行日:2004年06月09日

「林政ニュース」バックナンバーの購入

定価:625円(税込675円)

お支払い方法・・・郵便振替後払い/銀行振り込み
御注文後2〜4日でお届けします(国内のみ)
※PDF版は翌営業日にお送りいたします。


購入についての詳細ページへ >>

「林政ニュース」定期購読もぜひどうぞ

『林政ニュース』ご購読 >>

主な内容

【ニュース・フラッシュ】
レクリエーションの森」検討会を設置  森林セラピー活用、費用負担など議論
小型焼却炉の規制緩和へ、設備基準見直し  環境省が方針転換、業者負担に配慮
「骨太方針」決定、緑の雇用、木材利用など明記
地域の視点で補助金改革——地域再生本部
「農林水産業から日本を元気にする国民会議」が旗揚げ

【トップ企業に聞く最新環境戦略①】
「カートカンで森林を育む」——このメッセージを伝えたい
  内藤由治・(株)ポッカコーポレーション代表取締役社長
 ▽発売当初は相手にされず、「継続力」が実を結ぶ
 ▽「もりかみ協議会」は大きな運動で消費者にアピールする
 ▽ビジネスとして独り立ちさせるための戦略は?
 ▽新税議論の前に将来ビジョンを、カートカンは100円以下に

【緑風対談】
転機の国有林関連団体、今後の展望は?  トップを退いた田中・元林野庁長官に聞く
 ▽林業団体総会シーズン、会長交代など目立つ
 ▽労災保険料率下げは大成果、団体統合もスムーズ
 ▽木信協の破綻は林業金融の難しさを物語る
 ▽民・国一体で現状打破、地域で存在感示せ

【地方のトピックニュース】
東京都が緑地保全で「新戦略」具体化へ  民設公園制度、減税など優遇措置も
「ひょうごエコタウン」がバイオ事業化  水素製造、ガス化、集積センターなど
治山事業など「ハード整備」から転換、長野県
中津江村が合併にらみ新財団設立へ、水源林整備など
木質バイオ普及へグリーンマネー導入、北見・研究会
「山門水源の森」の利用と保全テーマにシンポ開催
100年後睨み「森林づくりプラン21」策定、広島市
セレッソ大阪「森林を守ろうキャンペーン」実施中!
民・国連携具体化へ「専門部会」設置、三重県と近畿中国局
多彩な企画で演出、「第55回全国植樹祭」など開催、宮崎県

【カレント・クリップ】
出雲発「水素社会プロジェクト」が始動!
 ▽DM2水素プラント導入へ、会長に横山伸也・東大教授
 ▽「森林環境再生」へ2億8000万円、自力でもやる
 ▽地域特性活かし、「世界初」の最先端技術に挑戦
 
【人事・消息】
本山氏は日林協理事、岩田氏は林災防部長
林業土木コンサル理事長に小川氏、機械化協会会長に高橋氏
 
【データ・ファイル】都道府県林務環境部局の4月人事異動一覧 ②
 
【りんせいダイアリー300秒】
林野庁OBの島俊雄氏に河川功労者表彰
乾しいたけの1/4が不適正表示
農林基金が新保証「グリーンサポート」
全国野鳥保護のつどい、来年5月に宮崎で
「エコスクール」全国展開へ環境省が調査
箕面・ふれあいセンターが活動方針を発表
南種子町・竹崎漁港の木製防風柵に優秀賞

【広 告】日本林業土木(株)