林政ニュース第280号

林政ニュース第280号


在庫あり
発行日:2005年11月09日

「林政ニュース」バックナンバーの購入

定価:625円(税込675円)

お支払い方法・・・郵便振替後払い/銀行振り込み
御注文後2〜4日でお届けします(国内のみ)
※PDF版は翌営業日にお送りいたします。


購入についての詳細ページへ >>

「林政ニュース」定期購読もぜひどうぞ

『林政ニュース』ご購読 >>

主な内容

【ニュース・フラッシュ】
◆副大臣の森林・林業再生PTが「中間整理」 校舎木造化、森林所有者の負担軽減を
 ▽解説 輸入材への課税構想も出たが…
◆環境税の具体案を公表、税収は森林整備に 炭素1トン2,400円、原油高に配慮
 ▽森林整備の追加事業費200億円上積みを、林野庁が再試算
◆老人ホーム等の木造化推進、厚生省令改正 秋田特区で認めた規制緩和を全国展開
 ▽2階建て特養老人ホームの木造化へ、愛媛提案も認める
◆林木育種センター、森林総研に統合の見通し
◆無人ヘリ防除基準ヒアリング、反農薬グループも意見表明
◆沖縄の国有林面積再調査へ、会計検査院が改善要求
◆自民党に木材等需要拡大プロジェクトチーム設置
◆副大臣の道州制PT、地方支部局の事務は移譲を
◆農相に前経産相の中川氏、2度目の登場

【短期連載】遠藤日雄の熱筆レポート スギ利用最前線・九州からの報告⑤
◆桁外れの大口需要—中国木材伊万里・本格稼働の衝撃—
 ▽スギ丸太30万m3が必要、納入パイプは2つ
 ▽丸太9千円/m3、ラミナ2万円/m3が国際競争の条件
 ▽B材独自の流通ルート形成で価格が上がる

【緑風対談】
◆特会・公務員改革で国有林独法化? 波紋広げる経財会議民間議員の提案
 ▽特会改革に3つの原則、一般会計への吸収など
 ▽国有林特会は2項目に該当、森林保険は民間に
 ▽「森林管理関係の独立行政法人化」とは?
 ▽長期低利の農林金融は「存続すべき分野」

【地方のトピックニュース】
◆東北・北陸の日本海側でナラ枯れ急拡大 山形・置賜地方で研修会、危機感強まる
◆大阪府がフォレストアドプト制度を導入へ 温暖化防止条例で森林のCO2削減評価

◆「大分方式乾燥材」を供給、無償提供も 高温セットと天乾を融合、4工場認証
◆四国の森づくり140団体がネットワーク設立
◆「三重の森林づくり条例」を制定、知事が「基本計画」
◆「企業の森」に連合和歌山、サントリーが参画
◆ブラッシュカッター導入に挑む——道局森林技術センター
◆学校林「谷本の森」の活用法学ぶ——オイスカがフォーラム
◆「札幌水源の森づくり2005&秋季市民植樹祭」を開催
◆「不登校生徒のための森林体験活動」を実施——箕面センター
◆「木の家づくりの極意」パンフレットを発行——静岡県木連

【グローバル・ウォッチ】
◆フィンランドが新林業税制に移行 伐採意欲に翳りも
 ▽旧税制からの移行期間が終了、新税制に一本化へ
 ▽変更前にかけこみ伐採、来年以降は減産予想
◆東京でヨーロピアン・ウッド・デー開催

【りんせいダイアリー300秒】
◆環境税創設へ集会続く、11月18日全国大会
◆16年度の林業所得(全国平均)は42万円
◆塚本隆久・元林野庁長官らが叙勲
◆3府県・局ボランティア支援で意見交換会
◆生しいたけ(原木栽培)の経営収支悪化

【表 紙】創立100周年を迎えた独立行政法人森林総合研究所が11月1日に東京・虎ノ門パストラルで記念式典を行った。大熊幹章理事長は    研究所のあるべき姿を展望し「ミッションステートメント」を公表。また、「日本の将来にとってなくてはならない先導的研究機関を目指す」と述べた。

【広 告】日本林業調査会(J−FIC)の図書案内