林政ニュース第315号

林政ニュース第315号


在庫あり
発行日:2007年04月18日

「林政ニュース」バックナンバーの購入

定価:625円(税込675円)

お支払い方法・・・郵便振替後払い/銀行振り込み
御注文後2〜4日でお届けします(国内のみ)
※PDF版は翌営業日にお送りいたします。


購入についての詳細ページへ >>

「林政ニュース」定期購読もぜひどうぞ

『林政ニュース』ご購読 >>

主な内容

【表 紙】「全国国産材安定供給協議会」設立総会を開催

【ニュース・フラッシュ】
◆強い林業・木材産業へ、18年度『白書』 外材価格上昇で「活性化に絶好の機会」
◆花粉発生源対策プロジェクトチームを設置 前倒し策を検討、予算要求までに工程表
◆作業路作設を強化、手引き・事例集配布 施工のポイント整理、造林補助も改善
 ▽9割の事業体が開設単価2,000円/m以下可能
◆世界の動き 北米で進むM&A、苦境会社が生き残り図る

【インタビュー】辻健治・林野庁長官に新年度の抱負を聞く
◆林業復活・吸収源対策・国有林改革に全力
 ▽国産材原木の安定供給へ、全国協議会が核になる
 ▽施業プランナー・低コスト作業路の人材養成を推進
 ▽「6年間で330万ha」の閣僚合意を予算確保の礎に
 ▽国有林の一部独法化へ制度設計、22年に法案提出

【遠藤日雄のルポ&対論】
◆三陸木材・ランバー、さらなる飛躍への課
 ▽ラミナ足りず月2,000m3止まり、乾燥機増設へ
 ▽業績好調、ムクKDより高くても集成材にシフト
 ▽中目丸太は「ランバー」着で1万1,880円/m3
 ▽熾烈な丸太争奪戦、待たれる山元の増産体制

【地方のトピックニュース】
◆静岡県が「森林共生基本計画」を策定 31指標に数値目標、毎年「白書」公表
 ▽浜松市も「森林・林業ビジョン」、30年後の姿を提示
◆飛騨高山森組の新工場が竣工、稼働開始 スギ中心に原木消費2万2,000m3/年
◆岩手県が「木質バイオ利用拡大プラン」策定 第2期は民間普及に力点、低廉化など課題
◆ジュオンが独自のCO2排出権取引サービス 森林吸収量を認定・販売、林地残材買取り
◆ウェザーニューズが桜の健康診断、携帯画像を活用

【先進地ルポ】1人1日10m3達成へ、マルマタ林業の挑戦

【短期連載】入門・木質バイオエタノール 実用化への課題(5)
 ▽世界的な流れは「硫酸法」から「酵素法」へ
 ▽アーミング酵母やオンサイト生産など開発進む
 ▽原料の効率的集荷、木質成分の総合利用がカギ

【グローバル・ウォッチ】
◆MTCC認証製品の欧州輸出が増加——マレーシア
 ▽9箇所の森林管理ユニット・473万haを認証
 ▽101事業体がCoC取得、オランダ・英への輸出突出
 ▽PEFCと相互承認へ、有力市場の日本も視野

【りんせいダイアリー300秒】
◆温暖化で花粉症患者増加、IPCC報告
◆森林再生基金に金山町森組ら5件が決定
◆青森事務所と林業土木協会が災害協力協定
◆低コスト路網・誘導伐システムを重点開発
◆自給率20.5%に上昇の見通し、19年需給
◆学校林保有3,057校、8%減も都市で増

【人 事】林野庁人事異動(4月16日付け)

【広 告】スカイキャリージャパン株式会社