林政ニュース第343号

林政ニュース第343号


在庫あり
発行日:2008年06月25日

「林政ニュース」バックナンバーの購入

定価:625円(税込675円)

お支払い方法・・・郵便振替後払い/銀行振り込み
御注文後2〜4日でお届けします(国内のみ)
※PDF版は翌営業日にお送りいたします。


購入についての詳細ページへ >>

「林政ニュース」定期購読もぜひどうぞ

『林政ニュース』ご購読 >>

主な内容

【表 紙】天皇、皇后両陛下を迎え秋田県で「第59回全国植樹祭」開催

【ニュース・フラッシュ】
◆温暖化に森林積極活用、政府・与党が提言 外部資金導入へ「国内森林CDM」構想も
 ▽森林吸収源のルールづくりへ、国際交渉もスタート
◆ロシア丸太輸出税は控除可能、実質外税に 今後の対応巡り北洋材関係者が意見交換
 ▽ロシア丸太輸入量400万m3、6割合板、4割製材
◆総合支援センターなど提言、山村再生研究会が報告書
 ▽解説 数値目標なく総論止まり、注目は来年度予算要求

【緑風対談】
◆間伐材コピー用紙の政府調達先送り 自民党が新作業チームで本格検討へ
 ▽古紙100%コピー用紙の調達にメド、仕切り直しに
 ▽注目はモデル事業、王子製紙(株)米子工場でキックオフ
 ▽搬出経費を軽減する新規予算を来年度要求に

【遠藤日雄のルポ&対論】
◆大径丸太の有効活用に光明 持永木材の新工場
 ▽大径丸太のブロック化で効率製材が可能に
 ▽省力化を徹底、1人1日25〜30m3の生産性
 ▽欧州モデルを日本向けに改良した「構造改革」工場
 ▽太くなるほど安くなるスギ丸太、打開策は?

【ルポ 林業を進化させる!】変革の旗手達(素材生産編)(4)
◆森林施業計画の作成主体となり着実に利益還元 (有)藤原造林
 ▽まず41haで計画認定、今年4月で80haを集約化
 ▽ha10万円を4年連続戻す、平均36歳の精鋭社員7名
 ▽安定「出口」に飯島製材所、注文受け現場から直送

【地方のトピックニュース】
◆山長商店が横架材でJAS強度表示を実現 国産材で全国初、高強度スギ平角を供給
 ▽乾燥技術向上でハードルクリア、「集成材と同じ土俵で戦う」
◆長野県「森林の里親」契約が30件に広がる 大手企業が森林整備費拠出、セガも参加
◆造林事業の受け皿に「茨城県北部林業協同組合」発足
◆静岡県森連が「こだわり七福神」、高齢ムク材住宅供給
◆山形県村山地域に果樹剪定枝の発電利用協議会
◆(協)くまもと製材の大型工場が落成、本格稼働は秋
◆岩手・宮城内陸地震で林野被害、二次災害防止に全力

【グローバルウォッチ】
◆四川大地震の救済で伐採制を緩和——中国国家林業局
▽需給バランス崩れ、乱伐につながる懸念も

【林政ダイアリー300秒】
◆昨年は乾しいたけ減少、生しいたけは増加
◆ログ協、今年も実大実験、大臣賞2点決定
◆瑕疵保証制度を普及、機械プレカット協会

【新刊紹介】
◆養老孟司・立松和平・山田寿夫・天野礼子共著『21世紀を森林の時代に』北海道新聞社
◆笠原義人・香田徹也・塩谷弘康共著『どうする国有林』リベルタ出版

【広 告】日鐵住金建材株式会社、日本林業土木株式会社