林政ニュース第407号

林政ニュース第407号


在庫あり
発行日:2011年02月23日

「林政ニュース」バックナンバーの購入

定価:625円(税込675円)

お支払い方法・・・郵便振替後払い/銀行振り込み
御注文後2〜4日でお届けします(国内のみ)
※PDF版は翌営業日にお送りいたします。


購入についての詳細ページへ >>

「林政ニュース」定期購読もぜひどうぞ

『林政ニュース』ご購読 >>

主な内容

【表 紙】三河杉を用いた名古屋市立大学薬学部の受水槽

【ニュース・フラッシュ】
◆外資の森林取得に規制、民主党PTが検討 ヒアリング終え提言へ、WTO協定が壁
◆国産LVL使用のキーラムジョイストに国交大臣認定
◆フォレスト・サーベイが作業道づくりのテキスト作成
◆四川省の地震被災地で森林再生、大西・掛部両氏が帰国報告
◆ナイス「住まいの耐震博覧会」に3日間で2万7,000人

【緑風対談】
◆公共建築物木造化の設計基準が固まる 新住生活基本計画でも「木材」重視
 ▽「木材」を明記し2月末に新基準、原則JASで
 ▽基本方針の作成も着々、住宅政策の国産材シフトが進む

【突撃レポート】
◆木製タンクで林業再生し地域振興・日本木槽木管
 ▽有名ホテルなどに納入実績、最近はあえて屋外に設置
 ▽CO2排出量は3分の1、国産スギ第1号は東京営林局
 ▽樹齢60年以上の芯去り材・赤身・板目どりが条件

【地方のトピックニュース】
◆北海道と陸自がエゾシカ駆除で初の連携 ヘリで指示し28頭捕獲、白糠町で実施
◆チップ安定供給へ福島県木材流通機構発足 原町発電所に来年度6千トン、7,500円で
 ▽カスケード利用を実現する“仕訳け”センターに
◆三隅発電所で最大級の混焼実験開始、チップ年3万トン
◆スギ花粉対策に新処理液、福島県と森林総研が共同研究
◆秋田スギで「総合家畜市場」、由利本庄市に建設
◆栃木県の緑化推進委員会と治山林道協会が12月に合併
◆ナラ枯れの原因は「地元」のカシノナガキクイムシ
◆信州産スギ・ヒノキで2×4部材、藤沢市で現地説明会
◆セラミック苗の実用化目指し、近畿中国局が造林地検討会

【報告会から】
◆エリートツリーを“高速”で広げ第3世代へ
 ▽欧米に追いつけ! 50年の育種期間を10年に圧縮可能
 ▽下刈りなど省き育林経費を大幅削減、各育種場で成果

【りんせいダイアリー300秒】
◆3月5日に吉野町で銘木と銘酒フォーラム
◆鹿沼の伝統技術をモダンに、東京で展示会
◆「顔の見える木の家」に15グループ選定
◆岩手北部署が森林環境教育研修DVD作成
◆2月25・26日に木の建築フォラム/つくば

【訃 報】山井良三郎さん2月16日逝去

【広 告】全国木材協同組合連合会