林政ニュース第475号

林政ニュース第475号


在庫あり
発行日:2013年12月18日

「林政ニュース」バックナンバーの購入

定価:800円(税込864円)

お支払い方法・・・郵便振替後払い/銀行振り込み
御注文後2〜4日でお届けします(国内のみ)
※PDF版は翌営業日にお送りいたします。


購入についての詳細ページへ >>

「林政ニュース」定期購読もぜひどうぞ

『林政ニュース』ご購読 >>

主な内容

【表紙】
国内最大級の環境展示会「エコプロダクツ2013」が12 月12 日から14 日まで東京ビッグサイトで開催された。今回は、エントランスやステージ、お休み処などを国産材で木質化した。

【ニュース・フラッシュ】
◆財源問題またも継続検討、専門チーム設置 新たな仕組み必要、来年度税制改正大綱
 ▽解説 経済界の反発は変わらないが、構図に変化も
◆次期通常国会で建築基準法改正を、自民党議連が決議
◆「みなとモデル」に新たに6自治体、計画提出は53件
◆論点を追う! 国産丸太の値上がりと品不足の実態は? 
◆平成25年度山火事予防ポスター用原画・標語入賞者を決定
◆創立20周年の「ニッセイ緑の財団」に長官感謝状を贈呈

【緑風対談】
今年度林野補正予算は約1,294億円 木材利用ポイント継続に150億円
 ▽加速化に539億円追加、しいたけ緊急対策など実施
 ▽木材ポイントは来年9月まで延長、CLTへの支援強化
 ▽広域流通対策などを前倒し、林野公共には439億円

【遠藤日雄のルポ&対論】
秋田の製材を変革するアスクウッドと門脇木材
 ▽年間原木消費10万m3にメド、売上げ18億円に
 ▽構造用集成材向けラミナの増産へ体制整備を急ぐ
 ▽素材生産との兼業で5万m3製材、3工場を運営
 ▽社有林が2,000haに拡大、大径木の活用に挑む

【木の新名所探訪】
東京・銀座の狭小地に5階建て2×4木造耐火ビル
 ▽狭い敷地を有効利用しコスト削減、国産カラマツも使用
 ▽独自の「外壁建て起こしシステム」で初の5階建て完成
 ▽空間の確保や間取りの自由度でメリット、都心で普及へ

【地方のトピックニュース】
◆八王子の新興住宅地にLVLの大型幼稚園 東京ゆりかご幼稚園が「里山教育」展開
◆朝来町に官民協働「兵庫モデル」のバイオマス発電所
◆神奈川県自然環境保全センターが「無花粉ヒノキ」を発見
◆仙北市で低コスト生産システム研修会、各種機械を試す
◆民・国連携強化へ「岩手県森林・林業政策連絡会議」発足
◆総研関西支所が里山管理の講演会、社会実験の成果を報告
◆近畿中国森林管理局と京都府立大学が連携協定を締結
 ▽清水寺で「森林の調査隊フォトコンテスト」の公開審査を実施

【シンポから】
明治神宮の森100年へ 東京本来の自然に近づく
 ▽146人の研究者が参加し、約40年ぶりに大規模調査
 ▽希少種や新種を発見、樹木数は減少し巨木化が進む
 ▽東京五輪の年に100年祭、“永遠の杜”を目指す

【りんせいダイアリー300秒】
◆森林の仕事ガイダンスを大阪・東京で開催
◆日林協が平成27年4月採用者の募集を開始
◆森林インストラクターに104名が合格
◆鹿児島大が再チャレンジ社会人を募集中
◆最新版『開発途上国の森林・林業』を発行
◆合板博物館がウッドマスター中級を初実施

【訃報】
角道謙一さん(元農林水産事務次官・元農林中央金庫理事長)