林政ニュース第481号

林政ニュース第481号


在庫あり
発行日:2014年03月26日

「林政ニュース」バックナンバーの購入

定価:800円(税込864円)

お支払い方法・・・郵便振替後払い/銀行振り込み
御注文後2〜4日でお届けします(国内のみ)
※PDF版は翌営業日にお送りいたします。


購入についての詳細ページへ >>

「林政ニュース」定期購読もぜひどうぞ

『林政ニュース』ご購読 >>

主な内容

【表紙】
大阪府木材協同組合連合会は3月6日に大阪府岸和田市の浪切ホールで「おおさかの木でモクわく♪フェスティバル」を開催。木糸を使ったファッションデザインコンペが行われ、上田安子服飾専門学校2年生・河嵜冴香さんの作品がグランプリに輝いた。

【ニュース・フラッシュ】
◆森林吸収源の財源確保へ、専門チーム始動 自民党政調の直轄機関、部会長らが揃う
◆オウシュウトウヒも木材ポイントの対象に 米国産ベイマツは37の都道府県が認可
◆林木育種センターが実務者向けに初の開発品種説明会を行う
◆建築・建材展に「みなと森と水ネットワーク会議」が初出展
◆木質バイオマス発電の買取価格は来年度も据え置き
◆隠岐島前森林組合など7件に1億1600万円を助成

【緑風対談】
青森県六戸町に国内最大のLVL工場 ガリバー企業が進出、新市場開拓へ
 ▽年間12万m3の原木消費、84億円を投じ来年3月完成
 ▽川井林業・青森県森連の存在が飯田GHDを動かす
 ▽なぜLVLか──地元製材と競合せず、将来性に期待
 ▽業界はウエルカム、まずは飯田グループへ供給

【遠藤日雄のルポ&対論】
A〜D材の安定供給に邁進する岐阜木材NC
 ▽システム販売のシェアが2割から7割にアップ
 ▽中間土場に3タイプ、仕分けの「目利き」を養成
 ▽四半期ごとに取引価格を決定、基準となるのはB材
 ▽広がってきた商圏、「山に優しい国産材流通商社」に

【突撃レポート】
ネット+輸出で100年企業へ・木桶の志水木材産業
 ▽原木の95%はサワラ、桶づくりの機械化に先鞭つける
 ▽問屋任せからネット通販へシフト、欧米の和食店に輸出
 ▽寿司桶が洗面器?本物がわかる消費者を育てていく

【地方のトピックニュース】
◆福岡市のマンション新築工事に国産材合板 転用回数など実用性を証明、都市部に販路
 ▽新栄合板工業の「チサンコート」を間仕切り壁に使用
 ▽「南洋材合板と遜色ない」、サイズへの対応などが課題
◆岸和田市で木糸ファッションデザインコンペを開催
◆「東京ゆりかご幼稚園」が完成、坪50万円に抑える
◆「日光市藤原地域公益的機能増進協定」締結、全国2番目
◆山形県とJTが2期目の「やまがた絆の森協定」を締結
◆福井署と大野市ら6者が協定、630haを連携して整備

【りんせいダイアリー300秒】
◆柴岡弘郎氏と井手久登氏にみどりの学術賞
◆3月27日に国際シンポ「森林と人類の未来」
◆長野県が全国植樹祭の大会テーマを募集中
◆多摩森林科学園「染井吉野をもっと楽しむ」
◆ログハウスコンテストへの参加作品を募集
◆ウッドマスター(基礎)講習会参加者募集

【広告】
木材表示推進協議会