【PDF】林政ニュース第574号

【PDF】林政ニュース第574号


在庫あり
発行日:2018年02月07日

「林政ニュース」バックナンバーの購入

定価:800円(税込864円)

お支払い方法・・・郵便振替後払い/銀行振り込み
御注文後2〜4日でお届けします(国内のみ)
※PDF版は翌営業日にお送りいたします。


購入についての詳細ページへ >>

「林政ニュース」定期購読もぜひどうぞ

『林政ニュース』ご購読 >>

主な内容

【表紙】
東京都は、1月30・31日に東京ビッグサイトで「WOODコレクション2018(モクコレ)」を開催した。オープニングセレモニーの「ウッドカット」には、東京都森林組合が檜原村から伐り出した多摩産材を使った。

【ニュース・フラッシュ】
◆農林信用基金法の改正で規模拡大を後押し 債務保証の“間口”を広げ、支援強化
◆16m以下・3階建て以下なら耐火構造不要 木造の防火規制緩和、建築基準法を改正
 ▽「木材らしい外観」の実現へ、構造設計の人材確保など課題
◆新国立競技場の軒庇に47都道府県の森林認証木材を使用
◆「燃エンウッド」が2時間耐火認定取得、14階木造ビルも
◆新製品 野帳管理がラクラク、調査アプリ「まさづけくん」
◆東部林業が2度目の長官賞、国有林間伐・再造林コンクール
◆生産費を53%削減、主伐→植林して約100万円の利益可能
◆全国の素材生産業者が集う「中央研修会」に最多の350人
◆森林総研の研究チームが小笠原諸島固有の海鳥を“発見”

【緑風対談】
所有者不明土地の解消へ政府が本腰 森林は新法で対応、メスは入るか
 ▽相続しても負担が重い…、少子高齢化で事態は一層深刻に
 ▽「利用権」を設定して塩漬けの土地活用、不明者探索支援
 ▽全森林の4分の1が持ち主不明、意向調査経て経営委託へ

【遠藤日雄のルポ&対論】
ツキ板を“進化”させて需要を創造する北三・上 
 ▽世界の40か国から100種類を超える銘木を直接買い付け
 ▽天然木の“個性”を引き出しながら、独自の技術で製品化
 ▽豪華列車や高級車などの内装デザインで欠かせない存在に
 ▽マンションのスチールドアにもツキ板、他資材と融合図る

【「モクコレ」瞥見】
過去最多の33都道府県が自慢の“逸品”を競う!
 ▽小池知事「各地と東京都が連携し、大消費地で木材利用拡大」
 ▽伝統の技術を活かした製品やトップブランド品まで多種多彩
 ▽2日間で約4,000人が来場、来年も「全国に呼びかける」

【地方のトピックニュース】
◆長崎でマンツーマン指導の「緑の雇用」フォローアップ研修
◆ヤナセ天然スギに最高値67万円、初市に120人の買方参集
◆北海道中川町の「きこり祭」を青森でも、本家は2月25日

【りんせいダイアリー300秒】
◆フィンランドと連携しスマート林業シンポ
◆輸出優良事業者表彰に愛知の丸美産業(株)
◆2・16木造耐火建築協会が東京でセミナー
◆3・2奈良県で半炭化技術ワークショップ
◆きのこ原木の供給過剰も依然コナラが不足
◆「森の映像祭2018」への参加作品募集

【広告】
日本林業土木株式会社