林政ニュース第639号

林政ニュース第639号


在庫あり
発行日:2020年10月21日

「林政ニュース」バックナンバーの購入

定価:800円(税込880円)

お支払い方法・・・郵便振替後払い/銀行振り込み
御注文後2〜4日でお届けします(国内のみ)
※PDF版は翌営業日にお送りいたします。


購入についての詳細ページへ >>

「林政ニュース」定期購読もぜひどうぞ

『林政ニュース』ご購読 >>

主な内容

【表紙】
青森県と(株)ニコンイメージングジャパン、(株)マエダ、川口印刷工業(株)が一昨年から制作しているカレンダー「青い森のキコリ」の来年(2021年)版が完成し、9月26日に発売された。

【ニュース・フラッシュ】
◆バイオ発電向け燃料材の持続的供給が急務 研究会が提言、広葉樹・早生樹の活用を
 ▽「エネルギーの森」造成へ新規要求、責任ある実行主体は?
 ▽バイオ協「燃料材必要量は1千万m3超」、全天連も要望活動
◆林政審が新基本計画の本格検討開始、まず再造林問題議論
◆「豪雨災害に関する今後の治山対策の在り方検討会」新設
◆天皇杯に上原和直氏、震災乗り越え200万本の苗木生産
◆住友林業と東京大学が産学協創協定締結、10年・10億円

【緑風対談】
来年度林野予算要求のポイントをみる・下 キーワードは「林業DX」、コロナ対策も
 ▽推進機関「森ハブ」新設、異業種の専門家が参画して提言
 ▽合法性確認をデジタル化、木材・木造対策は5割増で要求
 ▽「緑の雇用」研修に造林作業者の育成や「定着」支援を追加
 ▽コロナ禍踏まえコンソーシアム立ち上げ、関係人口拡大へ

【遠藤日雄のルポ&対論】
2025年に向けた大建工業の地域材活用戦略
 ▽10年後の姿を描く、床基材の国産木材利用率が41%に上昇
 ▽軟らかいスギも表面材に使える「コミュニケーションタフ」
 ▽公共物件中心に23都道府県採用、森林組合や製材所と連携
 ▽不燃壁材にも地域材、ムク材利用も検討、事業機会広がる

【進化する自治体】
100年先につなぐ「木望の森」づくりを進める池田町
 ▽「ツリーピクニックアドベンチャーいけだ」に4万人以上が来場
 ▽移住者が3割の中核企業が運営、「自前主義」で魅力高める
 ▽新たな木育施設「あそびハウスこどもと森」が6月にオープン
 ▽町ぐるみで森林を活かす!「WOODLABO」で創造と交流

【地方のトピックニュース】
◆淡路島で「竹混合ファイバー」PJスタート 産官学の5者が協定、「DW」技術応用
◆北海道「未来につなぐ森事業」の継続に全力 所有者負担を6%に軽減し再造林を支援
 ▽道内全域の約7万人が署名、「あらゆる機会をとらえて」要請
◆矢板市でリモートツール「スマートグラス」の検討会行う
◆林構施設がワーケーション拠点に変身、小田原市いこいの森
 ▽新しい運営主体がキャンプ場をリニューアル、客足が増加
 ▽バンガローでテレワーク、日産と協定し電気自動車が電源に
◆国の分収造林を活用し兵庫県立森林大学校を支援、全国初
◆植栽間隔を広げて造林機械の効率アップ、高萩市内でデモ
◆大河ドラマ「麒麟がくる」のロケに茨城署が協力、セット設営

【りんせいダイアリー300秒】
◆第6回「木育・森育学会」オンライン開催
◆東京・日本橋で国内最高層の木造ビル建設
◆最新の「青い森のキコリ」カレンダー発売
◆和歌山県が林学職職員を4名程度追加募集
◆「国有林野事業業務研究発表会」WEB開催
◆新春恒例「林業関係団体賀詞交換会」中止
◆JAFEEが移転、JIFPRO専務交代