イベント・シンポジウム・表彰・募集 のカテゴリーを表示しています

2017年9月22日

東北・関東局が海岸防災林再生事業の協力団体募集


東北森林管理局と関東森林管理局は、東日本大震災で被災した海岸防災林の再生事業に参加するNPOや企業など民間団体を募集している。東北局管内の浜須賀松国有林(宮城県東松島市)と関東局管内の大洲国有林(福島県相馬市)で、来年(平成30年)春からボランティア活動として植栽から保育までの森林整備活動などを行う。個人での参加は受け付けていない。募集期間は10月31日(火)まで。→詳しくは、こちら(東北森林管理局関東森林管理局)を参照。


2017年9月21日

兵庫県が来年度採用の林学職職員を募集中


兵庫県は、来年度(平成30年度)に採用する林学職の職員を募集している。採用を予定しているのは1名程度。応募資格は、昭和58年4月2日から平成5年4月1日までに生まれた人(来年4月1日現在の年齢が25歳~34歳の人)。応募締め切りは、郵送・メールが10月6日(金)、持参の場合は10月10日(火)。問い合わせ等は、同県人事委員会事務局職員課(TEL:078-362-9349)へ。


2017年9月20日

10月11日に経団連ホールで「SDGs時代の森林×企業シンポジウム」


美しい森林づくり全国推進会議と林業復活・地域創生を推進する国民会議は、10月11日(水)午後2時から東京都千代田区の経団連ホールで「SDGs時代の森林×企業シンポジウム」を開催する。行政や企業・団体などの専門家が一堂に会して、森林・木材と「持続可能な開発目標(SDGs)」のかかわりを中心に議論する。参加費無料。定員200名(定員になり次第締め切り)。→詳しくは、こちらを参照。


2017年9月15日

10月18日に公開シンポジウム「材料利用を可能とするリグニンの正体」を開催


森林総合研究所は、10月18日(水)午後1時30分から東京都港区の石垣記念ホールで、公開シンポジウム「材料利用を可能とするリグニンの正体―森林資源を活用する地域導入型ニュービジネス―」を開催する。内閣府の戦略的イノベーション創出プログラム(SIP)として進められている技術開発事業(「林政ニュース」第526527号参照)の最新成果を紹介するとともに、リグニンを使った高付加価値製品のサンプル展示なども行う。参加費無料(事前登録制)。→詳しくは、こちらを参照。


2017年9月14日

10月6日に「米国、インド向け日本産木材輸出促進セミナー」


日本木材総合情報センターは、10月6日(金)午後1時30分から東京都千代田区のアルカディア市ヶ谷(私学会館)で「米国、インド向け日本産木材輸出促進セミナー」を開催する。現地で行った市場調査の結果を踏まえて、製品輸出の可能性を検証する。定員80名。参加費無料。申し込み締め切りは、9月25日(月)。→詳しくは、こちらを参照。


2017年9月13日

尾鷲市の熊野古道センターで企画展「森林鉄道と索道の軌跡」


三重県尾鷲市の県立熊野古道センターで、企画展「尾鷲林業物語~森林鉄道と索道の軌跡~」が11月19日(日)まで開催されている。10月8日(日)には、『三重県の森林鉄道』の著者である片岡督・曽野和郎両氏による講演会も行われる予定。入場無料。→詳しくは、こちらを参照。


2017年9月11日

9月21日から24日まで北海道の中川町で「森のギャラリー」開催


北海道の中川町で9月21日(木)から24日(日)まで「森のギャラリー」が開催される。森のクラフトや森のマーケット、KIKORIのキャンプ、コンサート、森のさんぽなど様々なイベントが予定されている。→詳しくは、こちらを参照。


2017年9月8日

豊田市が森林・林業の専門職員を募集中、来年4月採用


豊田市は、森林・林業に関する実務経験者を募集している。来年(平成30年)4月に社会人枠(行政職・事務B)として1名程度を採用する。応募資格は、昭和57年4月2日から平成2年4月1日までに生まれた人で、(1)大学または大学院で林学系の学部学科を卒業した人か、(2)民間企業等で森林・林業に関する実務経験(企画立案、指導等)が5年以上ある人。応募期間は9月18日(月・祝)まで。→詳しくは、こちらを参照。


2017年9月7日

林業経済研究所が9月30日に創立70周年記念シンポジウム


林業経済研究所は、9月30日(土)に東京都文京区の東京大学弥生講堂一条ホールで創立70周年記念シンポジウム「国土・社会・森林~国土管理における人と森林の関係を問う~」を開催する(国土緑化推進機構との共催)。筑波大学の加藤衛拡氏、東京大学の古井戸宏通氏、北海学園大学の早尻正宏氏が、治山治水事業や保安林制度、国土管理などをテーマに報告し、東京大学の佐藤仁氏が加わってパネルディスカッションを行う。終了後には、記念祝賀会を予定している(会費5,000円)。→詳しくは、こちらを参照。


2017年9月6日

9月10日に豊田市中央図書館で「ウッディーラー豊田 地域材利用セミナー」


豊田市は、9月10日(日)午後2時から同市中央図書館(6階多目的ホール)で「ウッディーラー豊田 地域材利用セミナー」を開催する(愛知県との共催)。古川ちいきの総合研究所代表取締役の古川大輔氏とウッディーラー豊田会長で木材コーディネーターの樋口真明氏が講師となり、地域材のブランド化事例の紹介やワークショップなどを行う。定員70人。参加費無料(事前申し込み制)。詳しくは、こちらを参照。


2017年9月4日

9月9日から構造家・増田一眞氏の展覧会「木組みの大空間」


構造家・増田一眞氏の展覧会「木組みの大空間」が9月9日(土)から10月21日(土)まで東京都港区のGallery TENで開催される。大洲城天守などの構造設計を手がけ、ものづくり日本大賞など多くの受賞歴がある増田氏の「作品」や「挑戦」を展示する。入場無料。日曜日は休館。→詳しくは、こちらを参照。


2017年9月1日

10月21日に第42回全国育樹祭開催1年前キックオフフォーラム


東京都は、10月21日(土)午後1時30分から東京都江東区の木材会館で、第42回全国育樹祭開催1年前キックオフフォーラム「国民参加の森林づくり」シンポジウムを開催する。編集者・評論家の山田五郎氏が基調講演を行う。定員200名。参加費無料。→詳しくは、こちらを参照。


2017年8月31日

9月30日から国立科学博物館筑波実験植物園で「きのこ展」


茨城県つくば市の国立科学博物館筑波実験植物園で、9月30日(土)から10月9日(月・祝)まで「きのこ展 ─あの『物語』のきのこたち」が開催される。園内の見学や、セミナー「菌類文学入門」、ギャラリートーク、きのこ画コンテストなどが予定されている。入場料は一般310円、高校生以下と65歳以上は無料。→詳しくは、こちらを参照。


2017年8月30日

10月27日に鹿児島大学でシンポジウム「大規模木造施設へのCLT利用の課題と展望」


超高層ビルに木材を使用する研究会は、10月27日(金)午後2時から鹿児島大学(稲盛会館キミ&ケサメモリアルホール)でTシンポジウム「大規模木造施設へのCLT利用の課題と展望」を開催する。鹿児島大学工学部建築学科の鷹野敦准教授が「ヨーロッパを中心とした木造建築の潮流」、同大学工学部建築学科の塩屋晋一教授が「鉄筋集成材SAMURAIによる山佐木材CLT工場棟の設計と建設」について講演した後、パネルディスカッションを行う。参加費無料。定員150名。翌28日(土)には、山佐木材新工場の見学会(参加費1,000円)も予定されている。→詳しくは、こちらを参照。


2017年8月29日

三重県津市で10月31日に「森林整備技術シンポジウム」


森林研究・整備機構森林整備センターは、10月31日(火)午後1時から三重県津市の三重県総合文化センターでシンポジウム「森林を育み森林を活かす森林整備技術」を開催する。次の4氏が講演する。松村直人・三重大学生物資源学部教授、島田博匡・三重県林業研究所主幹研究員、諏訪錬平・森林総合研究所関西支所主任研究員、佐々木誠・森林整備センター津水源林整備事務所長。入場無料(事前申し込み不要)。→詳しくは、こちらを参照。


ページの上端へ

J-FIC Newsのカテゴリー