イベント・シンポジウム・表彰・募集 のカテゴリーを表示しています

2013年8月28日

青森の「県産材住宅の魅力発信フォーラム」に約300人が参加


青森県は8月25日(日)に青森県立保健大学で「県産材住宅の魅力発信フォーラム」を開催し、約300人が参加した。俳優で長寿番組「建もの探訪」のホスト役をつとめている渡辺篤史氏が基調講演した後、県産材住宅の施主と建築業者、森林組合の代表がパネリストとなって意見交換を行った。


2013年8月26日

8月29日に「オーストリア森林・林業フォーラム in 長野」開催


長野県とオーストリア大使館商務部は、8月29日(木)午後2時から長野市のメトロポリタン長野で「オーストリア森林・林業フォーラム in 長野」を開催する。東京大学アジア生物資源環境研究センターの井上雅文准教授とブルゲンランド州森林組合のクラウス・フリードル委員長が基調講演するほか、企業のプレゼンテーションや個別商談会などが予定されている。詳しくは、こちらを参照。


2013年8月23日

10月25日~27日に郡上市で狩猟サミットを開催


狩猟サミット実行委員会(事務局:猪鹿庁)は、10月25日(金)から27日(日)まで、岐阜県郡上市で狩猟サミットを開催する。25日は基調講演や事例発表会を行い、26日と27日は、狩猟や獣害対策についての講演やシカの解体実演、料理教室などを開催する。サミットの参加費は3日間の全日程で、一般30,000円、学生15,000円(宿泊・食事込み)。食事には猪や鹿肉を使ったメニューが提供される。1日のみ(一般12,000円・学生6,000円)の参加も可能で、参加日数によって費用が異なる。講演会のみの参加は2,000円。定員は200名程度。申込受付は9月2日(月)午前10時から開始。締切は9月27日(金)。詳しくは、こちらを参照。


2013年8月21日

シンポジウム「古都奈良のまち並と木造建築」を9月22日に開催


春日大社、興福寺、東大寺や奈良市、民間企業らで構成する「春日奥山古事の森」育成協議会は、9月22日(日)に奈良女子大学記念館でシンポジウム「古都奈良のまち並と木造建築」を開催する。奈良女子大学名誉教授の上野邦一氏が基調講演した後、パネルディスカッションを行う。シンポジウムに続いて、古都奈良の町並み散策(きたまち・ならまち・若草山)も予定している。定員250名。参加費500円。詳しくは、こちらを参照。


2013年8月20日

屋久島森林生態系保全センターが8月24日に夏休み森林教室


屋久島森林生態系保全センターは8月24日(土)に、夏休み森林教室「森林で学び 森林を楽しむ」を開催する。同センターとヤクスギランドで自然散策やネイチャークラフトなどを行う。小学生と保護者が対象(先着10組程度)。参加費は1人100円(傷害保険料含む、昼食・飲み物は各自持参)。問い合わせは、同センター(TEL:0997-42-0331)へ。


2013年8月19日

9月12日に京都で国際セミナー「森林の公益的機能の発揮に向けた取組」


林野庁は9月12日(木)に、国立京都国際会館で国際セミナー「森林の公益的機能の発揮に向けた取組」を開催する。国連食糧農業機関(FAO)のケネス・マックディッケン世界森林資源評価チーム長と京都大学大学院の小林繁男アジア・アフリカ地域研究研究科教授が基調講演をした後、専門家による研究・事例発表やパネルディスカッションを行う。定員150名。参加無料。申し込み締め切りは、9月5日(木、午後5時必着)。詳しくは、こちらを参照。


2013年8月12日

平成28年の第67回全国植樹祭は長野県で開催


国土緑化推進機構は8月9日の通常理事会で、平成28年の第67回全国植樹祭を長野県で開催することを決定した。また、翌29年の第68回全国植樹祭の開催地を富山県に内定するとともに、平成27年の第39回全国育樹祭を岐阜県で行うことも決めた。なお、第65回全国植樹祭は、来年6月1日に新潟県長岡市の「ハイブ長岡(式典会場)」と「川口きずな館周辺(お手植え会場)」で実施される。


2013年8月9日

全国5会場で「建築実務者のための木材利用セミナー」


木造にかかわる実務者を対象に、公共建築物への木材利用について講習を行う「建築実務者のための木材利用セミナー」が、9月28日(土)から各地で順次開催される。開催地は、富山県、徳島県、福岡県、京都府、東京都の全5会場(開催順)。各会場とも日本建築士会連合会CPD制度認定セミナーとして実施される。受講料は無料。詳しくは、こちらを参照。


2013年8月8日

8月16日から第16回木造耐力壁ジャパンカップ


8月16日(金)から18日(日)にかけて、静岡県富士宮市の日本建築専門学校で「第16回木造耐力壁ジャパンカップ」が開催される。実物大の木造耐力壁を組み立て、足元を固定した状態でどちらか一方の壁が破壊されるまで、桁を互いに引き合わせて対戦させるイベント。今回は14チームが出場し、トーナメント方式で戦う。予選・決勝(18日)とも、誰でも観戦できる。入場無料。詳しくは、こちらを参照。


2013年8月7日

8月11日に「第12回聞き書き甲子園研修会開会式」


林野庁は8月11日(日)に、都庁都民ホールで「第12回聞き書き甲子園研修会開会式」を開催する。映像を用いた聞き書き甲子園の紹介や、作家の塩野米松氏と文筆家の阿川佐和子氏による「インタビューのおもしろさ」をテーマにした対談を予定している。定員100名。参加費無料。詳しくは、こちらを参照。


2013年8月6日

太陽光発電パネルの架台に国産材を活用


太陽光発電に用いるパネルの架台に国産材を使う事例が増えてきた。太陽光発電協会(JPEA)が7月24日から26日まで東京都江東区のビッグサイトで開催した太陽光発電に関する総合イベント「PV Japan 2013」には、国産材架台を製品化している3社が出展。また、国(林野庁)も助成措置を講じている。→詳しくは、「林政ニュース」第466号(8月7日発行)でどうぞ。


2013年8月5日

木材利用ポイント対象製品などの2次募集を開始


林野庁は8月1日から、木材利用ポイントの対象となる木材製品と製造業者の2次募集を始めた(締め切りは8月31日まで)。また、内装・外装木質化材料の第2次申請(同)と、ポイントの寄附対象となる団体の2次募集(同8月21日)も開始した。これで、木材利用ポイントにかかわる製品や事業者などの一連の募集は終了する予定。詳しくは、こちらを参照。

林野庁人事異動(8月1日付け)
企画課課長補佐・年次報告班担当(大臣官房食料安全保障課原子力災害対策専門官)藤岡義生
整備課課長補佐・造林間伐企画班担当(企画課課長補佐・年次報告班担当)福田淳
治山課課長補佐・保安林管理班担当(整備課課長補佐・造林間伐企画班担当)村上幸一郎


2013年8月2日

特別養護老人ホームえびの涼風園に木材利用優良施設大臣賞


木材利用推進中央協議会が実施している木材利用優良施設表彰の今年度(平成25年度)の受賞施設が決まり、7月29に開催された「全国会議」で授賞式が行われた。今回は全国から88施設の応募があり、農林水産大臣賞には、宮崎県の特別養護老人ホームえびの涼風園が選ばれた。→詳しくは、次号「林政ニュース」(第466号、8月7日発行)でお伝えします。


在京大使らを招き「日本木材に関するワークショップ」を開く


外務省と林野庁は7月31日、東京に駐在している大使らを対象にした「日本木材に関するワークショップ」を開催した。(株)イトーキの協力を得て、同社の東京イノベーションセンターSYNQA(「林政ニュース」第450号参照)に36か国の外交職員を招き、日本の森林や木材利用の現状について説明した。


2013年8月1日

8月23日に「住まいでも、オフィスでも、もっと”木づかい”フォーラム」


三井物産(株)は、8月23日(金)午後1時30分から、東京都千代田区の日経ホールで、フォーラム「住まいでも、オフィスでも、もっと”木づかい”」を開催する。モデルのはなさんと東京大学名誉教授の安藤直人氏が「木の魅力を再発見!」をテーマにトークショーを行うほか、パネルディスカッションでは、林野庁長官の沼田正俊氏ら6名のパネラーが、「”木づかい”都市から日本の森づくり」をテーマに意見交換を行う。参加費無料。定員は500名。申込締切は8月14日(水)。申込方法など、詳しくはこちらを参照。


ページの上端へ

J-FIC Newsのカテゴリー