2020年8月4日

真庭市と岡山大学が「木造建築教育・研究ゾーン」の創設検討


岡山県の真庭市と岡山大学が連携して、同市内に「林業・木材・木造建築教育・研究ゾーン」を創設する検討作業がスタートした。岡山大学では、来年(2021年)4月に発足する新工学部に建築関係の教育プログラムを新設する予定であり、これと歩調を合わせながら構想の実現を目指すことにしている。→詳しくは、「林政ニュース」第633号(7月22日発行)でどうぞ。
★「林政ニュース」第633号は、Amazon(アマゾン)でも買えます。
★お得な年間定期購読は、こちらからどうぞ。


コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする

ページの上端へ