森林施業・経営・管理 のカテゴリーを表示しています

2010年9月10日

磐城署が林地残材のコンテナ回収現地検討会を開催


11:00 AM 更新 カテゴリ: J-FIC News,森林施業・経営・管理 

磐城森林管理署(福島県いわき市、米田雅人署長)が導入している専用コンテナを使った「森林バイオマス資源回収システム」(「林政ニュース」第365号参照)の現地検討会が8月26日にいわき市三和町の国有林で開催され、約50人が参加した。コンテナ回収のデモンストレーションのほか、移動式破砕機(チッパー)とのコスト比較なども行った。→詳しくは、「林政ニュース」第396号(9月8日発行)でどうぞ。


2010年9月9日

中国側が日本の森林活用に意欲、専門家来日し検討へ


11:00 AM 更新 カテゴリ: J-FIC News,森林施業・経営・管理,海外 

山田正彦農相は、9月6日に都内で開催された平成22年度都道府県林務担当課長会議で挨拶し、日本と中国が違法伐採対策の覚書締結で実質合意(「林政ニュース」第395号参照)したことを報告するとともに、中国側が日本の森林資源の活用に意欲をみせたと話した。山田農相は、「近日中に、中国側の専門家を日本に招き、検討を進めたい」とも述べ、日中連携で国産材の需要拡大に取り組む姿勢を示した。


2010年9月6日

三菱UFJリース・住友商事と岐阜県森連が林業再生プロジェクト


11:00 AM 更新 カテゴリ: 森林施業・経営・管理 

岐阜県森林組合連合会と三菱UFJリース(株)(東京都千代田区、村田隆一社長)及び住友商事(株)(東京都中央区、加藤進社長)は、岐阜県内の民有林を対象にした「森林・林業再生プロジェクト」をスタートさせた。民間企業の経営手法や資金力、営業力などを本格的に導入して林業再生を目指す国内初の取り組みとなる。→詳しくは、「林政ニュース」第395号(8月23日発行)でどうぞ。


2010年8月10日

300年林業に向け、日本土地山林が社有林経営を再開


5:52 PM 更新 カテゴリ: J-FIC News,森林施業・経営・管理 

兵庫県内に1,860aの社有林を持つ日本土地山林(株)(東京都品川区、原直道・代表取締役社長)が、十数年の中断期間を経て、“林業”を再開した。「300年伐期」を掲げ、直営直用体制で環境配慮型の次世代林業を目指している。→詳しくは、「林政ニュース」第394号(8月4日発行)でどうぞ。


11 / 11« 先頭...7891011
ページの上端へ

J-FIC Newsのカテゴリー