森林施業・経営・管理 のカテゴリーを表示しています

2012年3月19日

国有林の准フォレスターが計画策定に協力、山形県初の共同施業団地


11:00 AM 更新 カテゴリ: J-FIC News,森林施業・経営・管理 

東北森林管理局の置賜森林管理署(浪岡保男署長)は3月12日、小国町、(財)山形県林業公社、小国町森林組合と森林整備協定を締結した。山形県内で、民・国連携による森林共同施業団地の設定と森林整備協定が締結されたのは初めて。また、同署の准フォレスターが県の准フォレスターとともに小国町森林整備計画の策定を支援したのも初めてのケースとなった。


2012年3月16日

滋賀県で6つの市町による「湖東の森林づくりに関する共同宣言」


5:00 AM 更新 カテゴリ: J-FIC News,森林施業・経営・管理 

2月29日に滋賀県東近江市内で開催された湖東の森林づくり自治体会合で、東近江市、日野町、愛荘町、豊郷町、甲良町、多賀町の6つの市町が湖東地域の森林管理に取り組む「湖東の森林(もり)づくりに関する共同宣言」を採択した。森林資源の有効活用や都市部との交流を連携して進めることにしている。


2012年1月25日

神戸市が六甲山で総合的森林管理、来年度からモデル事業


神戸市は、六甲山系の森林保全を目的とした「六甲山森林整備戦略」をまとめた。約9,000haに及ぶ対象森林を、公有林・私有林の区分なく総合的に整備するとともに、六甲山の知名度を活かした間伐材製品などを販売する。来年度からモデル事業を始める。→詳しくは、「林政ニュース」第429号(1月25日発行)でどうぞ。


2011年11月29日

「たかやま林建」が機械化・路網整備などを積極推進


11:00 AM 更新 カテゴリ: J-FIC News,森林施業・経営・管理 

岐阜県高山市に本部を置く「たかやま林業・建設業協同組合(たかやま林建)」が「林建協働」で先進的な取り組みを続けている。ドイツからフォレスターやオペレーターを招いてコーロッパ型林業を学びながら、高性能林業機械の導入や、林道専用道をはじめとした路網整備を積極的に進めている。→詳しくは、「林政ニュース」第425号(11月23日発行)でどうぞ。


2011年11月25日

神奈川・山梨県が来年度から森林・排水対策共同事業


11:00 AM 更新 カテゴリ: J-FIC News,森林施業・経営・管理 

神奈川県と山梨県は来年度(平成24年度)から、森林整備と生活排水対策の共同事業を始める。事業費を両県で折半し、県境を超えて良質な水資源の確保を目指す。11月1日に、黒岩祐治・神奈川県知事と横内正明・山梨県知事が基本合意書を取り交わした。→詳しくは、「林政ニュース」第425号(11月23日発行)でどうぞ。


2011年11月9日

サントリーと東京農大が「天然水の森」プロジェクトを開始


サントリーホールディングス(株)と東京農業大学は10月13日に協定を結び、「天然水の森 東京農業大学 奥多摩演習林プロジェクト」をスタートさせた。サントリー武蔵野ビール工場(東京都府中市)とサントリー食品工業多摩川工場(東京都稲城市)の水源地に位置する東京都奥多摩町の演習林約156haで、森林整備や研究・教育活動を行っていく。


2011年4月13日

兵庫森林管理署と宍粟市が森林整備協定を締結


5:00 AM 更新 カテゴリ: J-FIC News,森林施業・経営・管理 

近畿中国森林管理局の兵庫森林管理署(中島孝雄署長)と宍粟市(田路勝市長)は、3月29日に「宍粟美しいもり森林づくり推進協定」を締結した。兵庫署では、国有林と民有林が連携して共同施業団地を設定する協定をこれまでに2件締結。3件目となった宍粟市との協定では、特定の施業団地は設定せず、両社が連携できる森林で、順次、路網整備や施業の集約化を進める。同市内で両者が管理する森林は1万6,000ha余りとなる。


2011年4月8日

農林中金基金第6回助成先に吉野林業協会ら


11:00 AM 更新 カテゴリ: J-FIC News,森林施業・経営・管理 

農林中央金庫は、6回目となる「農林中金80周年森林再生基金」(FRONT80)による助成先が決まった。同基金は、民有林を再生する事業・活動に対し1年当たり1億円程度の助成を行うもので、10億円の信託財産を設定して10年にわたって支援することにしている。今回は24件の応募事業があった中から、次の6件に計1億1,600万円を助成する。事業協同組合が選ばれたのは初めて。
北信州森林組合(長野県)「デジタル森林管理―森林経営の再生を目指して―」
NPO法人杣の杜 学舎(岐阜県)「美濃市ふくべの森入会林野再生モデル事業」
中勢森林組合(三重県)「森林ゾーニングによる多様で健全な森林づくり事業」
吉野林業協会(奈良県)「川上村下多古峰の平―作業道作成工事及び周辺間伐事業」
熊本県森林組合連合会(熊本県)「熊本市西部域民有林の森林境界明確化と荒廃森
林の保全対策」
曽於地区森林組合(鹿児島県)「ふるさとの森再生事業―台風被害からの復活―」


2011年3月10日

新生産システムが終了、5カ年の成果を検証


11:00 AM 更新 カテゴリ: J-FIC News,森林施業・経営・管理 

平成18年度から5カ年にわたって行われた林野庁の大型補助事業「新生産システム」が今年度(平成22年度)末で終了となるため、これまでの取り組みを検証する報告会が3月2日に東京都千代田区のスクワール麹町で行われた。冒頭、林野庁の本郷浩二・計画課長は、「リーマン・ショックなどの景気低迷もあって、この事業は失敗に終わったと評価されたこともあったが、まだ道半ば。地域の関係者が運命共同体になって取り組んでほしい」と挨拶した。→詳しくは、「林政ニュース」第408号(3月9日発行)でどうぞ。


2011年2月15日

弟子屈町と根釧西部管理署も民・国連携協定


5:00 AM 更新 カテゴリ: J-FIC News,森林施業・経営・管理 

北海道の弟子屈町と根釧西部森林管理署は2月7日、弟子屈町役場で「弟子屈地域森林整備に関する協定」に調印し、町有林・国有林が連携して森林共同施業団地を設定することで合意した。根釧地区では初めての民・国連携協定。対象フィールドは、町有林(321ha)及び国有林(938ha)の計1,250haで、効率的・集約的な森林整備や路網の相互利用などを進める。


2011年2月2日

日田市森組がSGEC認証取得、森組最大となる約1万8,800ha


11:00 AM 更新 カテゴリ: 森林施業・経営・管理 

日田市森林組合(大分県日田市)は、同組合が長期施業委託契約(森林所有者9,255名)を締結している全森林・1万8,757.23haを対象にSGEC(『緑の循環』認証会議)の森林認証を取得、併せてCoC認証(分別・表示事業体認証)も取得した。全国の森林組合では17番目の取得で、対象森林面積は森組の中では最大となった。→詳しくは、「林政ニュース」第405号(1月26日発行)でどうぞ。


遠軽町と網走西部森林管理署が森林整備協定締結


北海道の遠軽町と網走西部森林管理署は、1月31日に「支湧別地域森林整備に関する協定書」に調印した。遠軽町支湧別地区の町有林(222ha)と国有林(2,101ha)において、水源涵養や生物多様性の保全及び効率的な木材生産量などに一体的に取り組む。町有林と国有林の森林共同施業団地化は、オホーツク地域では初めて。


2011年2月1日

国有林の間伐事業に「複数年契約」導入、3年分を一括発注


11:00 AM 更新 カテゴリ: J-FIC News,森林施業・経営・管理 

林野庁は来年度(平成23年度)から、国有林の間伐事業で新たに複数年契約による民間競争入札を実施する。「森林・林業プラン」を推進するため、民間主導で効率的に事業が実行できるよう、3年分を一括発注する。政府が進めている「市場化テスト」の路線にも沿うもので、来年度は全国の7~10か所程度で行う予定。→詳しくは、「林政ニュース」第405号(1月26日発行)でどうぞ。


2011年1月28日

新上五島町で中国の投資会社が立木を買い取り・輸出


11:00 AM 更新 カテゴリ: J-FIC News,森林施業・経営・管理,海外 

長崎県の五島列島にある新上五島町に中国の投資会社が進出し、森林所有者から立木を買い取って、試験輸出を行った。昨年末まで4.6haの伐採が実施されたが、一方で伐採を見合わせる動きも出ている。中国との国境に近い離島で、何が起きているのか?→詳しくは、「林政ニュース」第405号(1月26日発行)でどうぞ。


2011年1月25日

所有者不明でも間伐推進、無届け伐採に造林命令、森林法改正案


1月24日に召集された通常国会で林野庁が成立を目指す森林法改正案の概要が明らかになった。森林所有者が不明な場合でも路網開設や間伐ができる措置を新たに導入するほか、無届け伐採が行われた場合に造林を行わせる行政命令を新設する。→詳しくは、「林政ニュース」第405号(1月26日発行)でどうぞ。


11 / 12« 先頭...89101112
ページの上端へ

J-FIC Newsのカテゴリー