森と木と人のつながりを考える

 

「林政ニュース」第660号

「林政ニュース」編集部(編集)

B5変型判  24ページ 並製
価格 880円 (本体価格 800円)
ISBN978-4-88965-660-2 C0061
在庫あり

書店発売日 2021年09月08日

このエントリーをはてなブックマークに追加
 読書メーター  本を引用

紹介

明けない夜はない!
第660号は、林野庁の2022年度予算要求は約3,462億円/林業の付加価値生産額が3,400億円に増加/「小渕基金」を支えた日中緑化委の事業が終了/多種多彩な桐商品で暮らしをプロデュースするイシモク/造林資材を進化させて低コスト林業に挑むハイトカルチャ/ヤフーが企業版ふるさと納税で森林整備支援/木質バイオマスボイラー燃焼灰を草木染めに活用――などを掲載しています。

目次

【表紙】
新潟県加茂市にある(株)イシモクの本社兼ショールーム。バラエティ豊かな桐商品を取り揃え、“人にやさしい空間”を創り出している。

【ニュース・フラッシュ】 
◆林野庁の2022年度予算要求は約3,462億円 森林整備・治山18・4%増、ゼロ国導入
 ▽グリーン成長対策で224億円要求、黒字経営のモデル示す
◆林業の付加価値生産額3400億円に増加、規制会議で報告
◆大阪・関西万博で“木のリング”建設を、府木連が呼びかけ
◆第3回SFAに13チームが参加、「企業チャレンジ」を新設
◆「小渕基金」を支えた日中緑化委の事業が終了――国土緑推

【緑風対談】
要点解説・2022度林野庁予算要求(上) 公共の焦点は「5か年加速化対策」の確保
 ▽予算増のカギ握る“別枠”、議連総会で決議し財務省に要望
 ▽当初予算にも「ゼロ国債」、年度初めの事業量落ち込み防ぐ
 ▽老朽化橋梁を撤去、流域治水と連携、海岸林整備を全国で

【遠藤日雄のルポ&対論】
ポスト・コロナの中国木材市場・その実情を探る
 ▽輸出量も額も増加基調だがまだ流動的、EUも中国を優先
 ▽オール九州から全国連携で供給力強化、ニーズに応じ採材
 ▽中国がメインだが韓国も有望、二重三重の輸出戦略が必要

【企業探訪】
多種多彩な桐商品で暮らしをプロデュースするイシモク
 ▽桐材の効能を自社工場で体感、「桐暖(きりだん)」がヒットし事業発展
 ▽中国産柾目板を安定的に輸入、「桐材の文化を根づかせたい」

【突撃レポート】
造林資材を進化させて低コスト林業に挑むハイトカルチャ
 ▽ツリーシェルターで食害を防ぎながら植栽木のストレス軽減
 ▽高耐久と低コストの2タイプを条件に合わせ500万本販売
 ▽使用方法を守らず“誤解”広がる、トータルでコストを削減
 ▽軽量で持ち運びが楽なセラミック苗、誰でも簡単に植栽可能

【地方のトピックニュース】
◆ヤフーが企業版ふるさと納税で森林整備支援 公募方式で宮城県、尾鷲市、新潟県を採択
 ▽海岸防災林造成や市有林のゾーン別整備、品種開発も後押し
◆フォレスターズLLC発足、9月24日にオンライン座談会
◆木質バイオマスボイラー燃焼灰を草木染めに活用、国内初
キラリと光るこの会社 (株)有賀製材所(長野県伊那市)
 ▽板倉工法でスギムク材活かす、暖房器具・ペチカの普及推進

【りんせいダイアリー300秒】
◆小笠原諸島世界遺産10周年記念フォトコン
◆「新たな森林づくりコンクール2021」募集中
◆9・16[木と建築]Greenイノベーション
◆9・13「新型コロナ後の森林活用を考える」
◆9月17日木造住宅の居住性向上セミナー
◆内装木質化等の効果実証事業で7件を採択

【広告】
日本林業調査会(J-FIC)の本と電子書籍

版元から一言

皆様お馴染み林業界の回覧板!

著者プロフィール

「林政ニュース」編集部(リンセイニュースヘンシュウブ)

上記内容は本書刊行時のものです。

880円
(本体価格 800円)

在庫あり

この号はPDFデータの販売も可能です。
ご希望の方はご注文フォームで
選択してください。

オンライン書店で買う


最寄りの書店で買う



版元からのお勧め