森と本と人のつながりを考える

» J-FIC News

京都大学と住友林業が木造の人工衛星打上げに挑戦

京都大学と住友林業が木造の人工衛星打上げに挑戦

京都大学と住友林業(株)が木造の人工衛星を使った「宇宙木材プロジェクト」をスタートさせた。両者は昨年12月23日に共同研究「宇宙における樹木育成・木材利用に関する基礎的研究」の契約を締結。2023年にホオノキを使った木造 […]

2月5日にオンラインで機械化シンポ開催

2月5日にオンラインで機械化シンポ開催

林野庁とフォレストサーベイは、2月5日(金)午後1時から「令和2年度林業機械化推進シンポジウム」をオンラインで開催する。「コロナ禍における林業DXへの取組」をテーマに、信州大学の加藤正人教授が基調講演した後に、事例発表と […]

ゼロ・コーポレーションが宮崎県と協定締結

京都最大級の住宅メーカーであるゼロ・コーポレーション(京都府京都市)は、昨年12月18日に宮崎県、県森林組合連合会、県木材協同組合連合会との間で「森林資源の循環利用に関する協定書」を締結、宮崎県産スギ製品の利用拡大などに […]

2月5日にYoutubeセミナー「大径材化時代のスギ乾燥平角材の可能性」

2月5日にYoutubeセミナー「大径材化時代のスギ乾燥平角材の可能性」

木のいえ一番協会は、2月5日(金)午後1時からYoutubeを使ったオンラインセミナー「大径材化時代のスギ乾燥平角材の新たな可能性について」を開催する。福島県産スギの心去り平角に関する製材や乾燥スケジュール、強度性能など […]

NOWHEREが米国向けスギフェンス材生産を強化

宮崎県都城市に本社を置くNOWHERE(ノーウェア)が米国へのスギフェンス材輸出を強化している。日南市内で専門工場を操業しており、丸太調達の段階からフェンス材生産に特化した体制を敷いている。→詳しくは、「林政ニュース」第 […]

オンラインで「森林サービス産業フォーラム2021」開催

2月3日(水)・4日(木)に「森林サービス産業フォーラム2021」がオンラインで開催される。3日は、モデル地域(長野県小海町、長野県信濃町、岐阜県白川村)や企業などが取り組み成果を発表し、4日は 「Forest Styl […]

「街の木」を使って循環型社会目指す都市森林(株)

「街の木」を使った「都市林業」の展開を通じて循環型社会の実現を目指す都市森林株式会社(東京都世田谷区)が事業活動を活発化させている。東京都町田市には、同社がプロデュースし、街路樹材を有効活用した「木の図書館」ができている […]

第7代「みどりの女神」の選出は3月に延期

7代目の「みどりの女神」を選出する「第53回ミス日本コンテスト2021」の開催が3月に延期された。同コンテストは毎年1月に行っているが、新型コロナウイルスの感染拡大で緊急事態宣言が再発出されたことを踏まえ、事務局がスケジ […]

軽油免税措置を3年間延長、木材注薬業は除外

昨年末に決定した来年度(2021年度)税制改正で、軽油引取税の免税措置を3年間延長することが認められた。この免税措置によって林業・木材関係事業者は、年間42~43億円の税負担軽減が図られている。なお、木材加工業の1業種で […]

「ふじのくに木使い建築カレッジ」の修了生が事例発表会

「ふじのくに木使い建築カレッジ」の修了生が事例発表会

静岡県は、「ふじのくに木使い建築カレッジ」の修了生による事例発表会を昨年11月26日に静岡市産学交流センターで開催した。同カレッジは、県産材を活用した中大規模非住宅建築物の木造化・木質化を担える人材の育成を目指して201 […]

日本林業調査会
(J-FIC)の本

よみもの

来る者拒まず去る者追わず
酒とバカの日々(仮)