森と木と人のつながりを考える

» J-FIC News

広葉樹活用へ、「MORI TAGシステム」の実証進む

広葉樹活用へ、「MORI TAGシステム」の実証進む

神戸大学の黒田慶子名誉教授らが2021年9月に立ち上げた「国産広葉樹活用プロジェクト」(「林政ニュース」第661号参照)が広がりをみせている。同プロジェクトの中核となる「MORI TAGシステム」が昨年度(2022年度) […]

3月7・8日に「全天連50周年記念 第37回全国優良ツキ板展示大会」

3月7・8日に「全天連50周年記念 第37回全国優良ツキ板展示大会」

全国天然木化粧合単板工業協同組合連合会は、3月7日(火)・8日(水)に、静岡市のツインメッセ静岡(北館)で「全天連50周年記念 第37回全国優良ツキ板展示大会」を開催する。国内外の天然銘木ツキ板を約600点出品し、優秀品 […]

CLT建築物とRC造建築物のコスト比較を公開

CLT建築物とRC造建築物のコスト比較を公開

日本住宅・木材技術センターは、CLTパネル工法による建築物と、RC造(鉄筋コンクリート造)建築物とのコスト比較結果を昨年(2022年)末にホームページ上で公開した。CLT実証事業(林野庁補助事業)で得られたデータを分析し […]

2月6日に「第1回 岡崎の森を考えよう!シンポジウム」

2月6日に「第1回 岡崎の森を考えよう!シンポジウム」

愛知県岡崎市の図書館交流プラザりぶら大ホールで、2月6日(月)午後2時から「第1回 岡崎の森を考えよう!シンポジウム」(主催=もりまち)が開催される。「岡崎の森の現状を知りながら企業の関わり方を考える」をテーマに、元林野 […]

災害防止標語の最優秀賞は「忘れない 山の恵みと 山地災害」

災害防止標語の最優秀賞は「忘れない 山の恵みと 山地災害」

日本治山治水協会が行っている今年度(2022年度)の山地災害防止標語及び写真コンクールの受賞者が決まった(1月12日に発表)。標語コンクールには5,066作品の応募があり、太田ひとみさん(滋賀県守山市)の「忘れない 山の […]

「林業信用保証」の利用拡大へ、2種類のパンフレット作成

「林業信用保証」の利用拡大へ、2種類のパンフレット作成

農林漁業信用基金は、「林業信用保証」の利用拡大に向けて、事業者向けと融資機関向けの2種類のパンフレットを新たに作成した。事業者向けパンフレットでは、林業信用保証の内容やメリット、利用にあたっての手続きなどをわかりやすく解 […]

2021年度に新築された公立学校の75.4%で木材を使用

2021年度に新築された公立学校の75.4%で木材を使用

文部科学省がまとめた調査結果(1月17日公表)によると、2021年度に新築された全国の公立学校施設690棟のうち、520棟(75.4%)で木材が使用された。520棟のうち木造施設は125棟(18.1%)で、非木造だが内装 […]

トトロのふるさと基金が特別契約職員を1名募集

トトロのふるさと基金が特別契約職員を1名募集

埼玉県所沢市の公益財団法人トトロのふるさと基金は、4月1日付けで採用する特別契約職員を1名募集している。業務内容は、里山保全に関する同基金の業務全般のほか、イベントの管理・運営、環境保護活動など。雇用期間は1年(採用後6 […]

初代「ミス日本みどりの大使」に上村さや香さん

初代「ミス日本みどりの大使」に上村さや香さん

1月23日に東京都内で「第55回ミス日本コンテスト2023」が開催され、「2023ミス日本みどりの大使」に慶応義塾大学大学院2年の上村さや香(かみむら・さやか、写真右)さんが選ばれた。今回から名称が「女神」から「大使」に […]

2月1日に国際セミナー「森林の防災・減災機能を強化する技術の海外展開と民間...

2月1日に国際セミナー「森林の防災・減災機能を強化する技術の海外展開と民間企業の参画」

森林総合研究所は、2月1日(水)午後1時から会場(東京都千代田区の日比谷国際コンファレンススクエア)とオンライン(Zoomウェビナー)を併用して国際セミナー「森林の防災・減災機能を強化する技術の海外展開と民間企業の参画」 […]

日本林業調査会
(J-FIC)の本