森と木と人のつながりを考える

» J-FIC News

「第36回全国優良ツキ板展示大会」に約1,000人が来場

「第36回全国優良ツキ板展示大会」に約1,000人が来場

全国天然木化粧合単板工業協同組合連合会(松尾和俊会長)は、11月9・10日に静岡市のツインメッセ静岡で「第36回全国優良ツキ板展示大会」を開催し、2日間で約1,000人が来場した。同展示大会は、2年に1度行われており、当 […]

岐阜アカデミーが林業用デジタル機器を動画で紹介

岐阜アカデミーが林業用デジタル機器を動画で紹介

岐阜県立森林文化アカデミーは、研修などで利用している林業用のデジタル機器やICT機器を紹介する動画を制作し、公式YouTubeチャンネルで公開した。地上レーザ計測器や伐木技術教育VRシミュレーターなど7機種の特長がわかり […]

森林レンタル「forenta」を全国でフランチャイズ展開

森林レンタル「forenta」を全国でフランチャイズ展開

山林経営や製材事業を行っている山共(岐阜県東白川村)は、昨年11月から行っているキャンパー向け森林レンタルサービス「forenta(フォレンタ)」(「林政ニュース」第641号参照)を全国的にフランチャイズ展開する(11月 […]

国民森林会議が基本計画に対して2つの提言

国民森林会議が基本計画に対して2つの提言

国民森林会議(藤森隆郎会長)の提言委員会(泉英二委員長)は、6月に閣議決定された新しい森林・林業基本計画(「林政ニュース」第655号参照)に対する2つの提言をまとめた(10月31日に公表)。第1提言(「『林業の成長産業化 […]

日田市の「企業参画の森林(もり)」で早生樹を育成

日田市の「企業参画の森林(もり)」で早生樹を育成

大分県日田市の萩尾公園内で「企業参画の森林づくり」を進めるため、同市と日田市森林組合及び日本フォレスト、九州コクボ、日田木質資源有効利用協議会は、11月12日に協定を結んだ。翌13日には現地で植樹活動を行い、107名が参 […]

来年2月18日にオンラインで「ウッドマスター(中級)講習会」

来年2月18日にオンラインで「ウッドマスター(中級)講習会」

合板・木材博物館は、来年(2022年)2月18日(金)の午後1時10分から「ウッドマスター(中級)講習会」をオンラインで開催する(Zoomを使用)。「建築における建物の施工と構造性能」と「木材の建築内装における実用性能」 […]

出雲市で循環型林業推進全国大会、来春に東京でサミット

出雲市で循環型林業推進全国大会、来春に東京でサミット

島根県の出雲市で11月6日に「循環型林業推進全国大会」が開催された。「伐採・搬出・再造林ガイドラインサミット」(「林政ニュース」第599・623号参照)の第4回を兼ねて行われ、同ガイドラインの全国的な普及を目指す連絡会議 […]

12月3日にオンラインで「日独『器』UTSUWAフォーラム」

12月3日にオンラインで「日独『器』UTSUWAフォーラム」

12月3日(金)午後7時からオンラインで「日独『器』UTSUWAフォーラム」が開催される(Zoomを使用)。日独交流160周年を記念して発足した器プロジェクト実行委員会のキックオフイベントとして、和室関係の専門家や手仕事 […]

林野補正は約1,242億円、ウッドショック対策など推進

林野補正は約1,242億円、ウッドショック対策など推進

政府は11月26日の臨時閣議で、新たな経済対策などを盛り込んだ今年度(2021年度)補正予算(案)を決定した(「林政ニュース」第665号参照)。林野関係の補正追加額は約1,242億円で、内訳は、公共事業が約1,019億円 […]

「令和3年度木材アドバイザー(もくアド)養成講習会」の受講者を募集

「令和3年度木材アドバイザー(もくアド)養成講習会」の受講者を募集

全日本木材市場連盟は、来年(2022年)2月に東京と大阪で開く「令和3年度木材アドバイザー(もくアド)養成講習会」(建築士会CPD認定)の受講者を募集している。東京会場(木材会館会議室)は来年2月18日(金)・19日(土 […]

日本林業調査会
(J-FIC)の本