森と木と人のつながりを考える

「矢板林業SDGs」の実現へ安定需給協定を締結

「矢板林業SDGs」の実現へ安定需給協定を締結

栃木県の矢板市(齋藤淳一郎市長)は、9月1日に地元の森林組合や木材企業などとの間で「木材の安定需給に関する協定」を締結した。伐出材の“出口(需要先)”を確保して主伐・再造林を進め、森林資源を持続的に利用する「矢板林業SD […]

10月7・8日に東京ビッグサイトで「非住宅木造建築フェア2021」

10月7・8日に東京ビッグサイトで「非住宅木造建築フェア2021」

10月7日(木)・8日(金)に東京都江東区の東京ビッグサイトで行われる「住宅ビジネスフェア2021」の中で、「非住宅木造建築フェア2021」が開催される。ゼネコンや大学、研究機関の専門家が中高層木造ビルの建築事例や最新の […]

スギ人工林の若返りへ、主伐跡地で「焼畑あつみかぶ」栽培

スギ人工林の若返りへ、主伐跡地で「焼畑あつみかぶ」栽培

山形県鶴岡市の温海町(あつみまち)森林組合は、伝統野菜「焼畑あつみかぶ」を栽培するため、9月3日にスギ主伐跡地で「火入れ」(山焼き作業)を行った。同組合は、主伐・再造林を進めて人工林の若返りを図るため、「焼畑あつみかぶ」 […]

「林産物に関するマンスリーレポート(仮称)」を公表

「林産物に関するマンスリーレポート(仮称)」を公表

林野庁は、ホームページ上で「林産物に関するマンスリーレポート(仮称)」の公表を始める。各担当課がまとめていた木材需給や木材価格、木材産業の動向などに関するデータを集約・整理し、毎月定期的にアップして利用しやすくする。10 […]

「Paper-Wood」などの独自製品で販路を広げる滝澤ベニヤ

「Paper-Wood」などの独自製品で販路を広げる滝澤ベニヤ

北海道芦別市に本社を置く合板メーカー・滝澤ベニヤが高品質・高級路線を徹底して、独自のマーケットを切り拓いている。看板製品である「シナ共芯合板」はm3当たり約30万円、色紙と単板を組み合わせた「Paper-Wood(ペーパ […]

「小渕基金」を担ってきた日中緑化委が役割終える

「小渕基金」を担ってきた日中緑化委が役割終える

国土緑化推進機構(濱田純一理事長)は、8月27日に東京都内で開いた今年度(2021年度)定時総会で定款を変更し、「日中民間緑化委員会」に関する条文を削除した。同委員会は、1999年に発足した「」(通称「小渕基金」、「林政 […]

10月8日に改正木材利用促進法施行記念講演会&シンポ開催

10月8日に改正木材利用促進法施行記念講演会&シンポ開催

改正木材利用促進法(脱炭素社会の実現に資する等のための建築物等における木材の利用の促進に関する法律、「林政ニュース」第655号参照)の施行を記念する講演会とシンポジウムが10月8日(金)午後2時から、有楽町朝日ホール(東 […]

自然配植技術や地域性苗木で広葉樹林を育てる大台町

自然配植技術や地域性苗木で広葉樹林を育てる大台町

日本一の清流・宮川を抱える三重県の大台町が独自の手法で「広葉樹の森づくり」を進めている。自然配植技術や地域性苗木を用いて多様性が高い広葉樹林を育てており、シカの食害は「パッチディフェンス」で防いでいる。→詳しくは、「林政 […]

13チームが参加し第3回SFA、「企業チャレンジ」新設

13チームが参加し第3回SFA、「企業チャレンジ」新設

3回目となる「SUSTAINABLE FOREST ACTION 2021」(略称「SFA」、「林政ニュース」第636・642号参照)のキックオフイベントが8月21日に行われた。前回を1.5倍上回る参加があり、林業従事者 […]

鹿児島大学がオンラインで「林業マイスター入門講座」

鹿児島大学がオンラインで「林業マイスター入門講座」

鹿児島大学は、10月から来年(2022年)1月末にかけて、オンラインで「林業マイスター入門講座」を開講する。林業に就業するための基礎的な知識やキャリアアップに必要な技能などが学べる。定員30名(定員に達し次第、締め切り) […]

日本林業調査会
(J-FIC)の本