森と木と人のつながりを考える

 

「林政ニュース」第728号

「林政ニュース」編集部(編集)

B5変型判  24ページ 並製
価格 1,320円 (本体価格 1,200円)
ISBN978-4-88965-728-9 C0061
在庫あり

書店発売日 2024年07月10日

このエントリーをはてなブックマークに追加
 読書メーター  本を引用

解説

『林政ニュース』第728号(2024年7月10日発行)ができました!

紹介

第728号は、農林水産事務次官に渡邊氏、青山・林野庁長官は留任/抽選制廃止など伐木チャンピオンシップの運営見直しを求める/アールシーコアの第2代社長に壽松木氏、経営再建を目指す/7・5林野庁人事異動解説 動いた人と動かなった人/全国初の「宮崎県再造林推進条例」を制定/日本初、全国を走る「木育トラック」が完成/NJ素流協の取扱量が50万m3台に戻る――などを掲載しています。

目次

【表紙】
(有)一場木工所(広島県三次市)がプロデュースする全国初の「木育トラック manaviba(マナビバ)」が完成し、6月29日に神奈川県藤沢市の「いすゞプラザ」でお披露目会と体験会が行われた。

【ニュース・フラッシュ】
◆農林水産事務次官に渡邊毅・官房長が昇格 青山・林野庁長官は留任、7月5日人事
◆オートバックスセブンが農林水産省と協定 自動車業界初、新築店舗の10%を木造に
◆抽選制廃止など伐木チャンピオンシップの運営見直しを求める
◆中崎・全森連会長を再任、「将来を見据えた議論を進める」
 ▽系統向けJ―クレジット創出・販売支援を強化、滑り出し好調
◆三菱地所住宅加工センターが「三菱地所ウッドビルド」に改名
◆カーワックスのリンレイが「木材機能化推進チーム」を新設
◆アールシーコアの第2代社長に壽松木氏、経営再建を目指す

【緑風対談】
7・5林野庁人事異動解説 動いた人と動かなった人
 ▽青山・小坂体制継続、定年延長も含め人事のタイミング探る
 ▽清水氏が林政部長に復帰、眞城氏の長女はなでしこの“宝”
 ▽林野に馴染みの事務官が揃う、「なごやっ子」の石井氏を登用

【遠藤日雄のルポ&対論】
100年企業の銘建工業が描く“次の戦略”・下
 ▽「木を使えば環境にいい」と言っているだけでは認められない
 ▽海外市場の開拓が不可欠、台湾とのパイプを他国にも広げる
 ▽CLTの輸出拡大へ欧州の規格を取得、スギの軽さを活かす
 ▽地域を活かす分散型生産システムの確立へ、インフラ整備を

【地方のトピックニュース】 
◆全国初の「宮崎県再造林推進条例」を制定 決起大会に約500人、「宣言」を採択
◆日本初、全国を走る「木育トラック」が完成 藤沢の「いすゞプラザ」でお披露目会開く
 ▽いすゞの木育教室も実施、植えて育てるから「伐る、使う」へ
◆NJ素流協の取扱量が50万m3台に戻る、「すべてを木に」
◆東通村で森・川・海をつなぐ植樹祭開催、電力関係者も参加催

【りんせいダイアリー300秒】
◆全国7か所で「林業労働災害撲滅研修」開催
◆7月16日に「CLT普及モデル」セミナー
◆7月26日森林総研「夏の一般公開2024」
◆「花粉の少ない森林への転換」事業者募集
◆かごしま林業大学校がオープンキャンパス
◆全国林業改良普及協会が編集担当職員募集

【人事・消息】
日本自然保護協会の理事長に土屋俊幸氏が就任

【データ・ファイル】
林野庁人事異動・主な発令者(7月5日付け、一部6月24日、7月1日付け)

【広告】
日本林業調査会(J-FIC)の書籍
『林政ニュース』デジタル版

著者プロフィール

「林政ニュース」編集部(リンセイニュースヘンシュウブ)

上記内容は本書刊行時のものです。

1,320円
(本体価格 1,200円)

在庫あり

この号はPDFデータの販売も可能です。
ご希望の方はご注文フォームで
選択してください。

オンライン書店で買う


最寄りの書店で買う



版元からのお勧め